読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

鞭打ちの文化史

鞭打ちの文化史
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 2200円(税込)
ポイント還元 22ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 216
販売開始日 2013/12/20
紙書籍版 取り扱い中

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

宗教上の懲罰として、性愛技術として、刑罰あるいは拷問としての鞭打ち‐‐古代からルネサンス、近代、そして現代にいたるまで、碩学が多分野にわたる周到な考察と該博な知識を縦横に駆使し、迫力のある文体でたどる異色の文化史。

中田耕治関連作品

青弓社関連作品

  • 博物館の政治学 1760円
    作家 金子淳
    出版社 青弓社
    レーベル 青弓社ライブラリー
    販売開始日 2014/12/19

    1940年代に、皇国史観とナショナリズム、大東亜共栄圏を体現するものとして計画された国史館と大東亜博物館を中心に、権力のモニュメントとしての博物館の本質的な性格を〈科学〉と〈精神〉という対立軸を...

  • 宝塚イズム (1~22巻) 1320円
    作家 榊原和子 薮下哲司 鶴岡英理子
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/12/19

    「愛がある批評」を掲げた宝塚歌劇評論の新シリーズ第1弾。ネット宝塚を考察する特集をはじめ、安蘭けいの魅力を存分に語るスター論、大浦みずきにダンス・歌・芝居を聞くインタビュー、公演評とOG公演評、...

  • 宝塚ゼミ (1~10巻) 1760円
    作家 鶴岡英理子
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/11/14

    ベルリン公演紀行、各組の詳細な劇評に加え、『ハゥ・トゥー・サクシード』『エリザベート』をとりあげて短期集中講座、さらにはOG・寿ひずるへのインタビューなど、愛する宝塚を、語り、論じ、研究するバー...

  • セクソロジー異聞 2200円
    作家 下川耿史
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/08/22

    稚児灌頂、女装マニア、獣皮フェチ、陰部切り、屍姦、サディズムの彼方......。土着的な性愛の態様や、秘戯の変異、性犯罪者たちの蠕動する欲望をえぐり出す渾身の性愛奇譚。性はフェティシズムに始まり...

  • 日本でロックが熱かったころ 1760円
    作家 井上貴子
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/08/22

    輸入物のロックからジャパニーズロックへと反体制の旗印として浸透していく過程、海外アーティストへの熱狂、ライブハウスの誕生、ロック・フェスの定番化、バンドブーム、ロックが語る言葉など、黎明期の異様...

  • 夢の労働 労働の夢 フランス初期社会主義の経験 2200円
    作家 田崎英明
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/08/08

    労働者たちが、物質的な貧困からの解放だけでなく、文学や芸術をも他者との交通回復に不可欠の手段としたフランス初期社会主義の実験。労働のイメージを変え、自由な協同を訴えたその試みをよみがえらせる、新...

「風習・迷信」カテゴリ

  • 現代山岳信仰曼荼羅 1584円
    作家 藤田庄市
    出版社 天夢人
    販売開始日 2020/12/18

    「祈り」の現場を追い続けるフォト・ジャーナリスト藤田庄市氏が、この20年余り取材し、自ら体感した「修験道」のリアルな姿を活写するフィールドワークの成果。著者渾身のフォト・ ルポルタージュ。「山」...

  • 山の霊力 改訂新版 1320円
    作家 町田宗鳳
    出版社 山と溪谷社
    販売開始日 2020/02/21

    日本人の「いのち」の源は山にある。 縄文以来、この列島の住人は山の霊力を崇め、山に育まれて生きてきた。 大和の神奈備山から山岳信仰の霊場まで、全国の名山・霊山をめぐり、 日本を代表する宗教学者...

  • 異界探訪 1144円
    作家 町田宗凰
    出版社 山と溪谷社
    販売開始日 2020/02/21

    日本を代表する比較宗教学者 町田宗鳳氏が、異界という日本人特有の精神風土や自然と交流することで得る癒し、及び、心を育む効用について、宗教学、比較文明論、生命倫理学をもとに解き明かす。

  • 伏見稲荷の暗号 秦氏の謎 1320円
    作家 関裕二
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/18

    日本各地に三万あるという「お稲荷さん」。なんでこんなにたくさんある? なぜ狐? 伏見稲荷を祀りはじめた渡来人秦氏の謎に迫る。

  • 鷲尾老人コレクション 550円
    作家 週刊現代編集部
    出版社 講談社
    レーベル 講談社 Mook
    販売開始日 2019/07/14

    週刊現代で大反響を巻き起こした企画が早くもムック化。某芸術家が人知れず蒐集してきた明治・大正・昭和の性風俗写真の数々を大公開

  • 巷の神々 (1~2巻) 1601円
    作家 石原慎太郎
    出版社 PHP研究所
    販売開始日 2017/07/14

    戦後から現代の日本精神史の中で、なぜ新興宗教はかくも繁栄を謳歌したのか。30代の石原慎太郎氏が追究した、渾身のルポルタージュ。

  • 伏見稲荷の暗号 秦氏の謎 1320円
    作家 関裕二
    出版社 講談社
    販売開始日 2015/02/11

    伏見稲荷大社と秦氏は、「古代史最後の謎」といっても過言ではない。 伏見稲荷最大の謎は、数が多いことだ。日本各地で祀られ、八幡神と並び、祠の数で他を圧倒している。なぜ伏見稲荷が、これほど広ま...

  • 風俗裏日記 1760円
    作家 落合真司
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    イメージクラブのフロント業務についたノンフィクション・ライターが、世紀末ニホンの性風俗とそこに生きる人たちの赤裸々な実態‐‐男たちを「処理」していく風俗嬢の姿、金の流れ、警察の手入れ‐‐を克明に...

  • ポリセクシュアル・ラヴ ひとつではない愛のかたち 2200円
    作家 石井達朗
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    男性と女性、同性愛と異性愛、女らしさと男らしさ...そのどちらでもなく、どちらでもある境界に息づく愛と性。映像作品を透かして、セクシュアリティの多様な姿をやわらかなまなざしのなかに浮かびあがらせる。

  • 日本の民俗信仰 2530円
    作家 宮本袈裟雄 谷口貢
    出版社 八千代出版
    販売開始日 2013/12/27

    民俗信仰で祀られる神仏は、生活の中に様々なかたちで見出すことができる。それらを考察していくことで、人々が生活の中で何を大切にしてきたのかについて理解を深めていけよう。民俗信仰の主要研究を民俗学の...

  • 盤上遊戯の世界史 3080円
    作家 増川宏一
    出版社 平凡社
    販売開始日 2013/12/13

    陸と海のシルクロードを伝って、盤上遊戯は人から人へと渡っていった。やがて奈良にいたる伝播の経路を検証し、人類の「遊び心」の壮大な歴史を描く。囲碁、将棋、チェス、麻雀...。遊びの来歴をたどる旅。