読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「犬飼六岐」の作品一覧

10件中1-10件 (1/1ページ)
  • 新着!
    決戦の島 吉岡清三郎貸腕帳 1296円
    作家 犬飼六岐
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/15

    吉岡一門の流れを汲む剣豪・清三郎は、その腕を貸して活計を得る。新たな客に、藩の勝ち抜き戦で腕を貸すことに‐‐痛快時代小説!

  • 745円
    作家 犬飼六岐
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/05

    尾張藩江戸下屋敷に「御町屋」と呼ばれた宿場町が実在した。その存在が秘された町内で連続殺人事件が発生する。時代小説ミステリー。

  • 吉岡清三郎貸腕帳 756円
    作家 犬飼六岐
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/01

    依頼人からの無理難題を解決するのは、おのれの腕1本のみ。剣の達人にして豪快すぎる男の生き方を描いた7話。痛快時代小説。

  • 桜下の決闘 吉岡清三郎貸腕帳 700円
    作家 犬飼六岐
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/01

    吉岡一門の流れを汲む剣豪、清三郎はその腕を貸して生活してきた。そして巡り合わせた、200年の時を超えた復讐劇。痛快時代小説!

  • 囲碁小町 嫁入り七番勝負 700円
    作家 犬飼六岐
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/01

    負けたら、お嫁に行きます――。「囲碁小町」の異名を取るおりつは、嫁入りをかけた七番勝負に挑む。幕末に咲いた囲碁娘物語!

  • 筋違い半介 679円
    作家 犬飼六岐
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/01

    旗本の三男に生まれ、先祖も父も「ばか者」と切り捨て家を出た、岡っ引・半介が活躍......。という表題作など、大胆で丁寧な7短編。

  • 鷹ノ目 800円
    作家 犬飼六岐
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/02/09

    罪人を捕らえて金を稼ぐ一人の男...... 時代は戦国。一匹の痩せ馬に乗り、斑鳩をゆく一人の男がいた。 渡辺条四郎、メリケンでいえば賞金稼ぎ、本邦では勧賞目当ての素浪人のていである。 諸国を旅...

  • 決戦の島 吉岡清三郎貸腕帳 1296円
    作家 犬飼六岐
    出版社 講談社
    販売開始日 2015/12/25

    剣豪・宮本武蔵と決闘をして有名な吉岡一門。その流れを汲む吉岡清三郎は、自分の腕を貸して活計にしている。こんどの客は、大垣藩江戸留守居役。四藩による対抗戦で、各藩が代表を一人ずつ出して戦うことにな...

  • 佐助を討て 真田残党秘録 730円
    作家 犬飼六岐
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2015/10/02

    真田十勇士の裏ヴァージョン 最強の忍者、猿飛佐助。かつて彼に追い詰められた家康は悪夢にうなされ、無謀な討伐を部下に命ずる......手に汗握る新感覚忍者活劇!

  • 軍配者天門院(小学館文庫) 702円
    作家 犬飼六岐
    出版社 小学館
    レーベル 小学館文庫
    販売開始日 2014/06/13

    応仁の乱後の群雄割拠の時代。大和の山中に隠棲する天涯孤独の時宗の僧・天門院洙令は大和一国の支配を狙う越智家栄に招かれ、軍配を渡された。英雄不在の曖昧模糊とした時世のなかで、洙令は軍配者としてどう...

  • 1
セーフサーチの状態