読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「眉村卓」の作品一覧

11件中1-11件 (1/1ページ)
  • 「妻に捧げた1778話」が私を救った【文春e-Books】 300円
    作家 眉村卓
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-Books
    販売開始日 2018/04/10

    作家・眉村卓氏は、1997年から2002年まで、がんで闘病中の夫人のために1日1本、400字詰め原稿用紙3枚以上の物語を書くことを日課としていた。 夫人が67歳で他界したとき、その物語は1778...

  • 夕焼けのかなた 583円
    作家 眉村卓
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/02/16

    外との接触を拒むかのように、町の入り口に位置する「峠」。就職し赴任したひなびた町で、閉塞感に包まれながら、若き日々を過ごした男は、久方ぶりに町を訪れた際に、「峠」で不思議な感覚にとらわれる――長...

  • 終幕のゆくえ 572円
    作家 眉村卓
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2017/01/31

    六七歳の柴田一郎は、独り暮らしの無聊を慰めるべく、自分史を書きはじめるのだが(「自分史」)。病院帰りに立ち寄ったビルの名店街で渡された腕時計のようなものは、自分がどのくらい嫌われているかわかると...

  • 虹の裏側 1296円
    作家 眉村卓
    出版社 出版芸術社
    レーベル ふしぎ文学館
    販売開始日 2016/01/15

    本書にはさまざまな「日本」が描かれている。アメリカで黄金期をむかえたSFは、日本に紹介されたあと眉村卓の手によってこのような変貌をとげた。これは草創期における、日本SFの原点ともいえる作品群である。

  • ねらわれた学園 566円
    作家 眉村卓
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/10/09

    突如、阿倍野第六中学の生徒会長に立候補し、鮮やかに当選してみせた高見沢みちる。それまで目立たない存在だった彼女は、魅力的な微笑と不思議な力で学園を支配していく。美しい顔に覆い隠された彼女の正体と...

  • 短話ガチャンポン 518円
    作家 眉村卓
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2015/09/29

    2015年1月から執筆を開始した、完全書き下ろしのショートショート集。81歳のSF作家が日常浮かんでくるさまざまなアイディアをもとに日々綴った。マイナンバー制度など、今のアイテムをブラックユーモ...

  • なぞの転校生 464円
    作家 眉村卓
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    岩田広一が通う中学に山沢典夫という転校生が入ってきた。典夫はギリシャ彫刻を思わせる美男子であるのに加え、成績優秀でスポーツも万能だったが、なぞめいた雰囲気を持っていた。ある日とんでもない事件を起...

  • 駅と、その町 518円
    作家 眉村卓
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2014/07/08

    これは、あなたの住む町の話でもあるかもしれない。国鉄と私鉄が乗り入れている駅「立身」と、その周辺で起こる不可思議な出来事の数々。急行が去った後ホームに倒れていた男の謎、駅の売店に勤める女の謎。身...

  • 司政官 全短編 【完全版】 《司政官》シリーズ 1296円
    作家 眉村卓
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元SF文庫
    販売開始日 2012/10/01

    官僚ロボットSQ1を従え、人類の理解を超えた原住者種族に単身挑む、若き司政官たちの群像。遠大な宇宙未来史の金字塔。

  • 消滅の光輪 《司政官》シリーズ (1~2巻) 864円
    作家 眉村卓
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元SF文庫
    販売開始日 2012/10/01

    司政官に反発する植民者は、ついに暴動へ。先住者たちは一向に退避勧告に従わない。ロボット官僚を率いる司政官の孤独な闘い。

  • 司政官 全短編 【分冊版】 《司政官》シリーズ (1~2巻) 648円
    作家 眉村卓
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元SF文庫
    販売開始日 2012/10/01

    遠大な宇宙未来史の金字塔。「扉のひらくとき」「遙かなる真昼」「遺跡の風」「限界のヤヌス」収録。

  • 1
セーフサーチの状態