読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

えぞ地の和人とアイヌ 二つの民族の出会い

えぞ地の和人とアイヌ 二つの民族の出会い
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 704円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 102
販売開始日 2013/11/29
紙書籍版 取り扱い中

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

江戸時代,北海道は「蝦夷地(えぞち)」と呼ばれていました。そのえぞ地に日本人が住む前には,アイヌという,日本人とはまったく生活習慣などの異なる人びとが住んでいました。
和人(当時,日本人はアイヌに対して自分たちのことをこう呼んでいました)は,もともとアイヌの人びとの土地だった北海道に,どのようにして入り,住むようになったのでしょう。
室町・戦国時代から明治維新頃までの,北海道におけるアイヌと日本人の歴史を概観できます。また,いま世界各地で起きている民族の違う人びと同士の争いの問題について考える視点をも与えてくれる1冊です。


★★ もくじ ★★
第1部
江戸時代と蝦夷地=北海道/江戸時代に北海道にいた和人/江戸時代の松前藩/松前藩の領地/江戸時代のアイヌの人口/外様大名と譜代大名/戦国時代の松前家/昆布の話/昆布とニシンの話/江戸時代の商業の中心地=大阪

第2部
北海道に永住した人びと/コシャマインの戦い/和人とアイヌとの休戦/蠣崎季広の和平提案

第3部
アイヌの人たちの食料/日本の外国貿易/〈商い場制度〉と〈場所請け負い制度〉/シャクシャインの戦い/幕末の北海道/アイヌの人口の変化/北海道の人口の増大/余所者の旅行記に見た松前とアイヌ

アイヌと和人の歴史年図/北海道の人口グラフ/あとがき

板倉聖宣関連作品

  • ミクログラフィア図版集 微小世界図説 8800円
    作家 フック,R.(ロバート) 永田英治 板倉聖宣
    出版社 仮説社
    販売開始日 2014/01/17

    17~8世紀に活躍したイギリスの物理学者であり生物学者でもあるロバート・フック。彼は自作の顕微鏡を使って様々なものを観察し,それぞれについて精密なスケッチを残しました。 『ミクログラフィア図版...

  • 虹は七色か六色か 真理と教育の問題を考える 528円
    作家 板倉聖宣
    出版社 仮説社
    レーベル ミニ授業書
    販売開始日 2013/12/27

    日本では「七色の虹」などと言いますが,アメリカでは虹は六色というのが常識になっています。この認識の違いはどのようにして出来てきたのでしょうか。科学論,認識論,教育論に関わってくる内容へと発展して...

  • 原子と原子が出会うとき 触媒のなぞをとく 1760円
    作家 板倉聖宣 湯沢光男
    出版社 仮説社
    レーベル サイエンスシアターシリーズ
    販売開始日 2013/12/27

    本書は、サイエンスシアターシリーズ"原子分子編"の第3巻。この巻では、いよいよ、2つの分子や原子が結びついて新しい分子ができる実験が登場する。「爆発実験」のような派手な実験も出てくる。

  • なぞとき物語 1408円
    作家 板倉聖宣 村上道子
    出版社 仮説社
    販売開始日 2013/12/27

    「新総合読本」は、知らなくてもいいけど知っていると確かに役立つ、視野が広がるーそんな知識を教えてくれる読みものです。本書には「なぞときの面白さ」を扱ったお話が集まりました。お話のくわしい解説もつ...

  • 勝海舟と明治維新 1760円
    作家 板倉聖宣
    出版社 仮説社
    販売開始日 2013/12/27

    江戸時代の末期,浦賀沖に現れたアメリカの黒船の開国要求に揺れる日本。幕府と新勢力の薩摩や長州の対立がさけられない情勢になったとき,「国内が一致して外国に対抗しなくてはいけない大事なときに,内乱な...

  • 原子論の歴史 (1~2巻) 1584円
    作家 板倉聖宣
    出版社 仮説社
    販売開始日 2013/12/27

    古代ギリシアの原子論は"まったく空想的なものに過ぎない"というのは間違いです。それは立派な実験的な根拠をもっていて、アルキメデスなどの古代ギリシアの科学を生み育てていたのです。また原子論は、近代...

ミニ授業書関連作品

「学校・教師」カテゴリ