読み込み中... loading....
とってもお得なNeowingコイン! 電子書籍サービスの特徴はコチラ

「日下圭介」の作品一覧

14件中1-14件 (1/1ページ)
  • 瓶詰めの過去 486円
    作家 日下圭介
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2017/06/02

    三十年前に幼い二人の心をとらえた緑色の小瓶、その秘密が明らかにされたとき... わたしはこっそりと、例の小部屋に忍び込んだ。緑色の小瓶をポケットに仕舞うと、抜き足差し足で研究所を出、あとは一...

  • 隣人の殺意 486円
    作家 日下圭介
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2017/06/02

    二人は幸福そうに見える......だが、夫婦のことなんて人には分からない 不動産業者・室津恒明が殺害された。容疑者・居郷幹夫が犯行時刻に喫茶店で人妻・山脇康子と会った、と証言したことから、康...

  • 罪の女の涙は青 486円
    作家 日下圭介
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2017/06/02

    奥飛騨山荘の怪火が呼び寄せた殺人事件と哀しき運命の女たち 昭和五十二年夏、奥飛騨の山荘が全焼し、三人の娘が死傷した。それから六年後、南紀白浜の三段壁から男が墜死、房総の別荘で女性翻訳家が絞殺...

  • 偶然かしら 486円
    作家 日下圭介
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2017/03/10

    日常の現実は偶然に作用されることが多い......それは殺人計画も同じである もしも、あの時、釣りに行くのを中止しなかったら、もしも、あの時、顔見知りに会わなかったら...。偶然が重なって、...

  • 鶯を呼ぶ少年 486円
    作家 日下圭介
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2017/03/10

    ウグイスの声が導いたものは、森の中に隠された男の死体 「正夫に死体の話をしたのは、あくまで、でまかせでした。正夫が、あの山に登るのが恐ろしかった。山には忌わしい記憶があるのです。私と、正夫の母...

  • ころす・の・よ 486円
    作家 日下圭介
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2017/02/10

    恋人に捨てられ、傷ついた心の隙間に忍び込む殺意 恋人に捨てられ、傷ついた心に芽ばえる殺意。もう戻って来ない楽しかった日々と訣別するため、女は完全犯罪を計画する...。微妙に揺れ動く女心の翳り...

  • 優しく埋めて 486円
    作家 日下圭介
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2017/02/10

    それは一本の電話から始まった......失われた記憶をたどって過去が亡霊のように甦る 警察を退職して警備会社に勤める渡会栄治は、ある朝見知らぬ女からの電話で起こされた。その女、大友康子の夫が...

  • 名前のない死体 486円
    作家 日下圭介
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2017/02/10

    元警視庁の刑事が殺された事件と、昭和三年に満州で起きた暗殺事件の関係は......驚くべき昭和史の内幕が明かされていく 十年前、何者かに刺殺された父の墓参りに訪れた寺坂健吾。彼は、墓地で増渕...

  • 悪夢は三度見る 486円
    作家 日下圭介
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2017/02/10

    「絹代さんを殺したのは、わたしの兄です」突然訪問してきた雪子と名乗る若い娘はそう語った 二年前、何者かに毒殺された水島絹代。彼女の家を、犯人の妹だと名乗る娘が訪れた。犯人は自殺し、殺人を告白...

  • 蝶たちは今... 486円
    作家 日下圭介
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2016/12/09

    第21回江戸川乱歩賞受賞作品 旅先で間違えた他人のバッグから出てきた一通の手紙。それは女から男にあてたものだった。バッグを返すべく、手紙の差出人を訪ねてみると、意外にもその女性は三年前に死ん...

  • 神がみの戦場 486円
    作家 日下圭介
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2016/12/09

    緊迫する国際情勢の陰で次々と起こる不気味な殺人事件......交錯する謎を結ぶ糸は何か? 時は第二次大戦開戦前夜。陸軍中野学校出身の若き士官・鳴海哲也少尉は、登戸研究所に配属になった。なんと...

  • 血の色の花々の伝説 756円
    作家 日下圭介
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2016/12/09

    殺人トリックが次の殺人トリックを招く......そして恐るべき負の連鎖の果てには? 情事のもつれの果てに生じたガス爆発が多くの人の死を招いた。その事故は偶然か故意か? そして十数年、生き残っ...

  • 黄金機関車を狙え 756円
    作家 日下圭介
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2016/12/09

    思わぬ機密の漏洩、前夜の誘拐事件、C53の動輪を止めるのは果たして何者か 昭和五年正月。経済恐慌のさなか、目前に迫る金解禁に向けて、大阪造幣局から東京日銀へ、二十円金貨十万枚、五円金貨四十万...

  • 花の復讐 486円
    作家 日下圭介
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2016/12/09

    その殺人トリックを暴いたのは現場に残されていた花だった! 花や鳥や虫......これらには人間の常識では推し量れない鋭敏な感覚と不思議な習性がある。そして人間がこれら自然界の生き物をまったく...

  • 1
セーフサーチの状態