読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「吉村昭」の作品一覧

25件中1-24件 (1/2ページ)
  • 月夜の記憶 1320円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/12/20

    死を賭して受けた胸部手術、病室から見た月、隣室の線香の匂い、人間の業......。終戦からほどない夏の一夜。作家の原点示す随筆集。

  • 孤独な噴水 660円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/20

    新人王をめざす若きプロ・ボクサーの孤独な戦い! ボクシング界の内幕をえぐり、若者の愛と孤独を鮮烈に描く長編小説。

  • 密会 660円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/06

    男と女の生々しい情念が...。大学教授夫人が夫の教え子との密会中、思いもかけぬ殺人事件に遭遇した...。「男と女」を描く名短編9編。

  • メロンと鳩 660円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/11/29

    「生と死」をドラマチックに描く短編小説集。処刑を目前にした死刑囚と面接委員との心の交流を鮮やかに描いた表題作など、10名編。

  • 暁の旅人 550円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    日本人として初めて西洋医学を学んだ近代医学の開祖・松本良順を描く歴史長編。

  • 私の好きな悪い癖 440円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    取材で訪れた土地での出会いや思いを諧謔を混ぜながら描写する穏やかな随筆集。

  • 新装版 白い航跡 (1~2巻) 550円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    戊辰戦争で見聞した西洋医学に驚いた薩摩藩軍医の高木兼寛は、やがて海軍に入りイギリスに留学、近代医学を学ぶ。その男の生涯を描く

  • 月下美人 550円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/16

    軍用機を爆破した元脱走兵を取材する「私」と、家族にも過去を語らず苦悩の歳月を過してきた男との関わりを描く表題作他8篇を収録。

  • 新装版 落日の宴 勘定奉行川路聖謨 (1~2巻) 671円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/16

    幕末期、軽輩の身ながら明晰さと人柄で勘定奉行まで登り詰め、開国を迫るロシア使節プチャーチンと堂々と渡り合った川路聖謨の生涯。

  • 白い遠景 803円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/16

    丁寧な取材で史実を調べ上げ「歴史其儘」というべき作風で定評のある著者の「取材ノート」を中心にした初期エッセイ集。初の文庫化!

  • 新装版 北天の星 (1~2巻) 827円838円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    江戸末期、オロシャ船により酷寒のオホーツクへ連れ去られた日本人。日本へ帰るため、容赦ない寒気と苦難の旅路が始まった。

  • 新装版 日本医家伝 605円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    人体解剖を初めておこなった山脇東洋、「解体新書」翻訳の前野良沢、種痘法をもたらした中川五郎治ら12人の生涯を描きあげた労作

  • 新装版 海も暮れきる 639円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    「いれものがない 両手でうける」漂泊の俳人・尾崎放哉(おざきほうさい)が小豆島で過ごした最晩年の八ヵ月。

  • 新装版 赤い人 660円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    明治十四年、赤い囚衣の男達が石狩川上流に押送された。鎖に繋がれ苛酷な労働を課せられた囚徒と看守達の敵意に満ちた命がけの物語。

  • 新装版 間宮林蔵 838円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    世界地理上の謎だった樺太を探検し島であることを確認し、間宮海峡を発見した間宮林蔵。その苦難の探検行をリアルに描く。

  • 吉村昭の平家物語 880円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    壮大な物語の大きな骨組みをしっかり捉えたみごとな訳で、傑作の真髄をわかりやすく再現。

  • 新装版 間宮林蔵 838円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/10/01

    19世紀初頭、世界地図の中で樺太は唯一謎の地域だった。樺太は島なのか、大陸の一部なのか。樺太調査に挑んだ間宮林蔵は、苛酷な探検行の末、樺太が島であることを確認する。その後、シーボルト事件に絡んで...

  • 新装版 北天の星(上) 838円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/10/16

    鎖国令下、ロシア艦が蝦夷地に来襲。五郎治と左兵衛は、オホーツクへ連れ去られた。極寒の地で待ち受けていたのは、貧困と差別、そして言葉と文化の大きな壁であった。日本へ帰るため逃亡をくわだてるが、いま...

  • 新装版 日本医家伝 605円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/09/11

    シーボルトと遊女・其扇(そのおうぎ)の間に生まれ、女でありながら医学の道を志した楠本いね、「解体新書」翻訳の偉業を成し遂げた前野良沢、ロシヤ抑留中に種痘法を習得した中川五郎治など、後に著者によっ...

  • 新装版 落日の宴 勘定奉行川路聖謨(上) 671円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/04/10

    江戸幕府に交易と北辺の国境画定を迫るロシア使節のプチャーチンに一歩も譲らず、国境画定にあたっても誠実な粘り強さで主張を貫いて欧米列強の植民地支配から日本を守り抜いた川路聖謨。軽輩の身ながら勘定奉...

  • 新装版 落日の宴 勘定奉行川路聖謨(下) 671円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/04/10

    クリミア戦争で英仏と戦う祖国を離れて折衝に臨むプチャーチンの艦船が地震、津波で被害を受けて沈没し、乗組員五百人が上陸する事態に。厳しい折衝を終え、幕府の配慮で完成した「戸田号」で帰国の途につくプ...

  • 白い遠景 803円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/04/10

    終戦を境にして戦時中から著しく変化した人間の不可解さを見きわめることを出発点とした吉村文学。現地に足を運び、戦争の生存者の声に耳を傾けた記録。また、大切な古本を庭に埋めて空襲から守った思い出や、...

  • 私の好きな悪い癖 440円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    歴史小説第一人者の端然たる名随筆集。小説家の静かなる日常。幼い頃の下町・日暮里での暮らしから病気の事、締め切りよりも早すぎて編集者が戸惑う原稿の話。卯年生まれは口がうまいと言われ憤慨するかと思え...

  • 新装版 白い航跡(上) 550円
    作家 吉村昭
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    薩摩藩の軍医として戊辰戦役に従軍した高木兼寛は、西洋医術を学んだ医師たちが傷病兵たちの肉を切り開き弾丸を取り出す姿を見聞し、自らの無力さを痛感すると同時に、まばゆい別世界にあこがれる。やがて海軍...

セーフサーチの状態