読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「花村萬月」の作品一覧

37件中1-24件 (1/2ページ)
  • 帝国 2145円
    作家 花村萬月
    出版社 講談社
    販売開始日 2020/03/18

    三億年前、巨大大陸に長大な黒壁に守られた帝国があった――。極限まで増幅された作家の想像力が生み落とす花村文学の巨躯なる金字塔

  • 萬月夜話 (1~3巻) 495円605円
    作家 花村萬月
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    愛する駄犬・ブビヲ(雄)とともに、ゆるゆる歩く、読む、書く日々。ブルースフルな日記エッセイ。

  • 惜春 550円
    作家 花村萬月
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    感動必至の青春(童貞)小説。もし汚れているなら、なぜ僕が浄めてあげられないのか。

  • 少年曲馬団 (1~2巻) 770円
    作家 花村萬月
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    惟朔少年の、幼い日。母子寮で育つが突然戻った父との同居が始まる。父親は働かず、惟朔に岩波文庫を読ませる。渾身の半自伝的小説。

  • なかで、ごめんね 1265円
    作家 花村萬月
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/17

    スケバン(死語)玲子の運転するレガシーで走る夏の北海道で、彼女の人生は大きく動きだす。

  • ウエストサイドソウル 西方之魂 957円
    作家 花村萬月
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    ギターが彼にリズムを刻んだ。セックスが彼に人生を教えた。彼女が彼を真実に導いた――。萬月音楽小説、還る!

  • 皆月 605円
    作家 花村萬月
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    中年男の再生物語。ある日突然、妻が一千万円の貯金を持って逃げた。さえない夫を救うのはヤクザ者の義弟とソープ嬢!

  • 1430円
    作家 花村萬月
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/17

    編集者の羽田御名子に、小説家志望の安良川王爾から持ち込まれた原稿〈裂〉。登場人物には御名子の名が使われ、穢されていた。

  • 完本 信長私記 2860円
    作家 花村萬月
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/15

    織田信長は何を思い、考え、目指していたのか――全編モノローグによる「信長の日記」。すべての答えは、ここにある。

  • 信長私記 693円
    作家 花村萬月
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/14

    なぜ織田信長は――。その生涯の謎を著者自らが引き受け、圧倒的筆致で描き出す実像とは。全ての謎が一つの線になる、衝撃作。

  • 太閤私記 1540円
    作家 花村萬月
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/14

    豊臣秀吉に纏わる多くの謎。答えは、秀吉自身に聞くべし! 天下人が自らの人生を語る「私記」シリーズ、『信長私記』に続く第二弾!

  • 續 信長私記 726円
    作家 花村萬月
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    なぜ織田信長は――。その生涯の謎を著者自らが引き受け、圧倒的筆致で描き出す実像とは。尾張統一から本能寺までを描く、衝撃作。

  • 續 太閤私記 1650円
    作家 花村萬月
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/13

    我、天下を掌握せり。日本史上最大の出世、完成。主君・信長の横死により、秀吉の天下人への道は拓かれた!『太閤私記』ここに完結。

  • 掌篇歳時記 春夏 1760円
    作家 瀬戸内寂聴 絲山秋子 伊坂幸太郎 花村萬月 村田沙耶香 津村節子 村田喜代子 滝口悠生 橋本治 長嶋有 高樹のぶ子 保坂和志 白井明大
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/01

    あまりにも美しい、四季を彩る“季節の名前”。古来伝わる「二十四節気七十二候」に導かれ、手練れの十二人がつむぐ匂やかな小説集。

  • 決戦!桶狭間 836円
    作家 冲方丁 砂原浩太朗 矢野隆 富樫倫太郎 宮本昌孝 木下昌輝 花村萬月
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/01

    戦国最大の逆転劇。乾坤一擲の奇襲は奇跡だったのか、それとも必然か!‐‐7人の作家が七つの視点で描く大人気シリーズ第5弾!

  • 風の條 王国記 IX 815円
    作家 花村萬月
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/10/26

    神の王国の建設をめざす朧の野望は実現するのか? 不可思議な力を発揮する朧の息子、太郎は〈神の子〉なのか? 王国に君臨する「王」たるべき人間は果たして朧か太郎か?―― 抗いがたい運命に導かれるよう...

  • 神の名前 王国記 VIII 815円
    作家 花村萬月
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/10/26

    朧の息子・太郎がついに外界へ! 太郎に続いて、次郎、花子と次々に〈神の子〉が生まれ、膨らみつづける「悠久寮」。やがて16歳になった太郎は、ジャンとともに京都を旅するが、ここでも出逢う人びとを次々...

  • 王国記 (1~7巻) 815円
    作家 花村萬月
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/09/10

    人を殺し、修道女を犯し、衝動にまかせて暴力をふるう青年・朧(ろう)。「神」はいずこに? 芥川賞受賞の問題作!

  • 弾正星 803円
    作家 花村萬月
    出版社 小学館
    販売開始日 2018/03/16

    心蕩かす悪の爽快感! 花村時代小説の至宝。

  • 舎人の部屋 583円
    作家 花村萬月
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/03/09

    過食嘔吐を繰り返す小説家志望の自称モデル・宮島弥生を描いた、花村萬月の超問題作『浄夜』。その作品の登場人物だった舎人憲夫の“M”を描いた本作は、虚構と実像のあわいを行き来する哲学的小説でもある。

  • 武蔵 (全6巻) 1408円1628円
    作家 花村萬月
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2017/06/09

    若き日の弁之助こと宮本武蔵。好敵手や女人らとの邂逅の先に見た剣術の真髄とは。不世出の武芸者をかつてない視点で描く大河小説。

  • 完本 信長私記 2860円
    作家 花村萬月
    出版社 講談社
    販売開始日 2016/01/22

    なぜ「種子島(鉄砲)」に興味を持ったのか?なぜ将軍・足利義輝を保護したのか?なぜ明智光秀を取り立てたのか?なぜ桶狭間で今川義元に勝てたのか?なぜ徳川家康と同盟を結んだのか?なぜ長篠の戦いで武田軍...

  • 1426円
    作家 花村萬月
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2015/03/27

    紫、赤、黄、白、黒、青、緑、茶、そして灰――。九つの色を九つの物語のタイトルにした短篇集。物語の中で滲み、流れ、炸裂し、そしてまた収斂してゆくそれぞれの「色」。染められた祖母の髪、流れる血液、咲...

  • 少年曲馬団(下) 770円
    作家 花村萬月
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    性の目覚めは、すぐそこだ。惟朔(いさく)少年の、ヰタ・セクスアリス。入院していた父は家へ戻り、壮絶な最期を迎える。惟朔は、父親の常軌を逸した支配から、突然放たれたのだ。相変わらず学校には行かず、...

セーフサーチの状態