読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「斎藤純」の作品一覧

11件中1-11件 (1/1ページ)
  • 雨の日の来訪者 486円
    作家 斎藤純
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2018/09/28

    オートバイを愛するかつての流行作家は、表に出すことがタブーとされる戦争絵画を追い求めていた

  • モナリザの微笑 486円
    作家 斎藤純
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2018/05/18

    サザビーズにも比すべき日本初のオークションハウスのオープンを前に、謎の名画が一枚、また一枚...

  • ラジオの夜 486円
    作家 斎藤純
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2018/05/18

    ロックスターの死により結び付けられた者たちが、最大の音楽プロジェクトに集う

  • 二人の夏 486円
    作家 斎藤純
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2018/02/02

    オートバイ、テニス、そして恋に満ちた青春のきらめきをさわやかな文体で描く

  • 海へ、そして土曜日【完全版】 486円
    作家 斎藤純
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2017/11/17

    70年代に制作された16ミリ映画が引き起こした失踪事件! 美しい映像の中に隠されたものとは?

  • 葬列の朝(あした) 486円
    作家 斎藤純
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2017/11/17

    テニス界を追放されたスタープレイヤーは新たな人生を見つけられるのか

  • テニス、そして殺人者のタンゴ 486円
    作家 斎藤純
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2016/10/07

    幻のピアニストが唯一残した演奏テープ、それを巡って起こる殺人事件 幻のピアニスト伊豆田敏郎の演奏テープが発見された。アメリカのレコード会社がそのテープを発売するという話が持ち上がったとき、テ...

  • オートバイの旅は、いつもすこし寂しい。 486円
    作家 斎藤純
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2015/03/20

    オートバイ乗りは、程度の差こそあれ、心のどこかに埋めようのない穴ボコを抱えている 私はなぜオートバイを降りないのだろうか(あるいは、降りられないのだろうか)。 旅先を「通りすぎる」ツーリン...

  • 音楽を旅する 486円
    作家 斎藤純
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2014/10/24

    恋をするように音楽を楽しむ......自由な感性あふれるライフスタイル・エッセイ 音楽は人生をより豊かなものにする。音楽に愛されるには、まず音楽を愛すること。男女の恋愛と同じである...。「...

  • 風と旅とオートバイ 486円
    作家 斎藤純
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2014/06/13

    自由を求めて走るだけが旅じゃない、自分を求めて走る心の旅もあるのだ 「オートバイ乗りは見慣れた風景のなかを走っているのに、どこか違う世界に迷いこんでしまったような感覚で、今日も自ら風を起こして...

  • 暁のキックスタート 486円
    作家 斎藤純
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2014/05/16

    バイクを愛するすべての人へ贈る、珠玉の短篇集 「オートバイ乗りの心には、埋めようのない深い穴ポコが空いている。オートバイ乗りは、表向きはタフな振りをしつつ、その穴ポコを埋めようとあがいている。...

  • 1
セーフサーチの状態