読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

納税者だけが知らない消費税

納税者だけが知らない消費税
電子書籍版
価格 378円(税込)
ポイント還元 3ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2014/01/10
ファイル形式 epub

政治家・官僚にだまされるな! 消費税の本当の姿、使われ方

1988年に消費税が導入された時の、1997年に5%引き上げられた時の、政府の言い訳、覚えていますか?
消費税を引き上げたのに、なぜ財政は破綻寸前、社会保障も壊滅寸前なのでしょうか?
さらなる消費税引き上げを主張する人たちは、判で押したように、
「少子高齢化社会に向けて、福祉の財源が必要となる」
といった議論を展開します。それは、どこまで本当なのでしょうか?
その一方、
「官僚の無駄遣いをなくせば、消費税を引き上げる必要はない」
という意見もあります。そう言いきれるほど、単純な問題なのでしょうか?

本書では、消費税率の引き上げが喫緊の課題となる今、繰り返される「出たとこ勝負」の財政出動と、「大企業・金持ち優遇」の現在の税制の是非を問います。なぜ消費税増税なのか、を問う緊急提言の書。

●林 信吾(はやし・しんご)
1958年、東京生まれ。神奈川大学中退。1983年より10年間、英国に滞在。この間、ジャーナリストとして活動する傍ら、『地球の歩き方・ロンドン編』の企画と執筆に参加。帰国後はフリーで執筆活動に専念している。
『青山栄次郎伝 EUの礎を築いた男』(角川書店)、『超入門資本論 マルクスという生き方』(新人物往来社文庫)など、著書多数。『反戦軍事学』(朝日新書)、『イギリス型〈豊かさ〉の真実』(講談社現代新書)などは電子版も配信されている。

●葛岡智恭(くずおか・ともやす)
1959年、東京生まれ。法政大学卒業後、出版社勤務を経て独立。雑誌編集、広告制作にたずさわる。林信吾氏との共著には、『大日本「健康」帝国』、『野球型vsサッカー型豊かさへの球技文化論』、『昔、革命的だったお父さんたちへ』、『日本人の選択』、『ネオ階級社会はここから始まった』(いずれも平凡社新書)、『サッカーを知的に愉しむ』(光文社新書)がある。

林信吾関連作品

  • 女王(クィーン)とプリンセスの英国王室史 486円
    作家 林信吾
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2018/01/26

    権力闘争、宗教対立、血縁関係、王位継承権、そしてあの悲劇的な事故まで......英国王室の歴史を凝縮!

  • 英国一〇一話+α 486円
    作家 林信吾
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2016/12/23

    英国社会のうらおもてを101の項目から解説 「キャブとミニ・キャブ」「戸籍がない!」「階層社会と学歴社会」「労働党の話」「英国風ビール」「受験英語」etc。英国在住者向け日本語新聞の編集者とし...

  • 日本国ロンドン村 486円
    作家 林信吾
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2016/12/23

    日本型ムラ社会が国際都市ロンドンで花開いていた!? ロンドンのゴールダーズ・グリーンの一角は日本人が多く住むムラだ。しかも日本よりニッポン的なとっても奇妙なムラなのだ。「クルマも服も上役次第...

  • 英国ありのまま 486円
    作家 林信吾
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2016/12/23

    イギリスの食事から、気候、英語の会話まで、ホントの「英国」を教えます まったく下味をつけずに焼いた肉と、わずかに原型をとどめている茹で野菜......。英国にはないイギリスパン、日本人の英語...

  • ロンドン再発見の旅 486円
    作家 林信吾
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2016/12/23

    住み慣れたはずのロンドンを、今度は「旅行者」の視点でじっくり眺めてみる 十年間暮らしたロンドンに別れを告げてから三年。再び訪れたこの街で、何が変わり、何が変わらなかったのか...。外国の街に...

  • 太平洋大戦争 756円
    作家 林信吾 清谷信一
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2015/03/25

    開戦16年前に書かれた驚異の架空戦記 中国大陸での権益をめぐり、アメリカと対立する日本。両国の水面下では決戦準備が、着々と進められる。 そして一九三一年三月、パナマ運河を航行中の「明石丸」...

葛岡智恭関連作品

「エッセイ・雑学」カテゴリ