読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

ごめんあそばせ 独断日本史

ごめんあそばせ 独断日本史
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。 ダウンロードはこちら
価格 864円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2012/11/09
ファイル形式 XMDF

奈良時代の律令制度もある意味“押しつけ憲法”/公平な勤務評定があった鎌倉武士団/定家は出世亡者/清盛と田中角栄の日中国交回復/貞奴と一葉は女性史の表と裏――古代から明治へ、小説家としての立場で自由闊達に語り合い、埋もれた歴史の事実を掘り起こす。おもしろさ抜群の日本史。

永井路子関連作品

杉本苑子関連作品

  • 伯爵夫人の肖像 788円
    作家 杉本苑子
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2018/09/07

    大正6年に起こった伯爵夫人の心中事件。新聞記者の広瀬は取材を重ねるうちに、華やかな伯爵家の実情を知ることになる――。

  • 秋蘭という女 419円
    作家 杉本苑子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/06/24

    学問の家の神童若江薫子(わかえにおこ)は、紅白粉(べにおしろい)には見向きもしない学者に育ち、攘夷派の浪士たちと悲憤慷慨、新政府に建白書攻勢をかける。時代に逆行する情熱家は危険人物として幽閉され...

  • 風の群像(下) 小説・足利尊氏 720円
    作家 杉本苑子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/06/24

    幕府開府で戻った平穏も束の間、兄弟による二頭政治は綻(ほころ)び始めた。嫡子義詮(よしあきら)を溺愛する尊氏に芽生えた、弟と己れの落し種直冬(ただふゆ)への疑心は、足利一門の骨肉食む内乱を生んだ...

  • 悲劇の風雲児 461円
    作家 杉本苑子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/06/24

    木曽の山谷が育てた天性の武人、義仲の31年の生涯。源家の御曹司として平家打倒の兵を挙げ京へ乱入、敗れた平氏は都を捨てる。義仲の権勢の日が始まったが、武力は憚(はば)かられても野人ぶりはからかわれ...

  • 滝沢馬琴(上) 483円
    作家 杉本苑子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/06/24

    滝沢馬琴の苛酷な生を描く吉川英治文学賞受賞作。「南総里見八犬伝」「椿説弓張月」等で名声を得た馬琴は、保守的で狷介な性格のため人と衝突することも多く、苦しい家計と病弱な家族の煩労も、一身に負っていた。

  • 虚空を風が吹く 399円
    作家 杉本苑子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/06/24

    江戸、芝居町の雀はおもしろ尽に囁きあった。「妾のたたりだぜ。きっと」......おたふく半四郎、目千両と人気の女形(おやま)四世岩井半四郎の怪死に始まる、大和屋を次々襲う、おぞましくも奇怪な事件...

中公文庫関連作品

  • 金メダル男 626円
    作家 内村光良
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/03/01

    あらゆる一等賞を目指し続ける男・泉一。何度失敗しても立ち上がる一途な半生を、昭和平成の時代風景と重ね合わせながら描く痛快エンターテインメント。

  • 特捜検事 新編集版 (1~2巻) 950円
    作家 三好徹
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/02/28

    一般市民からの告訴や告発を受け付ける東京地検特捜部の直告係から、今日も立花検事に事件が回ってくる。

  • 青と白と 713円
    作家 穂高明
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/02/28

    30代後半の悠子は、アルバイトをしながら空き時間に原稿を書く駆け出しの作家。仙台を出て東京で一人暮らしを続けるが、ぎりぎりの生活を送る。そんな彼女の日常は、震災を境に激変した。「私は、なぜこんな...

  • バビロンの秘文字 (1~2巻) 950円
    作家 堂場瞬一
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/02/28

    恋人の里香に会いにストックホルムを訪れたカメラマン・鷹見。その眼前で、彼女の勤務先である国際言語研究所が爆破された。現場から姿を消した里香は、未解読の粘土板“バビロン文書”を持ち出していた。行方...

  • ケルトの歴史と文化 (1~2巻) 1404円
    作家 木村正俊
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/02/28

    欧州各地に広く痕跡を残し、ギリシア・ローマとは異なる、生命的で自然的な要素を持つケルト文化。比較文化的視点を加えてその本質を捉え、併せてケルト民族の雄大な歴史を描いた長篇。全二巻。

  • レギオニス 信長の天運 713円
    作家 仁木英之
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/02/28

    尾張を半ば手中にした織田信長は、西に境を接する美濃・斎藤義龍との決戦に備えつつあった。戦意高まる家中にあって、柴田権六勝家は微妙な立場にいた。信長と敵対する弟の傅役だったため信用されず、主戦から...