読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「いしいしんじ」の作品一覧

5件中1-5件 (1/1ページ)
  • 悪声 1019円
    作家 いしいしんじ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/08/06

    「ええ声」を持つ「なにか」はいかにして「悪声」となったのか――。 ほとばしるイメージ、疾走する物語。著者入魂の長編小説。 「なにか」は、ある重みをもって、廃寺のコケの上にそっと置かれた――。 ...

  • プラネタリウムのふたご 660円
    作家 いしいしんじ
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    小さな村のプラネタリウムに捨てられたふたご。一人は手品師に、一人は星の語り部になった。彼らが生まれ持っていた役割とは?

  • みずうみ 616円
    作家 いしいしんじ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2016/07/01

    コポリ、コポリ......「みずうみ」の水は月に一度溢れ、そして語りだす、遠く離れた風景や出来事を。『麦ふみクーツェ』『プラネタリウムのふたご』『ポーの話』の三部作を超えて著者が辿り着いた傑作長篇。

  • プラネタリウムのふたご 660円
    作家 いしいしんじ
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    だまされる才覚がひとにないと、この世はかさっかさの世界になってしまう。――星の見えない村のプラネタリウムで拾われ、彗星にちなんで名付けられたふたご。ひとりは手品師に、ひとりは星の語り部になった。...

  • 四とそれ以上の国 586円
    作家 いしいしんじ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2012/11/09

    巡礼よ、巡礼よ、終わりなどあるのか。心の奥底に秘められた言葉、記憶、すべてを解き放つ、「それ以上」の物語

  • 1
セーフサーチの状態