読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

遠い国からの殺人者

遠い国からの殺人者
電子書籍版
価格 479円(税込)
ポイント還元 4ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 352
販売開始日 2012/11/09

「男の人が倒れている」110番通報の女の声には妙ななまりがあった‐‐。マンションで死んでいたのは大学を中退した無職の若い男。姿をくらましたのは同居していた外国人ストリップ・ダンサー。彼女の身に一体何が起こったのか。彼女はなぜ真の素性を偽らなければならなかったのか。「じゃぱゆきさん」と呼ばれた外国人女性たち、経済大国ニッポンの底辺に生きる彼女たちの姿が、法廷での関係者の供述から次第に明らかにされていく。感動の直木賞受賞作品。

笹倉明関連作品

  • 女たちの海峡 660円
    作家 笹倉明
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/11/13

    父親の住所を記す謎の手紙に導かれ失踪した父親をさがしに韓国に渡った主人公が知る残酷な人生の跡。日本・朝鮮の歴史の暗部を抉る。

  • 悲郷 660円
    作家 笹倉明
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/10/30

    イングランドの農村で働く中で様々な国籍の季節労働者と親しくなりインドネシア育ちの中国人女性と愛を育てる日本を脱出した大学生。

  • 賢者の占術―殺しの相性 550円
    作家 笹倉明
    出版社 パブリッシングリンク
    レーベル Timebook Town
    販売開始日 2015/04/03

    殺人事件を巡る複雑な人間関係を〈賢者の占術〉があぶりだし、犯人逮捕の手がかりに!? 直木賞作家による異色の占いミステリー。

  • 漂流裁判 469円
    作家 笹倉明
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2012/11/09

    レイプを主張する女、否定する男...手に汗握る法廷での攻防。男女の密室の“真実”に迫りきれるか? 傑作法廷小説

文春文庫関連作品

  • 新着!
    やわらかな足で人魚は 850円
    作家 香月夕花
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/03/09

    一体どうしたら自分は人間になれるのだろう。 当たり前に愛される人間の子供に。 タワマンを舞台に電話詐欺の嘘によって結びつく偽物の母と息子。 “前科”のある中学教師と孤独な少女。 悲しみを抱えた...

  • 新着!
    ウチの娘は、彼氏が出来ない!! 1001円
    作家 北川悦吏子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/03/09

    私だって恋してみたい。と娘(二十歳)は思っていた。 でも、漫画は次々に新刊が出るし、コミケに向けてコスプレの準備もしなきゃだし。 オタクの私はそれでも結構忙しいのだ。 なんていうか、“ご縁”もな...

  • 新着!
    眠れない凶四郎(五) 耳袋秘帖 711円
    作家 風野真知雄
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/03/09

    狂人が描いた絵を見る夜半過ぎ 不眠症が続く凶四郎の身辺に幽霊が出没する。 妻殺しの一件が解決した後も、未だ不眠症の癒えない南町の土久呂凶四郎は、 奉行の根岸の計らいで夜専門の見回りを続けること...

  • 新着!
    オクトーバー・リスト 1001円
    作家 ジェフリー・ディーヴァー 土屋晃
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/03/09

    ドンデン返しの魔術師が技巧のかぎりを凝らした 前人未踏&驚愕連続の “逆行” ミステリー! 本書は最終章ではじまり、第1章へとさかのぼる。 娘を誘拐され、秘密のリストの引き渡しを要求された女...

  • 新着!
    ガラスの城壁 791円
    作家 神永学
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/03/09

    友との誓いを胸に、少年はいま立ちあがる。 父がネット犯罪に巻き込まれて逮捕された。真犯人を捕まえるため、悠馬は友人の暁斗と調べ始めるが――。真相にたどり着けるのか!? ※この電子書籍は2019...

  • 新着!
    そして、すべては迷宮へ 950円
    作家 中野京子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/03/09

    「怖い絵」シリーズなどで絵画鑑賞に新たな歓びを提示してきた著者による、 知的ユーモアにあふれ、ときにスリリングなエッセイ集。 『怖い絵』や『名画の謎』シリーズで絵画鑑賞に新たな視点を提示した著...

「日本」カテゴリ