読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「池波正太郎」の作品一覧

33件中1-24件 (1/2ページ)
  • 鬼平犯科帳[決定版] (1~24巻) 701円711円
    作家 池波正太郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2017/12/05

    江戸の盗賊たちに「鬼の平蔵」と恐れられている、「鬼平」こと火付盗賊改方(ひつけとうぞくあらためかた)長官・長谷川平蔵。 火付盗賊改方とは、江戸の特別警察。その長官を務める旗本の平蔵は、いまでこ...

  • 池波正太郎短編コレクション (1~16巻) 500円
    作家 池波正太郎
    出版社 学研
    販売開始日 2017/03/28

    〈収録作品〉おみよは見た 夜狐 あほうがらす 雨の杖 つき坂 おっ母、すまねえ 白痴 梅雨の湯豆腐 顔 激情 さいころ蟲

  • 鬼平犯科帳「血頭の丹兵衛」【文春e-Books】 0円
    作家 池波正太郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2017/01/06

    2017年1月から放送されるアニメ「鬼平」第一話の原作となった短編。 「血頭の丹兵衛」と名乗る怪盗が江戸市中を荒らしまわっていた。 盗みに入った家の人間を皆殺しにする残虐な手口に、江戸っ子は恐...

  • アニメ「鬼平」原作 鬼平犯科帳セレクション【文春e-B... 401円
    作家 池波正太郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2017/01/06

    2017年1月よりテレビ東京系や時代劇専門チャンネルで放送されるアニメ「鬼平」。 その原作となった全12話を集めました。 主人公・長谷川平蔵の奔放な青春時代や、妻・久栄の秘められた過去、 同心...

  • 新装版 熊田十兵衛の仇討ち (1~2巻) 497円508円
    作家 池波正太郎
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2015/02/17

    父を闇討ちにした山口小助を追い、仇討ちの旅に出た熊田十兵衛。しかし、何年経っても小助を見つけだすことはできず、ついには眼を病んでしまう。十兵衛が視力を失ったことを知った小助は、逆にある企みを.....

  • まぼろしの城 486円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    越後の上杉、甲斐の武田、小田原の北条。関東管領が実質的な力をなくし、覇を争う武将たちに取り巻かれながらも、上野の沼田万鬼斎はしたたかに生き抜こうとしていた。しかし愛妾・ゆのみとその父・金子新左衛...

  • 梅安影法師 仕掛人・藤枝梅安(六) 486円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    巨悪・白子屋菊右衛門は倒したが、いまだ残党に狙われる梅安。彦次郎と小杉十五郎は、鍼医師として人助けに励む彼を陰で支えていた。しかし復讐者たちは、意表をついた方法で梅安に襲いかかってきた。なじみの...

  • 抜討ち半九郎 540円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    抜討ちの達人関根半九郎は、許嫁を犯した上役を斬り、破牢して盗賊の群に落ちた。拾った女お民を連れて、殺人と強盗の凄惨な日々。やがて、最後の大仕事に失敗し、奉行所の追手、血みどろの仲間割れ、敵(かた...

  • 梅安針供養 仕掛人・藤枝梅安(四) 540円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    闇討ちにあって瀕死の重傷を負った若侍を助けた梅安。若侍は、命こそ取り留めたが記憶を失っていた。そんな時依頼された仕掛けは、二度と請け負いたくない女殺し。だが若侍と仕掛けの間には、深い関わりがある...

  • 梅安最合傘 仕掛人・藤枝梅安(三) 540円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    行きつけの料亭「井筒」で梅安は、10年前、自分の命を救ってくれた浪人を見かけた。梅安に頼まれて後をつけた彦次郎は浪人が悪辣な辻斬りであることを知る。命の恩人の正体に苦悩する梅安だが、度重なる悪行...

  • 梅安蟻地獄 仕掛人・藤枝梅安(二) 540円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    医師・宗伯と間違われ闇討ちを受けた梅安が、翌日依頼された仕掛けは、宗伯と因縁の深い蝋燭問屋・伊豆屋長兵衛であった。宗伯と長兵衛の関係を調べるうち、2人の許されぬ悪事を知った梅安は、地獄送りの殺し...

  • 殺しの掟 648円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    江戸の暗黒街。昼間は実直な職人や清貧の剣客が、夜闇の中では金ずくで人を殺める殺し屋に変貌する。法の裁きの及ばぬ悪を闇から闇へ葬る裏稼業の男たちの非情さと日常に立ち戻った瞬間ふと見せる人間味を、練...

  • 梅安乱れ雲 仕掛人・藤枝梅安(五) 540円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    仕掛けはさせないという約束で大坂の大元締・白子屋菊右衛門に預けられた剣客・小杉十五郎。しかし、白子屋は小杉十五郎に仕掛けを頼み、梅安と対立する。白子屋は梅安を恨み、手下に殺すことを命じた。覚悟を...

  • 殺しの四人 仕掛人・藤枝梅安(一) 432円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    品川台町に住む鍼医師・藤枝梅安。表の顔は名医だが、その実、金次第で「世の中に生かしておいては、ためにならぬやつ」を闇から闇へ葬る仕掛人であった。冷酷な仕掛人でありながらも、人間味溢れる梅安と相棒...

  • 梅安冬時雨 仕掛人・藤枝梅安(七) 540円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    白子屋一味との因縁は、やすやすとは切れない。知略に秀でた敵を倒すための梅安の秘策とは......。著者急逝により未完となった梅安シリーズの最終話。江戸の悪漢(ピカレスク)小説としても自眉のシリー...

  • 剣法一羽流 594円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    諸流派が日本各地に盛名を競った天正年間、常陸の剣客諸岡一羽斎の、剣の理法と謎の秘伝書は、3人の高弟たちを翻弄する。力と技では及ばない、「剣の心」を渇望する剣士たちの死闘を描く表題作他、人斬りに失...

  • 忍びの女(下) 702円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    伴忍びの万蔵が、裏切りを働いているらしい。女忍者・小たまは、危険を省みず万蔵の元へ飛び込み、敵の正体を見極めようとする。老獪な家康は、真意を隠しながらも天下統一へ1歩ずつ近づいていく。豊臣の臣下...

  • 忍びの女(上) 702円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    豊臣家の猛将・福島正則の前に現れた徳川方の女忍者・小たまは、正則を籠絡し、巧みに城内に入り込んだ。探索をはじめた小たまは、武辺一方の正則を次第に愛しく想うようになる。豊臣秀吉亡き後、諸大名は自ら...

  • 合本 鬼平犯科帳(一)~(二十四)【文春e-Books】 9180円
    作家 池波正太郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-Books
    販売開始日 2014/11/21

    池波正太郎の永遠のベストセラー「鬼平犯科帳」シリーズ。江戸幕府の火付盗賊改方(ひつけとうぞくあらためかた)の長官・長谷川平蔵は、その取り締まりの豪腕ぶりで、世の盗賊たちから“鬼の平蔵”と恐れられ...

  • 鬼平犯科帳<番外編> 乳房 432円
    作家 池波正太郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2013/07/26

    「まるで不作の生大根(なまだいこん)をかじっているようだ」と男に自分の身体をけなされ、その煙管職人をお松が殺した頃、長谷川平蔵は旗本として退屈な日々を送っていた。その平蔵が火付盗賊改方に就任した...

  • その男 (1~3巻) 600円
    作家 池波正太郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2013/07/26

    主人公・杉虎之助は微禄ながら旗本の嫡男。生来の病弱に加えて義母にうとまれ、そんな我が身を儚んで13歳のとき大川に身を投げるが、謎の剣士・池本茂兵衛に助けられた。この日が波瀾の人生の第一歩だった....

  • 鬼平犯科帳の世界 580円
    作家 池波正太郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2013/07/26

    『鬼平犯科帳』の主人公・長谷川平蔵は実在の人物。その生みの親、池波正太郎氏が直接に語るシリーズのエピソードをはじめ、登場するほとんどの人物を網羅した「鬼平犯科帳人名録」と「鬼平一家WHO'S W...

  • 鬼平犯科帳 (1~24巻) 460円640円
    作家 池波正太郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2012/11/09

    盗賊も“鬼の平蔵”と呼んで恐れるのは、江戸幕府の火付盗賊改方(ひつけとうぞくあらためかた)の長官・長谷川平蔵!

  • 仇討群像 730円
    作家 池波正太郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2012/11/09

    同僚の妻への横恋慕、殿に寵愛される小姓、不義密通の発覚など、色情が発端の殺人事件。その仇討に関わる人間ドラマ!

セーフサーチの状態