読み込み中... loading....
とってもお得なNeowingコイン! 電子書籍サービスの特徴はコチラ

「森田靖郎」の作品一覧

12件中1-12件 (1/1ページ)
  • カネと自由と、文明末ニューヨーク 756円
    作家 森田靖郎
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2017/09/01

    アメリカ的資本主義の断末魔が聞こえる......そして新たな文明の幕開けの予感

  • 昭和セピアモダン 486円
    作家 森田靖郎
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2016/12/09

    憲法改正の前に戦後70年がなんだったのかをもう一度振り返ってみる 日米安保、憲法改正、原発再稼働......昭和を引きずりながら新たな時代の産みの苦しみに立ち会っている日本。これからこの国は...

  • 六四(リュウスウ)天安門事件 756円
    作家 森田靖郎
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2015/12/04

    「血の日曜日」はなぜ起きたのか、その時、ぼくらは何を見たか 1989年6月4日、天安門広場に集まった学生たちが虐殺された「天安門事件」。中国共産党にとって大きな汚点となるこの事件は、世界に衝...

  • 告白 731部隊 756円
    作家 森田靖郎
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2015/03/25

    発掘! いまも生き続ける細菌部隊の告白調書 1956年、中国撫順で「中華人民共和国人民法院特別軍事法廷」が開かれた。この裁判に先立って取り調べに応じた旧日本軍捕虜のなかに、元731部隊の隊員...

  • 悪銭 小説・替え玉殺人事件 486円
    作家 森田靖郎
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2014/06/13

    日本をターゲットにして犯罪をカネに換算するビジネス 北陸の山間で起きた現金輸送会社襲撃事件、バラバラ死体事件。次々と起きる凶悪事件の捜査線上に、ひとりの中国人女性が浮かび上がる。「死んだ人が...

  • 悪業 小説・東京チャイニーズ 486円
    作家 森田靖郎
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2014/01/10

    中国人犯罪が増加する「列島チャイナタウン化現象」をいかに捉えるか 日本で多発する凶悪犯罪。その背後に中国人犯罪組織が見えかくれする。 合法、違法含めて、30万人に達する在日中国人。よき隣人...

  • 中国人の無恥、日本人の無知 756円
    作家 森田靖郎
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2014/01/10

    中国は、国家として本気で尖閣諸島を獲りにきている! さまざまな行き違いや誤解などがあり、緊迫している中国との関係。この状況で、中国という国家の体質、中国人という気質を知ることは、隣人としても...

  • 野獣の群れ チャイナマン・イン・東京 486円
    作家 森田靖郎
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2014/01/10

    中国人密航ビジネスのカラクリを暴いた衝撃作! 母国で年収30年分にあたるほどの多額の費用を借金してまで、東京やニューヨークにやってくる中国人密航者。目的はただ一つ、“出稼ぎ”である。 密航...

  • 二つの血の、大きな河 486円
    作家 森田靖郎
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2014/01/10

    悪いのは日本人か中国人か 殺される日本人......。 日本人か中国人か、血を呪う残留孤児二世......。 福建マフィアと731部隊を結ぶ、殺人現場に残された“レモン”? 日中戦後史...

  • 原発・蛇頭列島 486円
    作家 森田靖郎
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2014/01/10

    「震災と密航」は「蛇頭と原発」につながっていく 命と引き換えにしてまで次々と日本へ流れ込む密航者「東京チャイニーズ」。 祖国の村おこし、巨大ビジネスとして......刻々と変化する密航事情...

  • 悪血 小説・毒入りギョーザ事件 486円
    作家 森田靖郎
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2013/12/27

    食品テロか、国家が仕組んだ陰謀か......毒入りギョーザ事件の真相に迫る! 中国の一人っ子政策により生まれた、戸籍のない“黒い子ども”たち。 彼らは、国家にけしかけられ、「犯罪有理」と自...

  • ファースト・アトミック 378円
    作家 森田靖郎
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2013/12/27

    原発はどこで始まったのか? GHQがつくった戦後ニッポンと「過ち」 戦後ニッポンを構成してきたのは、合理主義、個人主義そして生命至上主義だったはずだ。3・11によって、それらが儚いものだと気...

  • 1
セーフサーチの状態