読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

語られなかった皇族たちの真実 若き末裔が初めて明かす「皇室が2000年続いた理由」

語られなかった皇族たちの真実 若き末裔が初めて明かす「皇室が2000年続いた理由」
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 671円(税込)
ポイント還元 6ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 320
販売開始日 2012/10/01
紙書籍版 取り扱い中

若き末裔が明かす「皇族論」、電子版で登場

曾祖母は明治天皇の第六皇女昌子内親王。祖父はスポーツの宮様として知られた竹田恒徳。祖母は三条実美の孫娘。
著者は、明治天皇の玄孫として、旧皇族・竹田家に生まれた。本書は、自らの生い立ちに始まり、祖父から教えられたこと、さらには、皇室が2000年以上の長きにわたって存続してきた理由についての歴史を繙き、天皇家の血のスペアとして宮家が果たしてきた役割を浮き彫りにする。その上で、現在も引き続き話題を集める皇位継承問題について、「男系維持」を強く主張する。旧皇族家出身の立場を充分に自覚し、その覚悟のほども吐露する。
’05年発表の話題の書、文庫版を電子化!

竹田恒泰関連作品

小学館文庫関連作品

「ノンフィクション・ドキュメンタリー」カテゴリ