読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「村松友視」の作品一覧

13件中1-13件 (1/1ページ)
  • 猪木流 「過激なプロレス」の生命力 1760円
    作家 アントニオ猪木 村松友視
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2018/11/30

    プロレスを表現にまで高めたアントニオ猪木と、猪木を論じることで作家になった村松友視が、猪木流人生の全軌跡を振り返り、いまだに鮮烈な生命力を放つ過激な名勝負の数々を語り尽くす!

  • 老人のライセンス 858円
    作家 村松友視
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2018/08/31

    「老人のライセンス?そんなもんあるんですか」「あるんですよ」。類まれなる観察眼で、味わい深い老人を見つめてきた著者が、老成を極めた達人たちを描き、満開の人間力にせまるエッセイ。

  • アリと猪木のものがたり 1540円
    作家 村松友視
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2018/02/16

    世紀の一戦、モハメド・アリ×アントニオ猪木戦に隠された驚くべき真実をあらためて見つめ直し、アリと猪木それぞれが辿った波瀾万丈の人生、その稀有なる人間力を描く渾身の書き下ろし!

  • 大人の極意 836円
    作家 村松友視
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2016/07/29

    アンチエイジング?なめたらいかんぜよ!「若造り」にいそしむ高齢者が氾濫するご時世に、人間の醍醐味にあふれた極彩色の「大人」の魅力を贅沢に描き出す。年齢を重ねることはかっこいい!

  • 私、丼ものの味方です 704円
    作家 村松友視
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2016/07/08

    天丼、牛丼、親子丼、ウナ丼......。庶民の味方「丼もの」的世界へようこそ!行儀や窮屈とは程遠い自由な食の領域から、極上の気分が味わえる。ユーモラスな蘊蓄で綴るとっておきの食べ物エッセイ六十八篇!

  • 野良猫ケンさん 726円
    作家 村松友視
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2016/07/08

    ケンカ三昧の極道野良に、作家はこよなく魅入られていった。愛猫アブサンの死から15年。作家の庭には、外猫たちが訪れるようになった。猫たちとの交流を通し、生と老いを見据える感動のエッセイ!

  • 老人の極意 836円
    作家 村松友視
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2015/12/25

    「アホや、みんなアホや...」。老人が放つ言葉、しぐさ、姿に宿る強烈な個性とユーモアから、生きる流儀が見えてくる!これぞ「老い」の凄ワザ!人間の滋味、珍味、醍醐味あふれる書下し!

  • アブサンの置土産 495円
    作家 村松友視
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    アブサン、時々そっと降りてきて俺と遊んでくれていいんだぜ......。愛猫アブサンの死から五年。アブサンが残してくれた贅沢な余韻を、あらたなエピソードで綴る感動の書き下ろし。“アブサン”シリーズ...

  • 幸田文のマッチ箱 660円
    作家 村松友視
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    母の死、父・露伴から受けた厳しい躾。そこから浮かび上がる「渾身」の姿。作家・幸田文はどのように形成されていったのか。その作品と場所を綿密に探りつつ、〈幸田文〉世界の真髄にせまる書下し!

  • アブサン物語 495円
    作家 村松友視
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    我が人生の伴侶、愛猫アブサンに捧ぐ! 21歳の大往生をとげたアブサンと著者とのペットを超えた交わりを、出逢いから最期を通し、ユーモアと哀感をこめて描く感動のエッセイ。ベストセラー待望の文庫化。

  • 黒い花びら 660円
    作家 村松友視
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    昭和歌謡界黄金時代を疾風の如く駆け抜けた、無頼の歌手・水原弘の壮絶な生涯。酒、豪遊、博打、借金に満ちた破天荒な歌手生活を、関係者達の取材を綿密に重ねつつ、波瀾の人生を描く感動のノンフィクション!

  • 淳之介流 660円
    作家 村松友視
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    「半達人」を極めた文士、吉行淳之介。ダンディズムの奥底にあるしたたかな色気と知られざる魅力。病気、世間、文壇、スキャンダルの大津波を切り抜けた、怪しくも妖しい文士の姿とは? その真髄にせまる!

  • 帰ってきたアブサン 495円
    作家 村松友視
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    ベストセラー『アブサン物語』の感動をもう一度! 愛猫アブサンの死から一年、著者の胸に去来するさまざまな想いを哀切に綴る、表題作他、「カーテン・コール」「墓」「妻が大根を煮るとき」「夏猫」「壺」を収録。

  • 1
セーフサーチの状態