読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「相原晋」の作品一覧

16件中1-16件 (1/1ページ)
  • 聞き書き・手技の女 110円
    作家 相原晋 吉岡里奈
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2020/04/10

    11歳で女衒に売られ、吉原に奉公するようになった女は、読み書きや礼儀のほかに、あそこの締まりがよくなる稽古など受けて日々を過ごしていく。遊女と客人が身体を重ねる姿を見聞きし、よがり方や体位を覚え...

  • 熟れた蕾 110円
    作家 相原晋
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2020/03/27

    時は明治元年。世話になった源右衛門の家に出向いた弥四郎は、お茶を出してくれたお澄という少女の存在が気になった。源右衛門とは親子ほどの年齢差でありながら、男女の関係を匂わせており......。

  • 竿師お寿々 110円
    作家 相原晋
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2019/10/11

    時は江戸時代。隠居生活を送っていた旗本の鍋島直孝は、自らの手のみを使い男性器を極上の快感へと導く女郎・竿師お寿々の噂を聞き、早速彼女の奉仕を受けるのだが......。

  • 名器の女 110円
    作家 相原晋
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2019/07/12

    商家で働いていた徳兵衛は、17歳の女中・お春とねんごろの関係になる。彼女は「上開」と呼ばれる名器の持ち主であった。十数年後、仕事仲間からお春の噂を聞いた徳兵衛は......。

  • 妻は人妻、人妻は妻 110円
    作家 相原晋 柳橋マンドレ
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2019/04/19

    66歳の大沢は40年ぶりに新婚当時に住んでいた街を訪れた。懐かしい駅舎の階段を降りていると、真夏の暑さに襲われて、気を失ってしまう。気がつくと、40年前にタイムスリップしていた。大沢はかつて住ん...

  • 色道指南 110円
    作家 相原晋
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2019/03/01

    女房以外の女を知らない材木屋主人の専右衛門は、女郎買いに行く道すがら、「色道を指南します」という易者に声をかけられる。女を喜ばせる技を教わり感動した専右衛門だったのだが......。

  • 回春の庵 110円
    作家 相原晋
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2019/02/08

    江戸橘町で古着屋を営む源兵衛は、御年五十歳。年下の信三郎から、人生をもっと楽しんだほうがいいと諭される。回春の宴が開かれているという旗本のお屋敷に向かった二人は......。

  • おもてなしの島 110円
    作家 相原晋 田宮彩
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2018/11/23

    かつて隅田川の川幅は広く、東京都中央区日本橋中洲は土砂が堆積してできた島だった。安政4年、そこに街並みが完成し、盛り場として大いに賑わった。吉原の遊女だったお由は、湯屋の主人・大月屋伝兵衛の後妻...

  • 褒美の女体 110円
    作家 相原晋 佐藤ヒロシ
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2018/06/01

    世は70年安保の真っ直中。大学1年生の中井亮太は学生運動に背を向けて、剣道に打ち込んでいた。ある日、角材を持った二人の人間に襲われ、剣道で応戦したが通じず負傷。大怪我を負ってアパートに戻った。大...

  • 死ぬまで悦楽 110円
    作家 相原晋 熊田正男
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2017/11/24

    沢田屋の隠居・六兵衛は50歳半ば。芸者相手に放蕩を繰り返し、狒狒爺と揶揄されるほどだった。しかし、そうなったのには理由がある。11歳から沢田屋で奉公していた六兵衛は主人に商才を見込まれ、一人娘の...

  • 首斬りのあとに 110円
    作家 相原晋 佐藤ヒロシ
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2017/05/12

    中山謹一郎は南町奉行所の同心。死刑に処せられる罪人の首を斬る役目を担当していた。嫌な仕事を自ら引き受け、苦痛を与えずに死なせることを心がけている。しかし、首斬りの後は異様なほど淫欲が高ぶってしま...

  • 剛力の女 110円
    作家 相原晋
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2016/09/02

    小間物屋で働く華奢な男・惣吉は、水茶屋の前でお侍に抵抗している娘を救おうと喧噪に飛び込むが、反対にその娘の怪力に助けられる。娘は“油屋の鬼娘”として有名なお繁だった。その整った顔に恋心を寄せた惣...

  • 男の快楽、女の悦楽 110円
    作家 相原晋 熊田正男
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2016/07/29

    呉服屋の後家・お幸、その娘・お恵、丁稚奉公からお恵の婿になった均兵衛。親子3人水入らずの暮らしには、悪い噂がつきまとう。なんでも、以前病に伏せっていた亭主の代わりに、うぶな均兵衛をくわえこみ、そ...

  • 果報の日 110円
    作家 相原晋
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2016/07/08

    初老の男・佐柳は、かつて吉原の遊女だったお光と再会する。この美しい中年増を見て、以前の憧れを再燃させたが、事を行うにも場所がない。そこで、佐柳は一計を案じる。それは妓楼にあがって女を買い、遊女が...

  • 偏鯛屋の女 110円
    作家 相原晋 熊田正男
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2016/04/15

    吉原の妓楼「偏鯛屋」。30代半ばの小夜はそこで遊女の教育・監督係である遣手を務めている。なにも相談してくるのは遊女ばかりではない。男たちがずっと隠してきた性癖を相談しにくるのだ。小夜はそれを聞き...

  • 張形の情念 110円
    作家 相原晋
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2015/10/30

    時代は江戸から明治へ。小間物屋で奉公する久助は、武家屋敷の女中たちにこっそり、大人の玩具の一つである張形(ディルド)を売っていた。ある日、その張形を注文した女に呼び出された久助は......。

  • 1
セーフサーチの状態