読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「濱嘉之」の作品一覧

10件中1-10件 (1/1ページ)
  • 警視庁公安部・片野坂彰シリーズ (1~2巻) 815円850円
    作家 濱嘉之
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/03/10

    リアル公安小説の新シリーズ始動! この男、天才か、変人か? 若き国際派公安マンが日本を守る! 「この国に真の諜報組織をつくれ!」。 警視庁公安部長の密命を受けた、国際派の若きキャリア公安マン片...

  • 鬼手 世田谷駐在刑事・小林健 550円
    作家 濱嘉之
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    ご存知ですか、高級住宅街のど真ん中に駐在所があることを。土地柄を映した特殊な事件に鬼刑事・小林は奔走する。週刊現代連載小説!

  • 警視庁情報官 (1~7巻) 605円858円
    作家 濱嘉之
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    政・官・実業界にまたがる謀略を、公安出身の著者ならではの詳細な筆致で描く注目作。

  • オメガ 警察庁諜報課 692円
    作家 濱嘉之
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    警察庁諜報課、通称オメガの美人エージェント・榊冴子は香港分室に異動となった。濱嘉之が新たに書き下ろす和製スパイ小説!

  • ヒトイチ (1~3巻) 671円770円
    作家 濱嘉之
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/16

    人事一課(=ヒトイチ)監察係・榎本の任務は、警察官の不正を嗅ぎ付け証拠を挙げること。警察が警察を追う、内部捜査シリーズ第一弾

  • オメガ 対中工作 649円
    作家 濱嘉之
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/16

    アフリカの闇市場に出回る武器の多くは、中国の密造品...密輸ルートを探る警察庁諜報課・榊冴子が見た日本とアフリカの意外な関係とは

  • ヒトイチ 画像解析 警視庁人事一課監察係 726円
    作家 濱嘉之
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/11/13

    「蒲田署内で拳銃自殺だ」。遺体は強姦痴漢事件の犯人を追いつめていた腕利きの巡査部長。警視庁人事一課監察係、通称ヒトイチのエリート榎本博史が真相究明に乗り出すと、警察のデータサーバーには防犯カメラ...

  • ヒトイチ 警視庁人事一課監察係 671円
    作家 濱嘉之
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/06/12

    警視庁人事一課、通称「ヒトイチ」の若手監察係長・榎本博史は、警視庁内部の不正に昼夜目を光らせていた。大組織の片隅で囁かれる噂や、匿名の内部告発を洗っていくと、思わぬ人物に疑惑がおよぶ。監察に追わ...

  • オメガ 警察庁諜報課 692円
    作家 濱嘉之
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    警察庁諜報課、通称「オメガ」は海外に支局を持つ国際諜報機関だ。北京支局香港分室に着任した美貌の捜査官・榊冴子に与えられたミッションは人民解放軍の配下にある麻薬精製工場の破壊工作だったが――。闇に...

  • オメガ 対中工作 649円
    作家 濱嘉之
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    諜報課工作員の榊冴子がコンゴの襲撃現場で見たカラシニコフ銃は、どれも中国製の不正コピー製品だった。中国の武器製造会社は今、どのように金を集めているのか。地下世界の実態を調べ上げ、揺らぐ共産党支配...

  • 1
セーフサーチの状態