読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「稲葉真弓」の作品一覧

18件中1-18件 (1/1ページ)
  • 半島へ 1430円
    作家 稲葉真弓
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/17

    東京を離れ、志摩半島を望む町で暮らし始めた中年女性。孤独な暮らしのなか、彼女がそこで見つめたものは?

  • ガーデン・ガーデン 1540円
    作家 稲葉真弓
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/17

    奇妙な“消す”仕事から、夫婦の性と孤独、危うい愛のかたちが見えてくる。秀作集。

  • 午後の蜜箱 1540円
    作家 稲葉真弓
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/17

    女ふたりの豊かな関係。今は一人で生きる50前後の女同士の、微妙な距離を保ちながら共有した年月と満ち足りた時間を描く秀作連作集

  • 声の娼婦 1375円
    作家 稲葉真弓
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/17

    ひとり都会に暮らす女たちの様々な心の風景。埋められない孤独と断絶感を抱きながら、都会の片隅にひとり暮らす女たち。

  • 水の中のザクロ 1540円
    作家 稲葉真弓
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/17

    都会のひとり暮らしの女が見つけたオアシス。ケンコウランドの「裸」のつき合いのなかに見つけたやすらぎの空間。

  • 環流 1595円
    作家 稲葉真弓
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/17

    恋愛、家庭、死。母娘三代の物語に全身を浸し、彼女たちと共に生きる中で、きっとあなたも心の故郷に出会う。

  • 砂の肖像 1595円
    作家 稲葉真弓
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/17

    M氏からかつて届いた26通の手紙と宝石。謎のM氏とのやり取りや宝石にこめられた思いを描く「砂の肖像」他珠玉の短編4作を収録。

  • ガーデン・ガーデン 1540円
    作家 稲葉真弓
    出版社 講談社
    販売開始日 2017/01/01

    女たちが戯れるエロスの庭。そこに咲く花には顔がなかった。奇妙な"消す"仕事から、夫婦の性と孤独、危うい愛のかたちが見えてくる。秀作集。「ガーデン・ガーデン」/「クリア・ゾーン」/「春の亡霊」。3...

  • 環流 1595円
    作家 稲葉真弓
    出版社 講談社
    販売開始日 2017/01/01

    かおり 16歳、高校生。演劇部所属。"幼なじみ"室田剛と"転校生"服部至の間で揺れる青春真っ只中。詩子 49歳、小学校の栄養士。地元の特産物を使った料理の「試食会」を主催。13年前に夫・昭彦と死...

  • 午後の蜜箱 1540円
    作家 稲葉真弓
    出版社 講談社
    販売開始日 2017/01/01

    しんと静まった闇の中に、五十数年生きている真琴とほんの少しだけ若い私がいて、しかし私たちは少しも自分のことがわからないのだ。男と出会って一緒に暮らしたりささいなことで別れたり、やっぱり一人がいい...

  • 声の娼婦 1375円
    作家 稲葉真弓
    出版社 講談社
    販売開始日 2017/01/01

    ひとり都会に暮らす女たちの様々な心の風景。埋められない孤独と断絶感を抱きながら、都会の片隅にひとり暮らす女たち。結婚、仕事――揺れ動く心のかたちと生きかたを細緻な筆で描く秀作集。

  • ミーのいない朝 715円
    作家 稲葉真弓
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2016/05/20

    “ミー、さようなら。二〇年間ありがとう。あなたと一緒に暮らせて、本当に幸せだった”。愛猫ミーとの光満ちた日々。その出逢いと別れを通し、深い絆を描く感涙のエッセイ!巻末に未発表原稿収録。

  • 水の中のザクロ 1540円
    作家 稲葉真弓
    出版社 講談社
    販売開始日 2015/02/11

    ああ、ゴクラク、ゴクラクやね。湯の中でほどけてゆく心と体。ケンコウランドで出会う女たちのさまざまな生の形。――「いろんなものを流しにくるよ。家の小さな排水口じゃ流せないものもあるから」と1人の女...

  • 砂の肖像 1595円
    作家 稲葉真弓
    出版社 講談社
    販売開始日 2015/02/11

    ●「石に映る影」石の愛称は「ニコ」メノウの原石だ。いつも黒い服を着ていた謎の女K、そして、Kから聞いたニコのこと。●「ジョン・シルバーの碑」母は「パチンコ玉みたいなやつ」が居座ったままの右足のふ...

  • 半島へ 1430円
    作家 稲葉真弓
    出版社 講談社
    販売開始日 2015/02/11

    「海松」を超えた、究極の「半島物語」。東京を離れ、志摩半島を望む町で暮らし始めた中年女性。孤独な暮らしのなか、彼女がそこで見つめたものは? 川端賞受賞作「海松」を超えた、究極の「半島物語」。谷崎...

  • 新装版 エンドレス・ワルツ 1320円
    作家 稲葉真弓
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2014/12/05

    2014年八月に逝去した、作家・稲葉真弓の名作。阿部薫と鈴木いづみとの凄絶な愛の軌跡を描いた、女流文学賞受賞作。解説、小池真理子。

  • 自殺者たち 一日一死 2200円
    作家 稲葉真弓 下川耿史
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/07/25

    毎日必ず人が死に、そのなかにはそれぞれの理由からさまざまな方法でみずから命を絶った人がいる。首吊り、飛び降り、服毒、割腹......明治・大正・昭和・平成の記録を拾い集めて提示する。事実を伝える...

  • 唇に小さな春を 495円
    作家 稲葉真弓
    出版社 小学館
    販売開始日 2012/10/25

    人生のパレットに置かれた様々な色の物語。

  • 1
セーフサーチの状態