読み込み中... loading....
とってもお得なNeowingコイン! 電子書籍サービスの特徴はコチラ

「吉川良」の作品一覧

9件中1-9件 (1/1ページ)
  • 自分の戦場 486円
    作家 吉川良
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2016/07/08

    「不幸になってたまるか」癌の母親の面倒を見ている、二人の兄は頼りにならない、そして好きな女がいる... 勝った負けたと騒ぐじゃない。勝ち負けなど贅沢だ。俺は働きづめ、毎日が引き分けだ...。...

  • 神田村 756円
    作家 吉川良
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2016/07/08

    近代化の波から取り残された問屋街......忍び寄る家業の危機、崩れゆく同族意識 東京神田の雑貨問屋。もともと個人経営の小さな商店だったのが、今では株式会社で、土屋正志はそこの専務である。し...

  • その涙ながらの日 486円
    作家 吉川良
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2016/07/08

    世の中、まじめに生きるべきだ......それ以外、どうしようもない 俺はトラックの運転手、学問はなくてもちゃんと喰っている。恋人もいる。兄と弟は国立大学に入って頭はいいが貧相だ。前科者と一緒...

  • 血と知と地 (1~2巻) 486円
    作家 吉川良
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2016/06/03

    競馬界の盟主となった吉田善哉という人間を浮き彫りにしていく 1921年吉田善助の三男坊として生まれた善哉少年。子供のころから馬のお腹から生まれたといわれたほどの馬好き。父からまかされた千葉の...

  • 人生をくれた名馬たち (1~2巻) 486円
    作家 吉川良
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2016/05/13

    競馬場で、売り場で、牧場で、酒場で、馬と人との人生が織り成されてゆく ダイナガリバー、ホクトベガ、レッツゴーターキン、タマモクロス、オグリキャップなどなど、一世を風靡した心に残る名馬たち。名...

  • サラブレッドへの手紙 (1~2巻) 486円
    作家 吉川良
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2016/05/13

    競馬ファンの一人として、牧場のおやじさんや、そこで働いている人たちに手紙を書く なぜ人間はレース見物が好きなのだろうと考える。それはむろん私には、なぜ自分が競馬を好きなのだろうという問いにつ...

  • 競馬人情 486円
    作家 吉川良
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2016/05/13

    喜びも、哀しみも馬とともに......もし馬に口がきけたなら、何を語りかけてくれるのだろう ダービーへの初出場が決まった騎手が挑んだレースの結末「チャンス」、かつて北海道の牧場で育てた馬がオ...

  • 競馬夢景色 486円
    作家 吉川良
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2016/05/13

    当たっても馬券、はずれても馬券じゃないか 競馬をどうしようもないことなんて書いたら、怒りだすひとがいるだろうが、かんがえてもごらんな、どうしようもないから美しくて、そうだからこそ三兆円も馬券...

  • 競馬情話 中年ジャンプ 486円
    作家 吉川良
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2016/05/13

    馬券はロマン、競馬は祭り、競走馬と男たちの光景 ダービーを取るというのはたいへんなことなんだ。それを競馬ファンは知っているから、馬券のことを忘れて祝福の叫び声をあげる。自分の心がふるえるもの...

  • 1
セーフサーチの状態