読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

疑獄 小説・帝人事件

疑獄 小説・帝人事件
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1234円(税込)
ポイント還元 12ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2013/03/08
紙書籍版 取り扱い中

物故したスイスの富豪の金庫から戦前の帝人株が出て来た。ファンドマネージャーの「私」はこの株の由来を調査することになるが、それは戦前日本の暗部へと繋がっていた。

扶桑社BOOKS関連作品

扶桑社関連作品

「経済・社会小説」カテゴリ

  • 新着!
    ナースゆつきの怪奇な日常 1080円
    作家 ゆつき
    出版社 飛鳥新社
    販売開始日 2019/09/13

    ナースだけが知っている病院の話をしましょうか...... 怖イイ話(怖い×いい話)、そろってます! 現役ナースが体験した実在のエピソードを漫画化。

  • 翼、ふたたび 1280円
    作家 江上剛
    出版社 PHP研究所
    販売開始日 2019/09/11

    破綻した大手航空会社。社員の意識を変えることで再生し、先の震災を乗り越えるまでのドラマを描く感動のノンフィクション・ノベル。

  • 怪談和尚の京都怪奇譚 650円
    作家 三木大雲
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/09/06

    京都の怪談名人の、ぜんぶホントの怖~い話 死者からの電話、人形の怨念、線路にしゃがむ老婆......。 京都の古刹・蓮久寺の住職が相談を受け体験した、怖くて、ホントで、不思議な実話の数々!

  • 廃屋の幽霊<新装版> 540円
    作家 福澤徹三
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/08/30

    じめじめと降りしきる長雨、闇にすだく虫の声、おかっぱ頭の市松人形‐‐四季の移ろいを背景に、日本人だからこそ感じる恐怖や夢と現実のあわいを描く七つの短篇。これぞホラージャパネスク、これぞ怪談文芸の神髄!

  • 恐怖箱 夜泣怪談 702円
    作家 内藤駆
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/08/29

    内容紹介 「雨さんって呼んでいるの」 家族が死んだ日から物置部屋に現れた灰色の人。 その部屋から見える景色はいつも雨で......(「雨」収録) 摩訶不思議な現実。奇想天外な恐怖。 とにかく...

  • 都会の怖イ噂 702円
    作家 エブリスタ
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/08/29

    内容紹介 ●内容 一回五万の裏バイト ライバル店をつぶす盛り塩の呪法 コインランドリーに潜む魔物 リサイクル家電の罠 ......あなたの何気ない行動から、地獄は始まる...。街と人の心の闇が...

  • 実録都市伝説~社怪ノ奇録 702円
    作家 鈴木呂亜 黒木あるじ
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/08/29

    内容紹介 チョコレート工場のタンクに落ちた女性――巨大な刃に刻まれて足の先しか見つからない (「あなたの死因はあまりにも」収録) 鈴木呂亜、衝撃の都市伝説シリーズ第3弾! 不思議で奇怪な事...

  • 琉球奇譚 ベーベークーの呪い 702円
    作家 小原猛
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/08/29

    内容紹介 「お前の命が食べたい」男が作った最凶の呪物とは――(「ベーベークーの呪い」収録) 体験者から徹底取材! 沖縄の実話怪談! ハイサイ!沖縄在住の小原猛が綴る人気シリーズ第3弾!隣の...

  • 京都怪談 神隠し 702円
    作家 田辺青蛙
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/08/20

    内容紹介 「近づくのは、よくない」友人が語る京都最恐の場所とは――(花房観音「楽園」収録) 令和の古都に積み重なる怪異を5人の作家が綴る! 京都に所縁のある作家たちが書き下ろす〈京都〉が舞台...

  • 新着!
    Voice (19~79巻) 600円780円
    作家 Voice編集部
    出版社 PHP研究所
    レーベル Voice
    販売開始日 2019/09/13

    安倍総理が進める「アベノミクス」の影響で円安・株高が定着。週刊誌には「安倍バブル」の言葉が躍る。日本経済はこれからどう動くのか。財政再建は大丈夫か、物価目標2%の導入で金利は上昇しないか。先行き...

  • 曇天の店【文春e-Books】 201円
    作家 恩田陸
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-Books
    販売開始日 2019/08/09

    『蜜蜂と遠雷』の作家・恩田陸のホラー短編を電子書籍で配信! 出張中に立ち寄った評判のいい料理屋。 若い店主いわく、この地域には「勝手口を開けっ放しにしてはいけない」という迷信があるらしく......

  • 昭和94年の横丁【文春e-Books】 201円
    作家 恩田陸
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-Books
    販売開始日 2019/08/09

    『蜜蜂と遠雷』の作家・恩田陸のホラー短編を電子書籍で配信! 友人2人と入った老舗居酒屋。 ふと壁にかかった日めくりカレンダーを見ると、そこには「昭和94年」と印刷されていた......。 写...