読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

紀氏は大王だった : 消された邪馬台国東遷と紀氏東征

紀氏は大王だった : 消された邪馬台国東遷と紀氏東征
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1320円(税込)
ポイント還元 13ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 146
販売開始日 2013/11/08
紙書籍版 取り扱い中

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

紀氏が大王だったと考えなければ理解できない古代史の謎。わが国の歴史書から不都合な「部分」として紀氏の事績が削除され、紀伊の地位も正当な評価を得ていないことに憤りを感じる著者が渾身の力で書きおろした問題の書。

日根輝己関連作品

燃焼社関連作品

  • 霊異記のお話 770円
    作家 日野紘美
    出版社 燃焼社
    販売開始日 2013/11/08

    むかしむかし、こんな不思議なお話が...。平安時代の初期に、奈良薬師寺の僧・景戒がまとめた、わが国最古の仏教説話集「日本霊異記」。その中から十話をここにとり出しました。

  • 初めて学ぶ人のためのSI単位の基礎知識 1210円
    作家 北大路剛
    出版社 燃焼社
    販売開始日 2013/11/08

    計量法が改正され『SI単位(国際単位)』の意義が決定した。しかし、急に「パスカル」や「ニュートン」といわれても理解できないことが多い。そこで国際化の時代にそなえて、SI単位とは何か、そしてその導...

  • 『日本書紀』とその世界 1540円
    作家 荊木美行
    出版社 燃焼社
    販売開始日 2013/11/08

    本書は、『日本書紀』をとりまくいろいろな問題を、トピック的に取り上げながら、古代史の世界をながめてみようとこころみたものである。

  • システム工学基礎講座 2310円
    作家 松永省吾
    出版社 燃焼社
    販売開始日 2013/11/08

    『システム工学』の理論に関する書は多く見られるが、実務的な内容のものは少ない。本書においては『システム工学ではどのような問題が解けるであろうか―』ということを例題によって解説している。本書によっ...

  • 書籍と印刷の話 : 活字文化は滅びない 1760円
    作家 田中薫
    出版社 燃焼社
    販売開始日 2013/11/08

    書籍印刷における活字の変遷。活版からDTPまで。いま、デジタルメディアの時代となって、本をめぐる文化が大きな曲がり角を迎えている...。はたして本の行方は今後どのようになるのだろうか。

  • 英語の構造と背景 1320円
    作家 大槻博 平嶋順子 山本伸也
    出版社 燃焼社
    販売開始日 2013/11/08

    私たちは中学校から英語を学び、英語の発音、文法、語彙などについてさまざまな要素を記憶し、そのために英語の現象面を見ることが多い。本書はその現象面を説明すると同時に、その背景となっている事象を説明...

「古代」カテゴリ

  • 日本神話の「謎」を歩く 1628円
    作家 藤井勝彦
    出版社 天夢人
    販売開始日 2020/02/07

    豊富な撮り下ろし写真と平易な紀行文で、記紀神話の世界を楽しく俯瞰。 「神話のふるさと歩き」のガイドブックとしても使える!

  • 古代の謎・二十の仮説 (1~2巻) 1153円
    作家 衣川真澄
    出版社 パレード
    販売開始日 2019/12/16

    著者は、ある史観に立って第三者的に歴史を解釈すべきではない。歴史の当事者と同じ位置にあって、人の営みの歴史として捉え、学べる生きた歴史を提供したいという立場に立っています。 他方で、これまでの日...

  • 雑学3分間ビジュアル図解シリーズ 「古代史」闇に消えた... 1200円
    作家 関裕二
    出版社 PHP研究所
    販売開始日 2019/11/22

    日本建国に隠された謎から「古代史最大の悪人」蘇我氏の知られざる正体まで、あなたが知らない古代史の裏面を鮮やかに描き出す!

  • 藤原氏の悪行 1265円
    作家 関裕二
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/17

    「藤原氏はどうやって日本を乗っ取ったのか!?」 平安時代から近代まで続いた藤原氏と天皇家のただならぬ関係を読み解く。

  • 遷都1300年 人物で読む 平城京の歴史[奈良の都を彩... 1320円
    作家 河合敦
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/14

    平城京をつくったフィクサー藤原不比等。国際派エリート阿倍仲麻呂。現代とも通じる激動の時代を生きた人びとからみる歴史読み物。

  • 奴国王卑弥呼 1100円
    作家 山田勝
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2019/04/12

    卑弥呼はどこからやって来たのか! 『三国志』の「魏志倭人伝」の語りの主役はなぜ卑弥呼なのか? 邪馬台国の女王として知られる卑弥呼の本当の姿とは? 『三国志』に残されたメッセージをたぐり寄せ、...

  • 超ビジュアル図解 古事記 880円
    作家 加唐亜紀
    出版社 西東社
    販売開始日 2019/02/20

    ★★厳選30テーマを、絵画・CG・写真を使って再現しました。★★ 『古事記』は、天皇家の歴史が記される日本の現存最古の散文文芸作品といっても過言ではありません。 『古事記』がよくわかる必携の一冊...

  • 邪馬台国 古代日本誕生の謎 2090円
    作家 藤井勝彦
    出版社 新紀元社
    販売開始日 2018/10/05

    古代日本の謎、邪馬台国。これまでに唱えられたさまざまな説とともにその手がかりとなる「魏志倭人伝」の読み下し、原文を完全掲載。

  • 図解 陰陽師 1430円
    作家 高平鳴海 福地貴子
    出版社 新紀元社
    販売開始日 2017/11/17

    ★天を占い、鬼を祓う 陰陽師はゲームや小説の登場人物としてすっかり定着し、今や和製魔術師の代表格として語られています。しかし、実際の陰陽師とはどのような存在だったのでしょうか?本書では、彼らの行...

  • 天照大神は卑弥呼だった 1304円
    作家 大平裕
    出版社 PHP研究所
    販売開始日 2017/09/08

    卑弥呼は天照大神であり、天孫降臨は邪馬台国(やまと国)の九州南部(熊襲)平定譚であった。邪馬台国北九州説は完全に崩壊する。

  • 聖徳太子 本当は何がすごいのか 1650円
    作家 田中英道
    出版社 扶桑社
    レーベル 扶桑社BOOKS
    販売開始日 2017/07/18

    やっぱり聖徳太子は実在した! なぜ、「厩戸王」としてはいけないのか。決定的証拠で「不在説」を粉砕!

  • マンガ 面白いほどよくわかる!古事記 1188円
    作家 かみゆ歴史編集部
    出版社 西東社
    販売開始日 2017/05/10

    ★★マンガで紐解く「この国」の原点!★★ 話しの流れがわかりにくい『古事記』をほぼ全編マンガで解説!国の誕生から雄略天皇の即位まで、古事記の流れと要点がよくわかります。<br>章ごとに関連マップ...