読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「大江健三郎」の作品一覧

55件中49-55件 (3/3ページ)
  • 新しい人よ眼ざめよ 1265円
    作家 大江健三郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2015/02/11

    神秘主義詩人ウィリアム・ブレイクの預言詩(プロフェシー)に導かれ、障害を持って生まれた長男イーヨーとの共生の中で、真の幸福、家族の絆について深く思いを巡らす。無垢という魂の原質が問われ、やがて主...

  • 宙返り(上) 859円
    作家 大江健三郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    「後期大江文学の臨界点」――いとうせいこう急進派による無差別テロ計画を知り、実行を阻止するためにテレビで「すべては冗談でした」と棄教を宣言した新興教団の指導者・師匠(パトロン)と案内人(ガイド)...

  • 宙返り(下) 859円
    作家 大江健三郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    心傷ついた女、障害を持つ男、信心篤(あつ)い無垢な者......師匠(パトロン)達は四国の森に根拠地を作る。だが棄教で一度芽生えた不信感は拭い去れず、グループ間の対立も燻(くすぶ)り続ける。やが...

  • 河馬に噛まれる 681円
    作家 大江健三郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    ウガンダで河馬に噛まれたことから、「河馬の勇士」と呼ばれる元革命党派の若者。彼と作家である「僕」との交流をたどることで、暴力にみちた時代を描く。若者に希望はあるのか。浅間山荘銃撃戦とリンチ殺人と...

  • M/Tと森のフシギの物語 838円
    作家 大江健三郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    祖母から聞いた、四国の森の奥深くに伝わる「壊す人」と「オシコメ」の創造の物語を、MとTという記号を用いて書き記す。時の権力から独立した、1つのユートピアがつくり出される奇想天外の物語は、いつしか...

  • 憂い顔の童子 901円
    作家 大江健三郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    作家・長江古義人(ちょうこうこぎと)は、息子のアカリとともに四国の森に帰った。長江の文学を研究するアメリカ人女性ローズが同行する。老いた古義人の滑稽かつ悲惨な冒険は、ローズが愛読する『ドン・キホ...

  • キルプの軍団 806円
    作家 大江健三郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    高校生の僕は、ディケンズの『骨董屋』を読み、作中のキルプにひかれる。そして、刑事の忠叔父さんと一緒に原文で読み進めるうちに、事件に巻き込まれてしまう。「罪のゆるし」「苦しい患いからの恢復(かいふ...

セーフサーチの状態