読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

でていった

でていった
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。 ダウンロードはこちら
価格 324円(税込)
ポイント還元 3ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 96
販売開始日 2014/01/17

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「でていった」
りゅうの なみだで/かみ あらい
やぎの なみだで/かお あらい
おにの なみだで/あし あらい
おやの なみだで/めし たいて
じぶんの なみだは/ためた まま
みんなに おくられて/でていった

ジュニアポエム関連作品

  • さりさりと雪の降る日 378円
    作家 山本なおこ
    出版社 銀の鈴社
    レーベル ジュニアポエム
    販売開始日 2013/12/20

    夕暮れのことでした。勤め帰りの道で三色すみれに会いました。それは今まで見たどんな三色すみれでもありませんでした。すっと背を伸ばして、まっすぐ夕空をあおいでいました。体のすみずみにまで凛と神経をゆ...

  • かぞえられへん せんぞさん 378円
    作家 冨岡みち
    出版社 銀の鈴社
    レーベル ジュニアポエム
    販売開始日 2013/12/20

    一人っ子だった私の友達は本でした。本は楽しい世界や、美しい世界、不思議の世界へ連れて行ってくれました。子どもは幼児期は親から学び、学校では先生から学び、卒業後は社会から学びます。人は、何人の良い...

  • オカリナを吹く少女 378円
    作家 高瀬美代子
    出版社 銀の鈴社
    レーベル ジュニアポエム
    販売開始日 2013/12/20

    私たちは、毎日、いろいろなことに出会ったとき、喜んだり悲しんだり、また、怒りや苦しみを感じたりしながら生きています。そしていつも、心の中のハードルを越えたり、また、越えようとしています。それは、...

  • しっぽいっぽん 378円
    作家 檜きみこ
    出版社 銀の鈴社
    レーベル ジュニアポエム
    販売開始日 2013/12/20

    ないはずのしっぽがくすぐったい時があります。揺らしてみたい時もあります。調子出ないなと思ったら、しっぽの先が冷たくなりすぎていたり、どこかに落としてきた気がして、ごそごそとさがしている時もありま...

  • きばなコスモスの道 378円
    作家 峰松晶子
    出版社 銀の鈴社
    レーベル ジュニアポエム
    販売開始日 2013/12/20

    詩を書き始めて、子どものころが、なつかしくよみがえる時があります。大人の私の中にも子どもの私がいるのです。自然やまわりのできごとを、子どもの気持ちになってみるとき思いもかけない発見をすることがあ...

  • とうちゃん 378円
    作家 たかはしけいこ
    出版社 銀の鈴社
    レーベル ジュニアポエム
    販売開始日 2013/12/20

    第一詩集『おかあさんの におい』では母を、第二詩集『とうちゃん』では父をテーマとしました。わたしが大切に抱えてきた宝物の荷物を、それぞれの本に収めました。この本を読んで共感していただけたら、うれ...

銀の鈴社関連作品

  • トックントックン大空で大地で 540円
    作家 なんば・みちこ 布下満
    出版社 銀の鈴社
    販売開始日 2016/06/17

    「こどものココロを豊かにし大人のこころもとらえるような童謡集を作り、育てていきませんか。生まれたてのようなまっさらな心と眼で自然やいのちあるものを見つめ、その上に想像力をしっかり加えて表現してみ...

  • だいじな娘を医療ミスで失って 324円
    作家 日野多香子 阿見みどり
    出版社 銀の鈴社
    販売開始日 2016/06/17

    セカンドオピニオン。これを実行し、さらに医療機関を換えるには、大きな決断と、勇気が必要です。 多くの病で悩む人々が、より良い道に進むことを願って、自身では告発できなかった娘に代わり、治療の経緯や...

  • そして 540円
    作家 谷川俊太郎 下田昌克
    出版社 銀の鈴社
    販売開始日 2016/06/17

    [本書まえがきより 抜粋] 詩が読みたくなるとき、詩が書きたくなるとき、私たちは日々の生活で感じている苦しいこと、悲しいことを心の中にためこんでおかないで、言葉で解放しよう、言葉で美しいもの、楽...

  • 夏の日 972円
    作家 白鳥博康
    出版社 銀の鈴社
    販売開始日 2016/04/01

    「うつくしいものが しりたいの」水平服の少女が言いました。 地中海の光と風を感じる8つの小さな物語。

  • クリスマスの夜に 486円
    作家 西川律子
    出版社 銀の鈴社
    販売開始日 2016/04/01

    クリスマスを待ちわびる子どもとの「そいねのお話」にぴったりの絵本! お話をたどったり、画の世界で遊んだり。 感性を育む素敵な絵本です。

  • あんパンとアメリカ 810円
    作家 榊原明子
    出版社 銀の鈴社
    販売開始日 2016/04/01

    ▼序文 この本の著者・榊原明子さんは、私が講師を務める「戸塚有隣堂カルチャーセンター 文章教室」の受講者さんでもあります。 月に一度の講座に、榊原さんは、毎月2~3作のエッセイ作品を自主的に...

「詩・短歌・俳句」カテゴリ