読み込み中... loading....
とってもお得なNeowingコイン! 電子書籍サービスの特徴はコチラ

野球型 VS サッカー型 豊かさの球技文化論

野球型 VS サッカー型 豊かさの球技文化論
電子書籍版
価格 486円(税込)
ポイント還元 4ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
販売開始日 2014/01/10
再ダウンロード期間 無期限
ファイル形式 epub

日本の若者が選ぶのは、野球? それともサッカー?

片や企業による興行・広告塔としての日本プロ野球、片や地域に根ざしたありようを模索するJリーグ。いま、日本の観戦スポーツ文化は重大な岐路に立っている。
誰のためのチームか、何のためのスタジアムか。そもそも観戦球技とはどんな役割を果たすべきなのか。問われているのは文化的ヴィジョンの構想力なのである。
「野球型」と「サッカー型」、未来はどちらの先にある?
文化としての球技のありかたを根源的に問う。

第1章 企業スポーツと地域スポーツ
時代に逆行する「YOMIURI」
企業スポーツ盛衰記
高い頂上と広い裾野

第2章 スポーツ世界地図
英連邦と「米連邦」
モントセラトを知っていますか?
「野球」は日本独自のスポーツ

第3章 野球とサッカー、ここが違う
野球=オヤジという図式
野球文化の壁
世界と「戦う」日本サッカー
卜ルシエからジーコヘ
ジーコの失敗
オシム以後

第4章 スラッガーとストライカー
野球は「流出」、サッカーは「進出」
破綻したサッカーバブル
意味のない「ひも付き移籍」

第5章 球団型からクラブ型ヘ
フランチャイズとホームタウン
地方が牽引する「百年構想」
市民のためのスタジアム

第6章 スポーツ文化はこうして根づく
「跡地」から文化発信地へ
YGキャップが消えた意味
中津江村に残った幸福感

●林 信吾(はやし・しんご)
1958年、東京生まれ。神奈川大学中退。1983年より10年間、英国に滞在。この間、ジャーナリストとして活動する傍ら、『地球の歩き方・ロンドン編』の企画と執筆に参加。帰国後はフリーで執筆活動に専念している。『青山栄次郎伝 EUの礎を築いた男』(角川書店)、『超入門資本論 マルクスという生き方』(新人物往来社文庫)、『反戦軍事学』(朝日新書)、『イギリス型〈豊かさ〉の真実』(講談社現代新書)など、著書多数。

●葛岡智恭(くずおか・ともやす)
1959年、東京生まれ。法政大学卒業後、出版社勤務を経て独立。雑誌編集、広告制作にたずさわる。林信吾氏との共著には、『大日本「健康」帝国』、『野球型vsサッカー型豊かさへの球技文化論』、『昔、革命的だったお父さんたちへ』、『日本人の選択』、『ネオ階級社会はここから始まった』(いずれも平凡社新書)、『サッカーを知的に愉しむ』(光文社新書)がある。

葛岡智恭関連作品

  • 378円
    作家
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2014/01/10

    政治家・官僚にだまされるな! 消費税の本当の姿、使われ方 1988年に消費税が導入された時の、1997年に5%引き上げられた時の、政府の言い訳、覚えていますか? 消費税を引き上げたのに、な...

  • 107円
    作家
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2013/12/27

    政党の胎動......敗戦から1950年代の国政を振り返る なぜ、自民党単独政権は三八年もの長きにわたったのか? なぜ、七〇年代の保革伯仲は二大政党制へと結実しなかったのか? それらを左右し...

  • 778円
    作家
    出版社 平凡社
    レーベル 平凡社新書
    販売開始日 2013/12/06

    軍国主義体制がとられていた時代には、兵力確保に、「国のため」に健康であることが求められた。そして今また、禁煙の推進やメタボ検診など、作られた「健康ブーム」に、国民が欺かれている。それは、医療費を...

  • 799円
    作家
    出版社 平凡社
    レーベル 平凡社新書
    販売開始日 2013/12/06

    日本の戦後史のなかで、団塊の世代は大きな役割を演じてきた。六〇年代の政治の季節では理想に燃えて行動し、八〇年代には働き盛りとしてバブルの現場を駆け回り、そしていま、大量定年を迎え高齢化社会を現出...

  • 778円
    作家
    出版社 平凡社
    レーベル 平凡社新書
    販売開始日 2013/12/06

    一九七四年は、日本社会の転換点となるべき年であった。一九七三年のオイルショックを乗りこえ、その翌年、日本経済は世界に先駆けてV字回復を遂げたかに見えた。しかし、高度経済成長の記憶から離れられなか...

林信吾関連作品

  • 486円
    作家
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2016/12/23

    住み慣れたはずのロンドンを、今度は「旅行者」の視点でじっくり眺めてみる 十年間暮らしたロンドンに別れを告げてから三年。再び訪れたこの街で、何が変わり、何が変わらなかったのか...。外国の街に...

  • 486円
    作家
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2016/12/23

    日本型ムラ社会が国際都市ロンドンで花開いていた!? ロンドンのゴールダーズ・グリーンの一角は日本人が多く住むムラだ。しかも日本よりニッポン的なとっても奇妙なムラなのだ。「クルマも服も上役次第...

  • 486円
    作家
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2016/12/23

    イギリスの食事から、気候、英語の会話まで、ホントの「英国」を教えます まったく下味をつけずに焼いた肉と、わずかに原型をとどめている茹で野菜......。英国にはないイギリスパン、日本人の英語...

  • 486円
    作家
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2016/12/23

    英国社会のうらおもてを101の項目から解説 「キャブとミニ・キャブ」「戸籍がない!」「階層社会と学歴社会」「労働党の話」「英国風ビール」「受験英語」etc。英国在住者向け日本語新聞の編集者とし...

  • 756円
    作家
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2015/03/25

    開戦16年前に書かれた驚異の架空戦記 中国大陸での権益をめぐり、アメリカと対立する日本。両国の水面下では決戦準備が、着々と進められる。 そして一九三一年三月、パナマ運河を航行中の「明石丸」...

  • 8100円
    作家
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2015/03/20

    あの大長編・架空戦記シリーズ全18巻がまとめて読める!<BR><BR> 一九一四年(大正三年)七月、オーストリアとセルビアにて戦争が勃発。ほどなく戦火は、ヨーロッパ全土へ広がり、世界大戦へと拡大...

「スポーツ」カテゴリ