読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

食後のライスは大盛りで

食後のライスは大盛りで
電子書籍版
価格 480円(税込)
ポイント還元 4ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 254
販売開始日 2012/11/09
ファイル形式 XMDF

いつでも、どこでも、笑いが必要な方、もしくはそれほどでもない方、とにかくみなさまに薦めたし。“オムライス歴訪の旅十日間ぐらいコース・都内名店三店ぐらいめぐり”、うわさの8センチシークレットブーツをあばくツーハン的快楽の希求、居酒屋料理の英語化実践、下駄文化への熱きアイジョウ、熱海へ行って正しい「温泉旅行道」を究める......。激動の世の中に疲れてしまった大衆諸君にやすらぎを与える唯一の書。このタイトルの意味については、深く考え込まないでください。

東海林さだお関連作品

文春文庫関連作品

  • 黄昏旅団 851円
    作家
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/04/15

    “他人の人生”を歩く青年・グンが見た驚異の風景。 ありえない世界を歩きぬけ! 極限のロードノベル。 人生の大半を路上で過ごしてきた、ろくでなしの青年・グン。 妻・娘ともに施設に入所した檜山優作...

  • 食べる私 800円
    作家 平松洋子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/04/10

    食について語れば、人物の核心が見えてくる。樹木希林、ギャル曽根、宇能鴻一郎に堀江貴文らが語る、豊穣なる食べ物の話には、人生も文化も家族もある。小説のような対話集。 「おいしいものは無駄」(デー...

  • 眠れない凶四郎(二) 耳袋秘帖 680円
    作家 風野真知雄
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/04/10

    妻を殺された土久呂凶四郎は、不眠症に悩まされながらも夜専門の同心として夜な夜な町を巡回する。 除夜の鐘が鳴る大晦日の日もまた、江戸を探索していた。 ゴーンと鳴った鐘の音にしばし聞き惚れた土久呂だ...

  • 新・秋山久蔵御用控 (1~4巻) 751円
    作家 藤井邦夫
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/04/10

    “剃刀”の異名を持つ南町奉行所吟味方与力・秋山久蔵。長男・大助を従えて許せぬ悪に立ち向かう。大人気シリーズ、待望の第二幕スタート! 南町奉行所吟味方与力の“剃刀”こと秋山久蔵。前作から約10年...

  • 探検家の事情 741円
    作家 角幡唯介
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/04/10

    『極夜行』で第1回 Yahoo!×本屋大賞 ノンフィクション本大賞&大佛次郎賞のW受賞! いまもっとも注目される熱い探検家の素顔は... 「じつは私、こんなにイケナイ人間なのです」 「先日、不...

  • 小林カツ代伝 私が死んでもレシピは残る 751円
    作家 中原一歩
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/04/10

    伝説の「肉じゃが」「わが道をゆくワンタン」「黒豆」......没後5年を経た今も愛され、つくり続けられるのはなぜか。戦後を代表する料理研究家・小林カツ代。「家庭料理のカリスマ」と称された天性の舌...

「エッセイ・雑学」カテゴリ