読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「高瀬甚太」の作品一覧

40件中1-24件 (1/2ページ)
  • 派遣社員・箭内万作の事件簿 (1~11巻) 194円270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2019/06/21

    派遣社員・箭内万作が清掃夫として派遣されたマンションでドア、窓、すべて施錠されているなかで連続盗難が発生する。盗難発生時間に現場で清掃を行っていた万作は疑いをかけられるが――。

  • 笑う男 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2018/12/14

    二度の受験に失敗し、実家に戻らず東京から帰阪した私は、住まいを求めて溶接工として就職し、会社が借りていた1ルームマンションに住むようになる。二人の同居人のうち一人が徳さんと呼ばれる年配の男で、嫌...

  • シリーズ二十四人の女 (1~25巻) 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2018/12/07

    17歳の少女が男を殺害し逮捕された。担当の弁護士は事件に疑問を感じ、少女を問い詰めるが少女は黙して語らない。事件の背景には壮絶な少女の過去があった......。

  • 迷走病棟 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2018/08/10

    心臓バイパス手術を受けた私は、8時間に及ぶ手術とその後の集中治療室での治療で、生死の境をさ迷い、迷妄する。死の恐怖に怯えながら、飽くなき生への執着をみせる私は、ゆるやかに回復して行く中で光を見る――。

  • 天に吼える 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2018/06/22

    昭和35年春、中学を卒業したばかりの宮下俊一は、上阪してセロファン印刷の工場に入社する。激しい工場勤務の中で俊一は高校進学を希望するようになる――。高度成長期の日本を舞台に、底辺で生きる若者たち...

  • 恋・愛・百物語 (1~17巻) 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2019/06/07

    愛とは何か?永遠の命題に挑戦する「恋・愛・百物語」。百人の話が始まった。第一話目、三上彩香は合コンで片瀬明彦という男性と知り合い、いきなりプロポーズされる。唐突な片瀬の告白に三上は――。

  • 桜の季節に 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2018/04/13

    桜の季節がやって来たというのに、会社時代の同僚がやって来ない。特に宮本が来ないことが気になっていた甲斐は、南紀に住む宮本に電話をするが、電話に出ない。翌日、宮本の娘から電話が届く。宮本は闘病中だ...

  • 海の秋 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2018/03/16

    友人の樋口暎二に会うために、山下は南紀の町を訪れた。七年ぶりの出会いであった。樋口に会ってすぐに思い浮かぶのは、樋口の前妻、和江、和ちゃんのことである。樋口にとって和ちゃんは、画家として高名を馳...

  • くろしおの郷 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2018/03/16

    田舎の友人から手紙をもらい、帰郷を決めた主人公の南紀の故郷へ到着するまでの少年時代の回想と友人への熱い思いを淡々と描いた珠玉の短編――。

  • 漫才師が死んだ (1~3巻) 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2018/03/09

    早朝、芸能事務所の社員、吉岡は所属する漫才師の西脇から金を貸してほしいと頼まれる。西脇の悪い噂を耳にしていた吉岡はその頼みを断るが、一週間後、西脇は白浜の三段壁から飛び込み、自殺体となって発見さ...

  • 三味線お米 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2017/12/08

    三味線芸を売り物にするお米は、高齢も含めて劇場でも次第に疎ましい存在になっていた。そのお米のために支配人の勝彦は50周年記念公演を企画する。ほとんど人など入らないと思われた三味線お米の公演だった...

  • シネマの日 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2017/11/24

    定年退職の日の帰り、柴谷は御堂筋を南から北へ歩いた。淀屋橋から西天満へ歩いたところで思いがけなく道に迷い、そこで旧い映画館に出会う。上映していたのは、幼い頃に見た「鞍馬天狗」の映画だった。映画を...

  • 友に贈る酒 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2017/11/24

    十数年ぶりに杉原から電話がかかってきた。懐かしさのあまり、翌日、北新地の『花村』で会うことを約束する。『花村』は、学生時代から杉原と二人で呑んだ行きつけの店――。しかし、やって来た杉原は、様子が...

  • 愛しのマリア 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2017/11/10

    定年退職して日の浅い槌田は、妻との仲がうまく行かず、悶々とした日々を過ごしていた。妻が実家に帰った翌朝、槌田は思いがけず間違い電話を受ける。病院にすぐに来て、と電話を受けた槌田は、それが間違い電...

  • 居酒屋にて 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2017/11/10

    吹き溜まりのような街の居酒屋「笹亭」で出会った男との出会い、その出会いが変えた自分の人生――。時を経て再会した二人は、その時――。居酒屋に起きた小さな出来事を描く珠玉の作品。

  • Monster Child(モンスター チャイルド) (1~4巻) 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2017/10/27

    大阪淀川河川敷で次々と起こった異常な事件。いずれも被害者の身元が判明できず、大阪府警捜査員たちは苦慮する。府警少年課に勤務する万条忠人は、天神橋筋六丁目から少し路地に入った『繁昌亭』という店の常...

  • ファインボーイ ~競馬を愛するあなたのために~ 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2017/09/01

    倒産し流浪の日々を過ごす輪島は、ウインズの看板を見つけて競馬に興味を持つ。ウインズで出会う競馬好きな人々との出会いの中で、輪島は再起を図る力を得る。ファインボーイに思いを込めて輪島は馬券を買う――。

  • 白・色・殺人 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2017/08/25

    一躍、人気女優となった翠川貴子が大阪城公園で死体となって発見された。歯に仕組まれた青酸カリが原因と判明した府警本部は、翠川が帰阪するたびに通っていた北条歯科医の院長、北条隼人を重要参考人として確...

  • 追憶 母を偲んで 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2017/08/25

    余命三カ月と宣告された母が、手術の後に生還した。だが、七十歳を目前にしたある日、母の体調が急変する。母は最期まで別れた父親のことを心配していた。その父が――。

  • 磐座事変 (1~2巻) 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2017/08/04

    『磐座』をテーマにした出版物を制作していた斉藤一郎の元に島内淳一郎から「相談したいことがある」と電話が入る。工事中の道路に大きな岩があり、それを除ける作業をした者が次々と事故や災難に遭うという――。

  • 甚太の怪談・奇談 (1~4巻) 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2017/09/15

    大阪ミナミのゲイバー『羅王』の常連、柴田浩一郎が急逝した。柴田の死を惜しむ遠山とママの前に一人の客が現れる。柴田と酷似したその客は、ママに「柴田がママに約束していた品です』と言って紙包みを手渡し...

  • 父が消えた日 (1~2巻) 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2017/07/07

    奈々枝との結婚式を控えた岡村赳夫の前に突然、十四年前に失踪した父親が現れる。女と駆け落ちをした父の突然の出現、そして、結婚式当日――。

  • 名探偵 夕月光シリーズ 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2017/06/02

    女性専用の旅館「勿忘草荘」で殺人事件が起きる。あろうことか室内で殺されていたのは男性だった。女性しか入れず、チェックの厳しい「勿忘草荘」でなぜ男が――。しかもその部屋に宿泊していた女性は失踪し、...

  • リトル・スティング ~七人の少年たちの詐欺師集団~ (1~5巻) 270円
    作家 高瀬甚太
    出版社 太陽堂出版
    販売開始日 2017/04/28

    猪狩宗司は、少年院上がりの仲間と共に、詐欺犯罪に手を染める。綿密に計画した犯罪は成功を重ねるが、捜査二課の坂本刑事は、宗司たちの起こした詐欺犯罪に素人の犯罪ではないかと疑問を感じる――。

セーフサーチの状態