読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「種村季弘」の作品一覧

17件中1-17件 (1/1ページ)
  • チリの地震 クライスト短篇集 864円
    作家 H・V・クライスト 種村季弘
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2016/08/05

    十七世紀、チリの大地震が引き裂かれたまま死にゆこうとしていた若い男女の運命を変えた。息をつかせぬ衝撃的な名作集。カフカが愛しドゥルーズが影響をうけた夭折の作家、復活。佐々木中氏、推薦。

  • 箱の中の見知らぬ国 1836円
    作家 種村季弘
    出版社 青土社
    販売開始日 2014/07/25

    蛮族や猛獣・悪疫の危険を顧みず、希望の土地をもとめて旅立っていった荒くれ男や宣教師たち。その未知なる地への夢想の跡をたどりつつ、われらの内なる旅の原形をさぐる綺想のファンタジイ・マップ。

  • ぺてん師列伝 1728円
    作家 種村季弘
    出版社 青土社
    販売開始日 2014/07/25

    〈ぺてん〉とはインテリ犯罪である。欲の皮の張った紳士淑女を手玉にとり、大胆華麗な演技で人を煙にまき、哄笑を残して群衆の闇に消え去る痛快なぺてん師群像。

  • アナクロニズム 1728円
    作家 種村季弘
    出版社 青土社
    販売開始日 2014/01/24

    狂愚、アナクロ、奇行、迷信、そして極端な逸脱は、いずれも現今の価値体系の下では無価値として蔑まれ、歴史の片隅に追いやられている。その隠れた綺想・愚想の系譜をたどり東西文明の陰画をさぐる。

  • 壺中天奇聞 1728円
    作家 種村季弘
    出版社 青土社
    販売開始日 2014/01/24

    マクロの世界がミクロの世界に収斂する壺中の天地を文学にたずね、怪奇・幻想・耽美・綺想の系譜をたどる「もう一つ」の日本文学史。

  • 怪物のユートピア 1728円
    作家 種村季弘
    出版社 青土社
    販売開始日 2014/01/17

    暴力映画を論じつつ、ギリシア神話の世界を散策し、転じて怪奇映画のなかに世界の終末と来るべきユートピアを遠望する。――新しい映画の批評法を確立すると同時に、光と闇の芸術の彼方に人間存在の秘められた...

  • 失楽園測量地図 1728円
    作家 種村季弘
    出版社 青土社
    販売開始日 2014/01/17

    過去への懐かしい追憶のなかに、ありうべき永遠の楽園を求めながらも、錯綜した迷路に紛れ込み失速していった芸術家たち。その挫折した夢の軌跡を辿りつつ、終末論と表裏一体をなすユートピア願望のイロニーを...

  • 悪魔礼拝 1728円
    作家 種村季弘
    出版社 青土社
    販売開始日 2014/01/17

    キリスト教的伝統のなかで、邪悪にして猥雑な存在とされながらも、既成の価値を顛倒する反文化の体現者として、人々を魅了し続けてきた、忌まわしくも甘美な悪魔の実態を多角的に探る。

  • 影法師の誘惑 1728円
    作家 種村季弘
    出版社 青土社
    販売開始日 2014/01/17

    永遠のまどろみの中で、退行の夢に耽りきりたいという、われらの母体回帰願望を基底に、玩具箱の中の古時計・覗きからくり・影絵・人形・童話・童謡など、遠い美しき日々への追憶が織りなす幼年期の夢の王国。

  • 薔薇十字の魔法 1944円
    作家 種村季弘
    出版社 青土社
    販売開始日 2014/01/17

    世界没落の予兆に脅える16~18世紀のヨーロッパに、救済者としてその出現が渇望された謎の秘密結社・薔薇十字団――文豪ゲーテやシェイクスピアなど知識階級を席捲した蠱惑の教理〈愛と知による復活〉の奥...

  • 怪物の解剖学 1728円
    作家 種村季弘
    出版社 青土社
    販売開始日 2014/01/17

    怪人伝説からロボットまで、にんげんの欲望と恐怖を凝縮し、神の創造の秘密に接近する〈人工的生命〉の種々相を追求し、蘇るべき祝祭空間をさぐる綺想の現象学。

  • 畸形の神 : あるいは魔術的跛者 2376円
    作家 種村季弘
    出版社 青土社
    販売開始日 2013/12/13

    ギリシア古典あるいは西洋文芸にあって、優れて芸術的営為に携わるオイディプス、サトゥルヌスからメフィストフェレスまでの輝かしき魔術的跛者。いずれもが体現するのは、近代の古層に横たわる豊饒な身体的思...

  • ビンゲンのヒルデガルトの世界 3024円
    作家 種村季弘
    出版社 青土社
    販売開始日 2013/12/13

    独得な聖書解釈だけでなく、医学・動物学・植物学・宝石学、そして音楽や建築、あるいは料理術にまで及んで、中世ヨーロッパ最大の幻視者ビンゲンのヒルデガルトの眼が捉えたものは、何だったか。ひとりの女が...

  • パラケルススの世界 [新版] 2808円
    作家 種村季弘
    出版社 青土社
    販売開始日 2013/12/13

    放浪と奇行の錬金術師。宇宙を生命をもつ一つの有機体として捉え、デカルトやカントの思想的源泉となり、またゲーテやシェイクスピアの精神的土壌ともなって人文主義への道を拓いた近代医学の父パラケルススの...

  • ハレスはまた来る : 偽書作家列伝 2376円
    作家 種村季弘
    出版社 青土社
    販売開始日 2013/12/13

    ゲーテとの往復書簡を創作した女流作家、日本人も知らない日本の文豪ハレス・レンノスケ、偽のシェイクスピア劇を書いたロンドンの天才少年など、文学史の余白にのこる文学的変装の名優たちや、古文書や手紙を...

  • 贋作者列伝 1944円
    作家 種村季弘
    出版社 青土社
    販売開始日 2013/12/13

    凡作も偉大な画家の作品と銘打たれれば、たちまち<傑作>に早変わりする。からくりの多い美術市場を横目に見て、至芸を披露する贋作者たちー。

  • 愚者の機械学 [新装版] 2592円
    作家 種村季弘
    出版社 青土社
    販売開始日 2013/12/13

    天才と狂気の狭間で、世紀末から30年代にかけて、激動の時代にその天分を完全に燃焼させた異形の画家・霊媒師・精神分析学者・ダンサー・詐欺師など、近代社会の病理を体現するパラノイアックな思考と心象に...

  • 1
セーフサーチの状態