読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「三輪太郎」の作品一覧

8件中1-8件 (1/1ページ)
  • あなたの正しさと、ぼくのセツナさ 817円
    作家 三輪太郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/11/20

    ディーラーだった修一はカンボジアへと姿を消した。彼は何を求めて森に入ったのか? 私たちの正しさや生きる意味を問う挑戦的物語。

  • 大黒島 1540円
    作家 三輪太郎
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/18

    銀行を辞め、僧侶となった「ぼく」。かつての同僚の願いで、彼の昇進のために神仏に祈りを捧げるが、それが思わぬ事態をもたらす。

  • 死という鏡 この30年の日本文芸を読む 692円
    作家 三輪太郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    狂奔の80年代から現在までを網羅する、現代小説論。村上春樹、村上龍、宮部みゆき、川上未映子など59作品と『1Q84』論。

  • 憂国者たち 1595円
    作家 三輪太郎
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/15

    ボスニア内戦の戦犯・カラジッチと三島由紀夫。没後45年、新たな三島像と現代日本の闇を描く著者渾身の長篇小説!

  • 死という鏡 この30年の日本文芸を読む 692円
    作家 三輪太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/05/13

    狂奔の1980年代から30年の小説は、みなが眼を背けてきたはずの、「死」にまみれていた――。まったく新しい視点で現代文学を読み解く、感動的なブックガイド。村上春樹『1Q84』、よしもとばなな『ア...

  • 憂国者たち 1595円
    作家 三輪太郎
    出版社 講談社
    販売開始日 2015/11/20

    ボスニア・ヘルツェゴヴィナの内戦で、大量虐殺の罪に問われたラドヴァン・カラジッチ。彼は三島由紀夫の愛読者だった。この事実を知った女子大生・橘アカネは三島をテーマに卒論を書くため虐殺の地へと赴いた...

  • 大黒島 1540円
    作家 三輪太郎
    出版社 講談社
    販売開始日 2015/02/11

    銀行を辞め、湖に浮かぶ島にある小さな寺の執行(管理責任者)となった「ぼく」の元を、かつての同僚が訪ねてきた。「おまえの仲介で神仏の力を借りたい」と。「ぼく」は求めに応じ、護摩を焚き、30万円を受...

  • マリアの選挙 1485円
    作家 三輪太郎
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2012/10/01

    カネも看板も地盤もない無力な女性候補が、ヤグラ相手にどう闘えるか。地方選挙を通して「政」のありようを描く痛快政事小説。

  • 1
セーフサーチの状態