読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「中山七里」の作品一覧

30件中1-24件 (1/2ページ)
  • テロリストの家 1760円
    作家 中山七里
    出版社 双葉社
    販売開始日 2020/08/21

    公安部のエリート刑事・幣原は、イスラム国関連の極秘捜査から突然外された。間もなく、息子の秀樹がテロリストに志願したとして逮捕された。妻や娘からは息子を売ったと疑われ、組織や世間には身内から犯罪者...

  • セイレーンの懺悔 880円
    作家 中山七里
    出版社 小学館
    レーベル 小学館文庫
    販売開始日 2020/08/05

    マスコミは人の不幸を娯楽にする怪物なのか。

  • 逃亡刑事 730円
    作家 中山七里
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文芸文庫
    販売開始日 2020/07/03

    警官殺しの濡れ衣を着せられた、千葉県警捜査一課警部・高頭冴子。事件の目撃者の少年を連れて逃げる羽目になった彼女の運命は?

  • 合唱 岬洋介の帰還 1485円
    作家 中山七里
    出版社 宝島社
    販売開始日 2020/04/17

    12ヵ月連続刊行4冊目は、累計127万部突破の大人気「音楽ミステリー」シリーズ最新刊です! 天才ピアニスト・岬洋介が旧友の危機を救うため、地球の裏側から急遽駆けつける。そして悪徳弁護士や熱血刑事...

  • もういちどベートーヴェン 644円
    作家 中山七里
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/04/07

    累計127万部突破の大人気シリーズ! 岬洋介が挫折し、別の道へ進もうとしているときの物語です。2006年。法曹界入りした天生高春は、ピアノ経験者のようだがなぜかクラシック音楽を避ける岬洋介ととも...

  • いつまでもショパン 634円
    作家 中山七里
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/02/10

    難聴を患いながらも、世界的なピアノコンクール「ショパン・コンクール」に出場するため、ポーランドに向かったピアニスト・岬洋介。しかし、ショパン・コンクールの会場で殺人事件が発生。遺体は手の指10本...

  • ネメシスの使者 770円
    作家 中山七里
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/02/05

    死刑判決を免れた殺人犯の家族が次々と殺されていく――。 驚愕の結末待ち受ける社会派ミステリ! 死刑判決を免れた殺人犯たちの家族が犠牲となる連続殺人事件が発生。 殺害現場に残されていたのは、ギリ...

  • さよならドビュッシー 前奏曲 594円
    作家 中山七里
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/01/10

    車椅子の玄太郎おじいちゃん&介護者・みち子さんコンビが大暴れ!玄太郎は下半身が不自由で「要介護」認定を受けている老人だが、頭の回転が早く、口が達者な不動産会社の社長。ある日、彼の分譲した土地で建...

  • どこかでベートーヴェン 644円
    作家 中山七里
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/01/10

    加茂北高校音楽科に転入した岬洋介は、その卓越したピアノ演奏でたちまちクラスの面々を魅了する。しかしその才能は羨望と妬みをも集め、クラスメイトの岩倉にいじめられていた岬は、岩倉が他殺体で見つかった...

  • おやすみラフマニノフ 557円
    作家 中山七里
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/01/10

    秋の演奏会を控え、第一ヴァイオリンの主席奏者である音大生の晶は初音とともに、プロへの切符をつかむために練習に励む。しかし完全密室で保管される、時価2億円のチェロ、ストラディバリウスが盗まれた。彼...

  • さよならドビュッシー 557円
    作家 中山七里
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/01/10

    祖父と従姉妹とともに火事に遭い、全身大火傷の大怪我を負いながらも、ピアニストになることを誓う遥。コンクール優勝を目指して猛レッスンに励むが、不吉な出来事が次々と起こり、ついに殺人事件まで発生する...

  • 連続殺人鬼カエル男 (1~2巻) 594円743円
    作家 中山七里
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/01/10

    マンションの13階からフックでぶら下げられた女性の全裸死体。傍らには子供が書いたような稚拙な犯行声明文。これが近隣住民を恐怖と混乱の渦に陥れる殺人鬼「カエル男」による最初の凶行だった。警察の捜査...

  • 騒がしい楽園 1320円
    作家 中山七里
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2020/01/07

    埼玉県の片田舎から都内の幼稚園へ赴任してきた神尾舞子。騒音や待機児童、親同士の対立などさまざまな問題を抱える中、幼稚園の生き物が何者かに惨殺される事件が立て続けに起きる。やがて事態は最悪の方向へ‐‐。

  • 翼がなくても 759円
    作家 中山七里
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/12/13

    陸上200m走でオリンピックを狙う沙良を悲劇が襲った。交通事故に巻きこまれ、左足を切断、しかも加害者は幼馴染みの泰輔だった。アスリート生命を絶たれた沙良は恨みを募らせる。そんな泰輔が殺害され、高...

  • 人面瘡探偵 1584円
    作家 中山七里
    出版社 小学館
    販売開始日 2019/11/15

    人面瘡×相続鑑定士コンビが怪事件に挑む!

  • 悪徳の輪舞曲 814円
    作家 中山七里
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/11/14

    連続ドラマ「悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲」原作。母の殺人容疑、依頼人は妹。「御子柴弁護士」シリーズの最高傑作!

  • 贖罪の奏鳴曲 748円
    作家 中山七里
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    弁護士・御子柴礼司は、記者の死体を遺棄した。弁護士の彼には死亡推定時刻には法廷にいたという、鉄壁のアリバイがあった。

  • 追憶の夜想曲 803円
    作家 中山七里
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    少年犯罪の過去を持つ、「悪辣弁護士」御子柴礼司が甦った! 岬検事との法廷対決の行方は?

  • 恩讐の鎮魂曲 803円
    作家 中山七里
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    恩師と向き合う悪徳弁護士・御子柴礼司、贖罪の意味を改めて問う感涙のリーガル・サスペンス。『贖罪の奏鳴曲』シリーズ最高傑作!

  • ふたたび嗤う淑女 1584円
    作家 中山七里
    出版社 実業之日本社
    販売開始日 2019/01/25

    あの悪女が還って来た――!? ノンストップミステリー『嗤う淑女』を超える衝撃作。待望の続編、ついに降臨!

  • 静おばあちゃんと要介護探偵 1223円
    作家 中山七里
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/11/28

    介護、投資詐欺、外国人労働者問題......。 「情念よりも論理」の元判事と、「走り出したら止まらない」創業社長の 名(迷?)コンビが難事件をズバッと解決! 「静おばあちゃん」こと高遠寺静は、...

  • 闘う君の唄を 682円
    作家 中山七里
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/10/05

    新任幼稚園教諭の喜多嶋凜は、あらゆることに口出しをしてくるモンスターペアレンツと対立しながらも、自らの理想を貫き、少しずつ周囲からも認められていくのだが......。どんでん返しの帝王が贈る驚愕...

  • 護られなかった者たちへ 1540円
    作家 中山七里
    出版社 NHK出版
    販売開始日 2018/02/16

    仙台市の保健福祉事務所課長・三雲忠勝が、手足や口の自由を奪われた状態の餓死死体で発見された。三雲は公私ともに人格者として知られ怨恨が理由とは考えにくい。 一方、物盗りによる犯行の可能性も低く、捜...

  • 嗤う淑女 688円
    作家 中山七里
    出版社 実業之日本社
    レーベル 実業之日本社文庫
    販売開始日 2018/01/12

    稀代の悪女・蒲生美智留。出会う人間すべてを狂わせる一人の悪魔の華麗なる一代記――。人気著者がおくる、傑作ミステリー!

セーフサーチの状態