読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「つくね乱蔵」の作品一覧

11件中1-11件 (1/1ページ)
  • 恐怖箱 厭獄 702円
    作家 つくね乱蔵
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/01/17

    内容紹介 「こいつで呪いを注入する...」 村の秘祭で使われた鬼の面と木刀。それに宿る怨嗟の因縁とは...? 陰鬱な闇から滴る怪と命の水音。暗黒ゆえに引き込まれる実話怪談! 町の観光名所を探...

  • 恐怖箱 万霊塔 702円
    作家 つくね乱蔵
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2018/02/14

    内容紹介 その「実(はなし)」は毒。 喰らう覚悟はあるか? 情念の指に、雑巾のごとく胸を絞られる快苦。 骨まで揺さぶる実話怪談! 生者と死者の情念が絡み合う生々しい怪奇事件、その恐怖の一部...

  • 恐怖箱 厭鬼【分冊版】『黒神輿』『忌み名』『落ち首』 108円
    作家 つくね乱蔵
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2017/08/18

    エグいほどに恐ろしい。 内臓の襞に粘りつく、おぞまし怪談! ひと言で言えば、おぞましい。厭な話ばかりが集められている。生者の闇が、死者の無念をひきずりだし、悪意に力を与えたとでも言おうか...人...

  • 恐怖箱 絶望怪談【分冊版】『さよおなら』『四つん這い』... 108円
    作家 つくね乱蔵
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2017/08/18

    逃げても逃げても追ってくる凶きモノ...凄絶な呪いと祟り。容赦なき袋小路怪談! 狙われたら最後、地獄の涯まで追いかけてくる呪いや祟り。それらは因果応報の場合もあれば、理由なき無差別テロの場合もあ...

  • 恐怖箱 怪客【分冊版】『千客万来』『日曜の夜、あれがくる』 108円
    作家 つくね乱蔵
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2017/08/18

    人死にがあったところに霊が出るのはわかりやすい話だが、「店」というのもまた怪とは密接な間柄にあるということをご存知だろうか。人と金が集うところ、怪あり...と言っても過言ではない。食欲、性欲、金...

  • 恐怖箱 酔怪【分冊版】『隠し味』『上がり込み』『お屠蘇』 108円
    作家 つくね乱蔵
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2017/08/18

    実話怪談と言えば居酒屋、BARなどで「何か怖い話ない?」という一言から引き出されることが多いのはもはや常識である。夜の酒場には霊が集まりやすいのか、そこで働く人々から目撃談を聞けることも多い。 ...

  • ぼくの手を借りたい。 700円
    作家 つくね乱蔵
    出版社 竹書房
    販売開始日 2017/06/16

    生霊から想い出まで、つかめます。 昆明館(こんめいかん)大学の名物サークル「心霊現象研究ゼミナール」、略して「心研ゼミ」に所属する大学生・岬健吾(みさきけんご)の右手にはある特殊能力があった。...

  • 恐怖箱 絶望怪談 702円
    作家 つくね乱蔵
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2016/12/28

    逃げても逃げても追ってくる凶きモノ...凄絶な呪いと祟り。容赦なき袋小路怪談! 狙われたら最後、地獄の涯まで追いかけてくる呪いや祟り。それらは因果応報の場合もあれば、理由なき無差別テロの場合もあ...

  • 恐怖箱 仏法僧 691円
    作家 つくね乱蔵 橘百花 雨宮淳司
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2016/08/26

    恐怖箱、夏の名物=トリニティシリーズ。3人の怪談ハンターが独自のルートで集めてきた恐怖体験を披露し、怖さを競い合う怪談バトル、最凶の実話アンソロジーである。今回は人間の心の暗部から実に厭な話を引...

  • 恐怖箱 油照 679円
    作家 つくね乱蔵 鈴堂雲雀
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2016/04/29

    実話怪談は作家の頭の中で創り出された恐怖ではない。怪事の生き証人たる体験者に取材し、彼らの記憶から引きずり出してきた本物である。ゆえに一人の作家が短期間に大量生産することは難しい。よほどの人脈と...

  • 恐怖箱 厭鬼 691円
    作家 つくね乱蔵
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2015/07/17

    エグいほどに恐ろしい。 内臓の襞に粘りつく、おぞまし怪談! ひと言で言えば、おぞましい。厭な話ばかりが集められている。生者の闇が、死者の無念をひきずりだし、悪意に力を与えたとでも言おうか...人...

  • 1
セーフサーチの状態