読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「吉村昭」の作品一覧

12件中1-12件 (1/1ページ)
  • 新装版 白い航跡 (1~2巻) 550円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    戊辰戦争で見聞した西洋医学に驚いた薩摩藩軍医の高木兼寛は、やがて海軍に入りイギリスに留学、近代医学を学ぶ。その男の生涯を描く

  • 暁の旅人 550円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    日本人として初めて西洋医学を学んだ近代医学の開祖・松本良順を描く歴史長編。

  • 新装版 落日の宴 勘定奉行川路聖謨 (1~2巻) 671円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/16

    幕末期、軽輩の身ながら明晰さと人柄で勘定奉行まで登り詰め、開国を迫るロシア使節プチャーチンと堂々と渡り合った川路聖謨の生涯。

  • 新装版 赤い人 660円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    明治十四年、赤い囚衣の男達が石狩川上流に押送された。鎖に繋がれ苛酷な労働を課せられた囚徒と看守達の敵意に満ちた命がけの物語。

  • 総員起シ 652円
    作家 吉村昭
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/07/27

    太平洋戦争時、日本領土内で起こった劇的な出来事を発掘! 当事者に綿密な取材を行って書き上げられた衝撃の戦史小説 北海道の海辺の寒村に次々と流れ着く死体の群れ。沖合で潜水艦に撃沈された輸送船では...

  • 深海の使者 724円
    作家 吉村昭
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/07/27

    インド洋を横切り、アフリカ大陸を回りこんで大西洋を北上する3万キロの隠密行! 第二次大戦中、五回に渡って行われた遣独潜水艦作戦の全貌を描いた著者最後の戦史小説 太平洋戦争勃発後、連合国側に陸路...

  • 帰艦セズ 570円
    作家 吉村昭
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/07/27

    小樽に上陸した巡洋艦の機関兵は、なぜ戻ってこなかったのか? 年月の間で忘れ去られた戦争の傷跡が、綿密な取材でここに甦る。 昭和19年、キスカ撤収作戦で活躍した巡洋艦・阿武隈の機関兵・成瀬時夫は...

  • 殉国 561円
    作家 吉村昭
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/07/27

    14歳の少年兵が体験した沖縄戦の真実! 徹底的なリアリズムで戦争の実相を照らし出す、吉村戦記文学の銘品 太平洋戦争末期、昭和20年3月の沖縄。 旧制中学3年、14歳の比嘉真一は、米軍の沖縄上陸...

  • 夜明けの雷鳴 医師 高松凌雲 774円
    作家 吉村昭
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2016/08/19

    医療は平等なり。近代医療の父の高潔な生涯 パリで神聖なる医学の精神を学んだ医師・高松凌雲は、帰国後、旧幕臣として箱館戦争に参加する。近代医療の父を描いた幕末歴史長篇。

  • 新装版 北天の星(上) 838円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/10/16

    鎖国令下、ロシア艦が蝦夷地に来襲。五郎治と左兵衛は、オホーツクへ連れ去られた。極寒の地で待ち受けていたのは、貧困と差別、そして言葉と文化の大きな壁であった。日本へ帰るため逃亡をくわだてるが、いま...

  • 新装版 落日の宴 勘定奉行川路聖謨(下) 671円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/04/10

    クリミア戦争で英仏と戦う祖国を離れて折衝に臨むプチャーチンの艦船が地震、津波で被害を受けて沈没し、乗組員五百人が上陸する事態に。厳しい折衝を終え、幕府の配慮で完成した「戸田号」で帰国の途につくプ...

  • 新装版 落日の宴 勘定奉行川路聖謨(上) 671円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/04/10

    江戸幕府に交易と北辺の国境画定を迫るロシア使節のプチャーチンに一歩も譲らず、国境画定にあたっても誠実な粘り強さで主張を貫いて欧米列強の植民地支配から日本を守り抜いた川路聖謨。軽輩の身ながら勘定奉...

  • 1
セーフサーチの状態