読み込み中... loading....
サービス終了のお知らせ

「葉室麟」の作品一覧

56件中1-24件 (1/3ページ)
  • 神剣 人斬り彦斎 704円
    作家 葉室麟
    出版社 角川春樹事務所
    レーベル 時代小説文庫
    販売開始日 2021/09/15

    嘉永三年(一八五〇)、九州肥後の熊本藩、御花畑表御掃除坊主の河上彦斎は、師・宮部鼎蔵を訪ね、尊敬する吉田松陰と、生涯にわたり惹かれ合う女性・由依と出会う。彦斎は日本を守るため厳しい県の修行をし、...

  • 月神 660円
    作家 葉室麟
    出版社 角川春樹事務所
    レーベル 時代小説文庫
    販売開始日 2021/08/15

    明治十三年、福岡藩士出身の月形潔は、集治監建設のため横浜港から汽船で北海道へと向かった。その旅のさなか、亡き従兄弟の月形洗蔵を想った。尊王攘夷派の中心となり、福岡藩を尊攘派として立ち上がらせよう...

  • 影ぞ恋しき (1~2巻) 781円801円
    作家 葉室麟
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/04/06

    夫婦の絆、親子の情愛。 葉室麟渾身の長編小説。 吉良上野介の孫娘・香也を養女に した雨宮蔵人と咲弥夫婦のもとに信州諏訪から密使の冬木清四郎が。 かの地に配流された上野介の息子・ 義周が香也に一...

  • 大獄 西郷青嵐賦 730円
    作家 葉室麟
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/12/08

    私は西郷隆盛を一番書きたかった! 西郷隆盛は薩摩藩主の島津斉彬に仕え、天下のことに目覚め、一橋慶喜擁立のため暗躍するが、安政の大獄により全てを失うが......。 ※この電子書籍は2017年1...

  • 風のかたみ 780円
    作家 葉室麟
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2020/10/07

    上意討ちにあった、豊後安見藩一門衆筆頭の佐野了禅。女医師・伊都子は、ある密命を帯び、佐野家の女人たちが暮らす白鷺屋敷に送り込まれるが、そこでは不審な死を遂げる者が相次ぎ......。女の執念に切...

  • 決戦!新選組 792円
    作家 葉室麟 門井慶喜 小松エメル 土橋章宏 天野純希 木下昌輝
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/05/15

    葉室麟が、門井慶喜が、土橋章宏が「新選組」を描く! 累計28万部を突破し、ますます進化を続ける「決戦!」シリーズ文庫第7弾。

  • 嵯峨野花譜 730円
    作家 葉室麟
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/04/08

    花を生ける、人を生かす。 まだ悲しみも喜びも知らぬ少年僧の、四季折々の花に彩られた成長物語。 物語の舞台は文政13(1830)年の京都。 年若くして活花の名手と評判の高い少年僧・胤舜(いんしゅ...

  • 雨と詩人と落花と 748円
    作家 葉室麟
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2020/01/10

    天領の豊後肥田、私塾咸宜園の塾主である広瀬旭荘は二度目の妻・松子を迎えた。剛直で激情にかられ、暴力をふるうこともある旭荘。しかし、心優しき詩人である彼の本質を松子は理解し、支え続けた。だが、江戸...

  • 津軽双花 792円
    作家 葉室麟
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/13

    家康の姪・満天姫、三成の娘・辰姫。津軽家に嫁入りした二人は、十三年越しの因縁に相見える。直木賞作家が描く、これぞ女人の関ヶ原

  • 墨龍賦 730円
    作家 葉室麟
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文芸文庫
    販売開始日 2019/12/06

    建仁寺の「雲龍図」を描いた男・海北友松。武士の子として、滅んだ実家の再興を夢見つつ、絵師として名を馳せた生涯を描く歴史長篇。

  • 星と龍 1430円
    作家 葉室麟
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2019/11/08

    悪党と呼ばれる一族に生まれた楠木正成の信条は正義。近隣の諸将を討伐した正成は後醍醐天皇の信頼を得ていくが、自ら理想とする世の中と現実との隔たりに困惑し......。著者最後となった未完の長編小説...

  • 決戦!関ヶ原 (1~2巻) 792円880円
    作家 葉室麟 冲方丁 伊東潤 天野純希 矢野隆 吉川永青 木下昌輝 東郷隆 蓑輪諒 宮本昌孝
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/08/09

    慶長五年九月十五日(一六〇〇年十月二十一日)。天下分け目の関ヶ原の戦いが勃発。人気作家が散陣、話題の競作長編ついに文庫化。

  • あおなり道場始末 561円
    作家 葉室麟
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/08/02

    九州、豊後、坪内藩の城下町にある青鳴道場。先代の死から早一年、道場は存亡の危機にあった。跡を継いだ長男の青鳴権平はまだ二十歳と若く、その昼行燈ぶりから、ついには門人が一人もいなくなってしまったの...

  • 暁天の星 1528円
    作家 葉室麟
    出版社 PHP研究所
    販売開始日 2019/07/19

    葉室麟が最期に「書かねばならない」と挑んだテーマとは。不平等条約の改正に尽力した明治政府の外相・陸奥宗光を描いた未完の大作。

  • 風の軍師 黒田官兵衛 792円
    作家 葉室麟
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    黒田官兵衛、ジョアン、細川ガラシャ、織田秀信。伴天連追放令下、キリシタン受難の時代の「夢」とは?

  • 風渡る 836円
    作家 葉室麟
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    官兵衛とジョアン。未曾有の変革の時を、時代の風を受けて生き抜いた二人! 新直木賞作家による歴史長編・葉室流 黒田官兵衛。

  • 星火瞬く 814円
    作家 葉室麟
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/16

    その男が、幕末を動かした――動乱の地で会わなければならなかった日本の「革命家」とは、誰なのか?

  • 決戦!大坂城 淀殿編 鳳凰記 202円
    作家 葉室麟
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/15

    亡き秀吉の側室で秀頼を生んだ茶々。豊臣家を率いる彼女の前に、家康という強大な敵が立ちふさがる。一族存亡を懸けた“女の戦い”

  • 決戦!関ヶ原 石田三成編 孤狼なり 202円
    作家 葉室麟
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/15

    石田三成の「豊臣家御為」という一途。亡き太閤への忠義を果たすため、大敵徳川家康を相手にして、三成が打った「孤狼の策」とは。

  • 陽炎の門 836円
    作家 葉室麟
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    著者史上、最上の哀切と感動が押し寄せる、直木賞作家・葉室麟の傑作! 峻烈な筆で武士の矜持を描き出す渾身の時代長編。

  • 決戦!忠臣蔵 1617円
    作家 葉室麟 朝井まかて 夢枕獏 長浦京 梶よう子 諸田玲子 山本一力
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/14

    「決戦!」シリーズの新たな挑戦!七人の名手が描く、日本人の心の物語。そこには誰も知らない「忠臣蔵」があった!

  • 紫匂う 836円
    作家 葉室麟
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/14

    郡方勤めの夫・蔵太とその妻・澪。かつての想い人との再会が、澪の心を揺らす。義か情か。武士の妻の選ぶ道とは?(解説・大矢博子)

  • 山月庵茶会記 792円
    作家 葉室麟
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/14

    茶室という戦場では、すべての真実が見抜かれる。『陽炎の門』『紫匂う』につづく、大好評「黒島藩シリーズ」第3弾!

  • 決戦!大坂城 836円
    作家 葉室麟 木下昌輝 富樫倫太郎 乾緑郎 天野純希 冲方丁 伊東潤
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    慶長二十年(1615年)。最終決戦の舞台は、秀吉が築いた大坂城へ。7人の人気作家による話題の「競作長編」第2弾、文庫化!

セーフサーチの状態