読み込み中... loading....
とってもお得なNeowingコイン! 電子書籍サービスの特徴はコチラ

「林信吾」の作品一覧

27件中1-24件 (1/2ページ)
  • 女王(クィーン)とプリンセスの英国王室史 486円
    作家 林信吾
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2018/01/26

    権力闘争、宗教対立、血縁関係、王位継承権、そしてあの悲劇的な事故まで......英国王室の歴史を凝縮!

  • 英国一〇一話+α 486円
    作家 林信吾
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2016/12/23

    英国社会のうらおもてを101の項目から解説 「キャブとミニ・キャブ」「戸籍がない!」「階層社会と学歴社会」「労働党の話」「英国風ビール」「受験英語」etc。英国在住者向け日本語新聞の編集者とし...

  • ロンドン再発見の旅 486円
    作家 林信吾
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2016/12/23

    住み慣れたはずのロンドンを、今度は「旅行者」の視点でじっくり眺めてみる 十年間暮らしたロンドンに別れを告げてから三年。再び訪れたこの街で、何が変わり、何が変わらなかったのか...。外国の街に...

  • 英国ありのまま 486円
    作家 林信吾
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2016/12/23

    イギリスの食事から、気候、英語の会話まで、ホントの「英国」を教えます まったく下味をつけずに焼いた肉と、わずかに原型をとどめている茹で野菜......。英国にはないイギリスパン、日本人の英語...

  • 日本国ロンドン村 486円
    作家 林信吾
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2016/12/23

    日本型ムラ社会が国際都市ロンドンで花開いていた!? ロンドンのゴールダーズ・グリーンの一角は日本人が多く住むムラだ。しかも日本よりニッポン的なとっても奇妙なムラなのだ。「クルマも服も上役次第...

  • 太平洋大戦争 756円
    作家 林信吾 清谷信一
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2015/03/25

    開戦16年前に書かれた驚異の架空戦記 中国大陸での権益をめぐり、アメリカと対立する日本。両国の水面下では決戦準備が、着々と進められる。 そして一九三一年三月、パナマ運河を航行中の「明石丸」...

  • 【合本版】真・大東亜戦争 8100円
    作家 林信吾 清谷信一
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2015/03/20

    あの大長編・架空戦記シリーズ全18巻がまとめて読める! 一九一四年(大正三年)七月、オーストリアとセルビアにて戦争が勃発。ほどなく戦火は、ヨーロッパ全土へ広がり、世界大戦へと拡大した。 三...

  • イギリス型〈豊かさ〉の真実 648円
    作家 林信吾
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社現代新書
    販売開始日 2015/02/11

    年収が低くても安心して暮らせる「福祉国家」の実情。雇用不安、経済危機、消えた年金、進む日本の社会保障制度崩壊。老後は年金だけで暮らせる、医療費・教育費は原則無料、失業保険は手厚い、誰もが安心して...

  • ジパング大乱 (1~3巻) 680円
    作家 林信吾
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2015/04/24

    わが主君、伊達政宗は関東に攻め込む所存! 直江兼続を驚愕させた上杉への同盟の申し入れ。奥州連合は関東を制するか。瞠目の仮想戦国合戦。歴史は「関ヶ原」から変わる!

  • 国が溶けて行く ヨーロッパ統合の真実 486円
    作家 林信吾
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2014/12/12

    ユーロ通貨から見るヨーロッパ統合・分裂の歴史 ナポレオンやヒトラーが、当時の世界では最高レベルの軍事力をもってして、ついになしえなかったヨーロッパ統合が、平和裏に実現したことは、地球の反対側...

  • 熟年留学のススメ 486円
    作家 林信吾
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2014/11/21

    どうして熟年こそ留学すべきなのか 熟年世代こそ、自らの意志で海外に出て、様々なことを学び、色々な意味で考え方を変えて行く必要があります。自分ができなかったことを若者=次の世代に求めるのは、フ...

  • イギリス・シンドローム 378円
    作家 林信吾
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2014/01/10

    「紳士の国・イギリス」って本当なの? なぜ日本人は「イギリス」がこうも好きなのか...。 当の英国、特にイングランドにおいて、「アングロ・サクソン中心史観」がはびこっており、奇妙なことには...

  • 野球型 VS サッカー型 豊かさの球技文化論 486円
    作家 林信吾 葛岡智恭
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2014/01/10

    日本の若者が選ぶのは、野球? それともサッカー? 片や企業による興行・広告塔としての日本プロ野球、片や地域に根ざしたありようを模索するJリーグ。いま、日本の観戦スポーツ文化は重大な岐路に立っ...

  • 熱砂の旭日旗 486円
    作家 林信吾 清谷信一
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2014/01/10

    第一次世界大戦、中東の地に日の丸がひるがえる! 一九一五年、京都。陸軍中将・柴五郎は予備役中佐・井坂敏幸を訪ねた。 井坂は日露戦争時、ロシア軍の動静を探る挺身隊として敵地深く潜入し、見事斥...

  • 納税者だけが知らない消費税 378円
    作家 林信吾 葛岡智恭
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2014/01/10

    政治家・官僚にだまされるな! 消費税の本当の姿、使われ方 1988年に消費税が導入された時の、1997年に5%引き上げられた時の、政府の言い訳、覚えていますか? 消費税を引き上げたのに、な...

  • 真・大東亜戦争 (1~18巻) 107円486円
    作家 林信吾 清谷信一
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2013/12/27

    World War I 1915 帝国陸海軍欧州ニ征ク 一九一四年(大正三年)七月、オーストリアとセルビアにて戦争が勃発。ほどなく戦火は、ヨーロッパ全土へ広がり、世界大戦へと拡大した。 三...

  • 日本人の選択 (1~7巻) 107円
    作家 林信吾 葛岡智恭
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2013/12/27

    政党の胎動......敗戦から1950年代の国政を振り返る なぜ、自民党単独政権は三八年もの長きにわたったのか? なぜ、七〇年代の保革伯仲は二大政党制へと結実しなかったのか? それらを左右し...

  • 武士道の真実 486円
    作家 林信吾
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2013/12/27

    武士は歴史の中でどのような役割を果たしたのか 「武士道とは死ぬこととみつけたり」 これは武士の精神文化を説いたとされる、山本常朝・著『葉隠』からの一説だが、実際にこの本に目を通した人はほとん...

  • 「戦争」に強くなる本 486円
    作家 林信吾
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2013/12/27

    入門・太平洋戦争 日本はなぜ戦い、なぜ敗れたのか テロとの戦いや、北朝鮮の核武装、中国の軍拡などによって、軍事知識は必要不可欠なものになりつつあります。 また、太平洋戦争を正しく理解するた...

  • 「国防」がよくわかる本 486円
    作家 林信吾
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2013/12/27

    法律・兵器・政治......その過去から現在へ 軍隊のない独立国は、日本も含めて数ヵ国にすぎません。ところが日本の防衛予算は英・独・仏をもしのぎ、しかも1990年の湾岸戦争、1999年の周辺...

  • 昔、革命的だったお父さんたちへ 799円
    作家 林信吾 葛岡智恭
    出版社 平凡社
    レーベル 平凡社新書
    販売開始日 2013/12/06

    日本の戦後史のなかで、団塊の世代は大きな役割を演じてきた。六〇年代の政治の季節では理想に燃えて行動し、八〇年代には働き盛りとしてバブルの現場を駆け回り、そしていま、大量定年を迎え高齢化社会を現出...

  • ネオ階級社会はここから始まった 778円
    作家 林信吾 葛岡智恭
    出版社 平凡社
    レーベル 平凡社新書
    販売開始日 2013/12/06

    一九七四年は、日本社会の転換点となるべき年であった。一九七三年のオイルショックを乗りこえ、その翌年、日本経済は世界に先駆けてV字回復を遂げたかに見えた。しかし、高度経済成長の記憶から離れられなか...

  • 大日本「健康」帝国 778円
    作家 林信吾 葛岡智恭
    出版社 平凡社
    レーベル 平凡社新書
    販売開始日 2013/12/06

    軍国主義体制がとられていた時代には、兵力確保に、「国のため」に健康であることが求められた。そして今また、禁煙の推進やメタボ検診など、作られた「健康ブーム」に、国民が欺かれている。それは、医療費を...

  • ニッポン不公正社会 799円
    作家 斎藤貴男 林信吾
    出版社 平凡社
    レーベル 平凡社新書
    販売開始日 2013/12/06

    結果の不平等、格差ならまだ仕方がない。しかし、いまの日本社会は、自由競争の名のもとに、世代を超えて格差が温存される"不公正社会"にされようとしている!『機会不平等』『しのびよるネオ階級社会』など...

セーフサーチの状態