読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「澁澤龍彦」の作品一覧

51件中25-48件 (2/3ページ)
  • 夢の宇宙誌 734円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    自動人形、怪物、天使、そして世界の終わり......多様なイメージに通底する人間の変身願望や全体性回復への意志などを考察。

  • ドラコニア綺譚集 472円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    〈ドラコニア〉とは〈龍の王国〉のことである。この知の領土においてくりひろげられるさまざまな綺譚の世界、広範な知識と好奇心に彩られ、伸縮自在な精神の運動が展開する、円熟のエッセイ集。

  • 黄金時代 472円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    庭園、怪物、時間、悪魔――著者愛好のテーマをめぐって書きつがれたエッセイの名品。珍しく現代社会への批判を含み、70年代前後の著者の思索をあとづける鋭い批評眼にみちた作品集。

  • 私のプリニウス 472円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    古代ローマの博物学者プリニウスが著した世界最大級の自然誌事典『博物誌』全三十七巻。天文地理から動植物や鉱物などにわたるこの一大奇書に魅せられた澁澤が、怪物や迷宮や畸形など幻想的な異世界を逍遥する。

  • 幻想の肖像 472円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    幻想芸術を論じて当代一流のエッセイストであった著者が、ルネサンスからシュルレアリスムに至る名画三十六篇を選び出し、その肖像にこめられた女性の美と魔性を語り尽すロマネスクな美術エッセイ。

  • 胡桃の中の世界 472円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    石、螺旋、卵――愛好するオブジェやイメージに宿った小宇宙をテーマに、人類の結晶志向の夢の系譜をたどる名エッセイ集。『夢の宇宙誌』に続く、イメージの博物誌の最も完成された作品集。

  • 女のエピソード 366円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    マリー・アントワネットやジャンヌ・ダルクなど史上名高い女性たち、サロメやヴィーナスなど神話・宗教上有名な女性たちの様々なエピソードをとりあげながら、古今東西の女の生き方をデッサンふうに描く。

  • 澁澤龍彦 西欧芸術論集成 (1~2巻) 1047円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    ボッティチェリからギュスターヴ・モロー、そしてクリムトなどの世紀末芸術を経て、二十世紀シュルレアリスムに至る西欧芸術論。

  • 秘密結社の手帖 628円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    たえず歴史の裏面に出没し、不思議な影響力を及ぼしつづけた無気味な集団、グノーシス派、薔薇十字団、フリーメーソンなど、正史ではとりあげられない秘密結社の数々をヨーロッパ史を中心に紹介。

  • 黒魔術の手帖 472円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    魔術、カバラ、占星術、錬金術、悪魔信仰、黒ミサ、自然魔法といったヨーロッパの神秘思想の系譜を日本にはじめて紹介しながら、人間の理性をこえた精神のベクトルを解明。オカルト・ブームの先駆をなした書。

  • 毒薬の手帖 472円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    不吉な運命の神――毒薬をめぐる様々なエピソードを収集した本書は、“いわば毒のモチーフを縦糸として織り出した、一枚の文化史的タペストリー”であり、また、犯罪の芸術・毒殺を集成した異色エッセイ集である。

  • 幻想博物誌 472円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    愛好する古代・中世の博物誌に登場する怪物、はたまた絶滅動物などをとりあげながら、幻想性豊かな生き物たちをめぐってさまざまなエピソードをくりひろげる、奇想、怪異の博物誌。

  • 太陽王と月の王 734円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    夢の世界に生きた十九世紀バヴァリアの狂王の生涯を描いた表題作や、人形、昆虫など、澁澤の想像力が古今東西縦横無尽に展開する。

  • 澁澤龍彦 西欧作家論集成 (1~2巻) 1047円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    黒い文学館――狂気、悪、異端の世界! 西欧作家に関するさまざまな澁澤のエッセイを作家の生年順に並べて総覧。

  • 思考の紋章学 734円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    迷宮、幻鳥、大地母神などのテーマに通底する心的パターンを鮮やかに描き出す。後にフィクションへと向かう創作活動を暗示している。

  • 夢のある部屋 734円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    鏡、時計、扉......ごく身近なオブジェから紡ぎ出される夢想の数々。読者の想像力を刺激し、ゆったりとした時間を演出する。

  • サド侯爵 あるいは城と牢獄 838円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    「サド裁判」でサドの重要性を訴え、翻訳も数多くなし、『サド侯爵夫人』の三島由紀夫とも交友があった澁澤の哲学的考察や訪問記。

  • 妖人奇人館 628円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    占星術師や錬金術師、詐欺師に殺し屋......。謎めいた仮面を被り、数々の奇行で世の中を煙に巻いた歴史上の人物たちの驚くべき生涯!

  • 世紀末画廊 838円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    世紀末に華々しく活躍した画家たちを紹介する表題作をはじめ、幻想芸術のエッセンスがつまった美術エッセイを収録。

  • 異端の肖像 734円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    狂気と偽物による幻想の城ノイシュヴァンシュタインを造ったルドヴィヒ二世や、魔術師グルジエフ......栄光と破滅の異端児達。ロングセラー!

  • 記憶の遠近法 734円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    サラマンドラや一角獣など、著者の得意とするテーマが満載の第一部と、遠近法で過去の時間へと旅をする第二部からなる傑作エッセイ集!

  • 澁澤龍彦 日本芸術論集成 1047円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    地獄絵などの古典美術や、現代美術の池田満寿夫、人形の四谷シモン、舞踏の土方巽など、日本の芸術について書かれたエッセイをすべて収録。

  • 澁澤龍彦 日本作家論集成 (1~2巻) 1047円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    南方熊楠、泉鏡花から、稲垣足穂、小栗虫太郎、埴谷雄高など、一九一〇年代生まれまでの日本作家二十五人についての批評をすべて収録。

  • 澁澤龍彦 西欧文芸批評集成 1047円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    挫折と不遇のなかで俗物主義と進歩思想を嫌い、反社会的幻想を作品にした「小ロマン派」をはじめ、幻想、暗黒、怪奇などの文学を渉猟。

セーフサーチの状態