読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「梶よう子」の作品一覧

12件中1-12件 (1/1ページ)
  • 池波正太郎と七人の作家 蘇える鬼平犯科帳 800円
    作家 池波正太郎 逢坂剛 上田秀人 梶よう子 風野真知雄 門井慶喜 土橋章宏 諸田玲子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/10/06

    永遠のヒーロー「鬼平」再来! 人気作家7名が、伝説の男に新たなる命を吹き込みます。 池波正太郎が長谷川平蔵を主人にした短篇小説「浅草・御厨河岸」を書いたのは、昭和42(1967)年のこと。 オ...

  • 赤い風 1599円
    作家 梶よう子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/07/12

    江戸前期、武士と農民が身分をこえて空前の大開拓に挑む! 川越藩主・柳沢吉保とその懐刀・荻生徂徠。 徳川綱吉の治世下、川越藩の領内では、牛馬のための飼料や堆肥のための草を採取する秣場(まぐさば)...

  • 立身いたしたく候 778円
    作家 梶よう子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/02/15

    「おまえはなにを求めて武家の養子に入ったのだ」幕末前夜の江戸。瀬戸物屋の五男坊に生まれた駿平は、百五十俵の貧乏御家人「野依家」に婿養子入りした。男五人兄弟では、この先分家を立てられる保証もなく、...

  • ヨイ豊 864円
    作家 梶よう子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/12/15

    元治2年(1865)、清太郎の師匠・三代豊国の法要が営まれる。広重、国芳と並んで「歌川の三羽烏」と呼ばれた花形絵師だった。歌川の大看板・豊国が亡くなったいま、誰が歌川を率いるのか。弔問客たちの関...

  • 北斎まんだら 1512円
    作家 梶よう子
    出版社 講談社
    販売開始日 2017/03/24

    信州小布施の豪商、高井家の惣領息子・三九郎は、かの有名な絵師の葛飾北斎の弟子になるために江戸へやって来た。だが、まともには取り合ってもらえず、かまってくれたのは美人画で有名な絵師の渓斎英泉こと善...

  • ことり屋おけい探鳥双紙 756円
    作家 梶よう子
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2016/11/11

    姿を消した夫の帰りを待ちながら鳥を商うおけい。美しい娘が鳥に興味がないのに紅雀、相思鳥と次々と買い求める理由とは?店に持ち込まれる様々な事件を解決しながら、しなやかにたくましく生きるおけいと市井...

  • みちのく忠臣蔵 780円
    作家 梶よう子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2016/06/24

    お江戸日本橋で、元盛岡藩士が切腹した。そこには長年にわたって確執のある弘前藩を弾劾する高札が掲げてあった! 直参旗本ながら無役の神木家嫡男、光一郎と、剣の達人である村越重吾は、元鳥取藩主・松平...

  • 商い同心 千客万来事件帖 603円
    作家 梶よう子
    出版社 実業之日本社
    レーベル 実業之日本社文庫
    販売開始日 2016/04/15

    高すぎる値段の裏に謎がある――江戸の町でモノの値段を見張る役目の同心が、人情と算盤で事件を解決!新機軸の時代ミステリー。

  • ふくろう 734円
    作家 梶よう子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/12/11

    将軍世嗣の住まいである西丸の書院番に引き立てられ心浮き立つ伴鍋次郎だが、両親はなぜか狼狽する。町で会った初対面の老武士にいきなり土下座され、不審は募るばかり。そんな矢先、家で書物の整理をしている...

  • 迷子石 691円
    作家 梶よう子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    本業は医師(見習い)、副業はおまけ絵描き。そんな男がお家騒動を解決?薬売りに託した絵が藩の命運をにぎる!見習い医師・孝之助は、趣味で版画絵を描いている。「富山の薬売り」が売る薬に付けるおまけ絵だ...

  • 夢の花、咲く 640円
    作家 梶よう子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2014/07/11

    松本清張賞受賞作『一朝の夢』姉妹篇。あの“朝顔同心”が再び登場! ときは前作から遡ること5年。ひとりの植木職人が殺され、物語の幕が開きます。江戸を襲った安政の大地震、相次ぐ付け火――。朝顔栽培が...

  • 一朝の夢 630円
    作家 梶よう子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2012/11/09

    仕事より朝顔を育てるのが生きがいの“朝顔同心”。栽培を通じてある武家と出会ったことから幕末の大事件に係わり...

  • 1
セーフサーチの状態