読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「中島京子」の作品一覧

13件中1-13件 (1/1ページ)
  • 夢見る帝国図書館 1599円
    作家 中島京子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/05/15

    私が年の離れた友人から依頼されたのは「図書館が主人公の小説」だった。 本に学び、本を守り、本を愛した人々の物語。 文章修業をしている「わたし」は上野図書館に並々ならぬ愛着を抱く喜和子さんに出会...

  • 彼女に関する十二章 713円
    作家 中島京子
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/04/26

    五十歳になっても、人生はいちいち驚くことばっかり―― 息子は巣立ち、夫と二人暮らし。 パート勤務の宇藤聖子がふと手にとったのは六十年前の「女性論」。 一見時代遅れの随筆と聖子の日常は不思議と響き...

  • 作家と楽しむ古典 土左日記 堤中納言物語 枕草子 方丈... 1210円
    作家 堀江敏幸 中島京子 酒井順子 高橋源一郎 内田樹
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2018/06/15

    代表的な古典作品である土左日記から徒然草まで、人気作家たちはどう捉え、どう訳したのか。作家ならではの古典作品への誘いとそれぞれの文学論が楽しい、大好評の古典講義。

  • 長いお別れ 711円
    作家 中島京子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/03/09

    認知症を患い、正常な記憶が失われていく父。日々発生する不測の事態のなかでも、ときには笑いが、ときにはあたたかな感動が訪れる。 「十年か。長いね。長いお別れ(ロング・グッドバイ)だね」 「なに?...

  • ゴースト 1188円
    作家 中島京子
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2017/09/15

    目をこらすと今も見える、あなたの隣の幽霊......鬱蒼とした原宿の館に出没する女の子、戦時中活躍したミシン、ぼけたおじいちゃんの繰り返す謎の言葉、廃墟と化した台湾人留学生寮。温かいユーモアに包...

  • 妻が椎茸だったころ 594円
    作家 中島京子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/01/13

    亡き妻の残したレシピをもとに、椎茸と格闘する泰平は、料理教室に通うことにした。不在という存在をユーラモスに綴る表題作のほか、叔母の家に突如あらわれ、家族のように振る舞う男が語る「ハクビシンを飼う...

  • のろのろ歩け 640円
    作家 中島京子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2015/03/20

    笑って泣いて怒って再び笑う――旅は恋とよく似ている 母を亡くした美雨は「台湾の三人のおじさん」を探しに台北に。彼らは母のかつての恋人か、それとも...三都の旅をめぐる女たちの物語。

  • FUTON 594円
    作家 中島京子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    日系の学生エミを追いかけて、東京で行われた学会に出席した花袋研究家のデイブ・マッコーリー。エミの祖父の店「ラブウェイ・鶉町店」で待ち伏せするうちに、曾祖父のウメキチを介護する画家のイズミと知り合...

  • イトウの恋 594円
    作家 中島京子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    維新後間もない日本の奥地を旅する英国女性を通訳として導いた青年イトウは、諍いを繰り返しながらも親子ほど年上の彼女に惹かれていく――。イトウの手記を発見し、文学的背景もかけ離れた二人の恋の行末を見...

  • 均ちゃんの失踪 486円
    作家 中島京子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    ふらりと旅に出たまま帰らない内田均の家に泥棒が入り、この家に出入りしていた元妻の高校美術教師と重役秘書と雑誌編集者という年代の違う女たちが警察で鉢合わせ。均ちゃんへのそれぞれの思いを胸に、ひょん...

  • エルニーニョ 756円
    作家 中島京子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    暴力男の留守を狙い、一週間ぶりに外出した瑛。公園で出会った謎の中年女は、『森のくまさん』を歌って言った。この歌にはあなたへのメッセージが隠れてる。「お嬢さん、今すぐそこから逃げなさい」。瑛は南へ...

  • 花桃実桃 626円
    作家 中島京子
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2014/07/25

    43歳シングル女子、まさかの転機に直面す――『小さいおうち』中島京子のほのぼの笑える長編小説。

  • 小さいおうち 586円
    作家 中島京子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2013/03/01

    女中タキの胸に去来する昭和の家庭風景と奥様の面影、切ない秘密。そして物語は意外な形で現代に繋がる...直木賞受賞作

  • 1
セーフサーチの状態