読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

消滅の光輪 下 《司政官》シリーズ

消滅の光輪 下 《司政官》シリーズ
電子書籍版
価格 880円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 504
販売開始日 2012/10/01
紙書籍版 取り扱い中

司政官マセは、ラクザーンの太陽が新星化することをメディアに公表し、緊急指揮権を確立する。だが計画の遂行は困難をきわめた。名簿の作成にはじまり、移住先を決定する住民投票、脱出のための宇宙船運行の手配、待避に充てる人頭税の徴収。しかも計画が進むにともない、住民たちの反撥も高まっていった。それはついに大規模な暴動となってマセに襲いかかったのだ――。さらに悩ましいことに、先住者たちは奇妙にも、誰ひとりとして退避勧告に従おうとしない。空前の計画は、いかにして完遂されるのか?<

シリーズ作品

  • 消滅の光輪 上 《司政官》シリーズ 眉村卓/著 880円(税込) 8ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/10/01

    滅亡する植民惑星から全ての住民を退避させよ。空前の使命を与えられた新任司政官の苦難。泉鏡花文学賞・星雲賞受賞作。

    試し読み 試し読み

眉村卓関連作品

  • その果てを知らず 1320円
    作家 眉村卓
    出版社 講談社
    販売開始日 2020/10/21

    日本SF第一世代として活躍した眉村卓が晩年の病床で書き継いでいた遺作。SF黎明期に起こったこと、そして未来はどうなるのか――

  • かれらの中の海 330円
    作家 眉村卓
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/04/03

    苛酷な生存競争に疲れ死を決意して沖へ向った青年を救い、訓練の後、再び地上へ送り返したが...。SFで物質文明を断罪する警告の書。

  • 魔性の町(駅と、その町) 330円
    作家 眉村卓
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/01/10

    駅とその町の名前は、立身という。ありふれた郊外の町だが、<魔性>が棲むという伝説があった...。異次元オムニバス・ミステリー!

  • ぬばたまの... 330円
    作家 眉村卓
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/20

    晩秋の遊園地でふと迷い込んだ不気味な「ぬばたま」の世界...この世界は何を意味するのか? 突如現れる主人公の分身は何者なのか?

  • ショートショート ぼくの砂時計 330円
    作家 眉村卓
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/20

    時が奇妙にたゆとう灰色の世界を、砂時計のなかで落ちつづける砂を見つめるような眼差しで、さりげなく、しかし残酷に描く、名作集。

  • 不器用な戦士たち 330円
    作家 眉村卓
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/20

    誰でもいつか味わう奇妙な体験、悲哀、現状不満、異能力へのあこがれ等々に潜む人生の真実・秘密を心にくい筆致で描く傑作・快作集。

創元SF文庫関連作品

「日本」カテゴリ