読み込み中... loading....
とってもお得なNeowingコイン! 電子書籍サービスの特徴はコチラ

「米山公啓」の作品一覧

44件中1-24件 (1/2ページ)
  • 脳がみるみる若返るぬり絵 972円
    作家 米山公啓
    出版社 西東社
    販売開始日 2017/06/22

    ★★脳を効果的に鍛えます!★★ 脳科学にもとづいた、脳が活性化する塗り絵本! 効果的に脳を鍛えることができる工夫が満載の1冊です。楽しみながら知らず知らずのうちに脳が健康になっていきます。 認知...

  • 医者を忘れて大航海 378円
    作家 米山公啓
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2017/06/02

    医者が見たワールドクルーズの意外な真実とは? 大学病院を辞めたDr.米山は、世界豪華客船の旅へ出る。楽しいはずの夢の航海が、塩辛いディナーと忙し過ぎるツアーの連続で一転、持ち前の好奇心がうず...

  • 神経内科へ来る人びと 378円
    作家 米山公啓
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2017/06/02

    “脳”を抱えた珍妙な患者さんが訪れる不思議な診察室 偏頭痛・パーキンソン病・失語症・脳梗塞・ヘルペス脳炎など、さまざまな症状の人びとが訪れる神経内科。脳や神経の治りにくい病気で悩みを抱える患...

  • 大学病院の不健康な医者たち 378円
    作家 米山公啓
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2017/06/02

    医者だって、リストラされる日がくるんだ 医者になったからといって、安定した収入と約束された将来があるわけではなかった。まったく突然の異動だった。左遷人事とはこんなものかという諦めと、まあ人生...

  • 人はどうして痩せないのだろう 378円
    作家 米山公啓
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2017/06/02

    体重が気になり始めた医者が8種類のダイエットに挑戦! 診療、講演、執筆を忙しくこなす現役医師。気がつけば体重の増加著しく、メタボリック症候群が気になり始めた。患者には痩せた方がいいですよと言...

  • 電気に頼らない涼しい生活 ちょっとした工夫で夏も快適に... 648円
    作家 加藤清彦 黒部和夫 金丸絵里加 米山公啓
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2017/05/12

    節電しつつ快適な生活が送れる住居の工夫から、「節電ビズ」ファッション、夏バテ予防の体作り、暑さに負けない食生活等、あらゆる場面で取り入れられる暑さ対策満載。夏前に必読の一冊!

  • 医者はどうしてたくさん薬を出すのか 486円
    作家 米山公啓
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2017/03/10

    日本中にあふれる医療・健康の情報、その見分け方と裏のからくりを医師が本音で語る 私の外来に、他の医療機関で大量に薬を処方された患者がやって来る。中には、一度に10錠以上飲まなければならない患...

  • 親を元気に育てれば、あなたの老後も安心です 1264円
    作家 米山公啓
    出版社 ダイヤモンド社
    販売開始日 2016/09/26

    老老介護も珍しくない今、親子で脳と体を元気に保つことが大切。そのために親とどう付き合うかを最新の医学に基づき指南。

  • 死ぬまで家族に迷惑をかけないために今すぐ知っておきたい... 1404円
    作家 米山公啓
    出版社 かんき出版
    販売開始日 2015/10/09

    国家レベルで取り組まなければならないほど深刻な社会問題になってきた認知症。 団塊の世代がみな75歳以上になる2025年には 65歳以上の5人に1人、約700万人が認知症になる。 軽度認知障害も含...

  • 沈黙野(完全版) 756円
    作家 米山公啓
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2015/02/20

    権力闘争、企業との癒着......俗物が蠢めく医師の世界で優先されるのは医療ではない 市場開放という巨大な波は、銀行、証券業界などを襲うだけにとどまらず、津波となって医療の現場までをも飲みこ...

  • 男は「段取り脳」でよみがえる 756円
    作家 米山公啓
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社+α新書
    販売開始日 2015/02/11

    最近では男性でも料理が得意な人が増えています。しかし、まだまだ奥さんまかせで、自分は食べるだけという人が多いようです。(中略)食べるということであれば、どうでもいいという考え方もあるでしょう。し...

  • 親の死なせかた 1101円
    作家 米山公啓
    出版社 PHP研究所
    販売開始日 2015/01/23

    高齢化社会の中で、病んだり、ボケたりした親の命についてどう考えるか?延命治療はどうするのか?など、微妙な問題を考える。

  • 脳がみるみる甦る53の実践 702円
    作家 米山公啓
    出版社 小学館
    販売開始日 2014/07/04

    ボケない脳を作るための生活改善マニュアル。

  • 介護の鉄則(小学館文庫) 432円
    作家 米山公啓
    出版社 小学館
    レーベル 小学館文庫
    販売開始日 2014/04/11

    読めば“カイゴ”の秘策アリ!! ※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。 試し読みファイルにより、ご購入前...

  • エア・ホスピタル 486円
    作家 米山公啓
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2014/01/10

    “病院版ダイ・ハード”!? テロリストに占拠された病院で独り闘う医師! 外科医・鷹木真二郎は、羽田空港で事故に遭い、通称AHと呼ばれる病院に運び込まれた。AHは、最新の設備を擁していたが、金...

  • 幻視 486円
    作家 米山公啓
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2014/01/10

    脳を破裂させる殺人ウイルスが発生? 異色のバイオホラー! 各地で突然の失血死が連続して発生する。死亡した人間には死因となる疾患も認められず、また死者たちを結ぶ接点もない。 関東医科学研究所...

  • 神の島 医療査察官ドクター貴崎 486円
    作家 米山公啓
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2014/01/10

    患者たちが治療を拒否し喜々として死んでいく、謎の老人介護病院 複雑化した病院経営の実態を調査するために作られたKIS(国立医療査察機関)。その一員である貴崎邦良が調査のために潜入したのは、離...

  • ドクター勾坂の事件カルテ (1~4巻) 486円
    作家 米山公啓
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2014/01/10

    事件の鍵を握る男の意識はからだの中に閉じこめられていた インターネット医療相談『電脳メディカル・クリニック』に電子メールで飛び込んできた、奇妙な依頼。ドクター探偵・勾坂俊介が真実に迫るうちに...

  • 多摩の台病院ものがたり (1~4巻) 378円
    作家 米山公啓
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2014/01/10

    ちょっとおかしな医者たちの、まっすぐな挑戦! ベッド数300床、地域密着型の病院として発展してきた“多摩の台病院”。 東城医大から鬼角医師が派遣された直後、外来で事件は起きます。 「瞬間...

  • 記憶 メモリーズ 486円
    作家 米山公啓
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2014/01/10

    その老人の脳には、記憶を抹殺する特殊な手術痕があった! 医師・高尾仁志が当直の夜、急患が運ばれてきた。それが、鉄筋で串刺しになった老人・浮島との出会いだった。「記憶」を研究する高尾は、CGを...

  • さまよえる患者 486円
    作家 米山公啓
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2014/01/10

    転院を迫られた患者と家族、医者が直面する「医療の現実」 病院とは無縁だった高齢の父親が、突然倒れた。救急車でD大学病院の救命センターに運ばれ、命だけは助かったが意識は戻らずじまいだった。 ...

  • 奇想病院 486円
    作家 米山公啓
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2014/01/10

    未来の医療を予言(?)した医療系ショートショート 南百合ヶ丘クリニックの鷲峰先生の診察室には、問題を抱えた患者が次々と訪れてくる。高齢化社会の中で、あくまで元気な老人たち。不健康になりたがる...

  • 医者の個人生活366日 378円
    作家 米山公啓
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2013/12/27

    お医者さんの一年ってこんなにタイヘン! 医者は毎日が修行である。新年を自宅で迎えたことのほうが少なかった。冷えたシャケ弁当を売店で買ってきて医局で一人、壁と話をしながら食べた。学会では、数時...

  • 午後の外来待合室 378円
    作家 米山公啓
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2013/12/27

    患者と医者との理想的な関係とは? 医者と患者さんとの会話の多くが、ほとんどパターン化されている。医者も同じことを朝から何回もしゃべらなくてはいけないので、いいかげんいやになってしまう。 「経...

セーフサーチの状態