読み込み中... loading....
とってもお得なNeowingコイン! 電子書籍サービスの特徴はコチラ

おいらくの人生

おいらくの人生
電子書籍版
価格 324円(税込)
ポイント還元 3ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2014/04/18
ファイル形式 epub

老いて益々夢を、その気持ちを大切に「何をするのかではなく、どのように生きるか!」その半生を放送記者として生きた著者が、退職後の自らを省みて、「おいらく」をどう生きるかを考察したエッセイ。近年取り沙汰されている高齢のストーカーの話や老人ホームでの恋愛の逸話など、現代世相を鋭く描く。

宮田達夫関連作品

  • 昭和かわら版 864円
    作家 宮田達夫
    出版社 創芸出版
    販売開始日 2014/09/26

    MBS元放送記者が、現役時代に取材を通じて目撃した事件・事故・世相・風物・芸能など、さまざまな事実を検証・考察し、バブル全盛期の昭和の時代を歯に衣着せぬ独自の筆致であざやかに描くノンフィクション。

  • 夢のアイランドは向う側 864円
    作家 宮田達夫
    出版社 創芸出版
    販売開始日 2014/07/18

    ベルバラ全盛時代の宝塚歌劇団。あの時あのスターは、こんな事を考えていた。元放送記者である筆者が番組取材を通して目撃したエピソード満載。

  • 五線紙の街 756円
    作家 宮田達夫
    出版社 創芸出版
    販売開始日 2014/05/30

    ハイカラ神戸といわれた全盛期に神戸文化の渦を巻き上げていた飲んで語り合う集団「バーボンクラブ」。おしゃれな街を舞台にした、まさしく青春グラフティ。

  • 生きる・不良少女風典子の場合 324円
    作家 宮田達夫
    出版社 創芸出版
    販売開始日 2014/02/14

    不良少女風の典子が初老の夫婦との交流を通じて、怠惰な生活から抜け出し、自らの力で生きて行く術を身につけてゆく姿。元毎日放送記者である筆者が取材に基づいて描いた現代世相を描いた問題作。

創芸出版関連作品

  • アリエル 540円
    作家 近藤茂寛
    出版社 創芸出版
    販売開始日 2017/04/14

    怒りの日シリーズ完結編。関東平野からすべての生命が失われた。その時、惠摩は上空から何もない闇を見下ろしていた。

  • 学校は校長で変わる 864円
    作家 江口宗茂
    出版社 創芸出版
    販売開始日 2017/04/14

    学習塾の先生が私学の校長を任された。そのマネジメントで、学校は大きく変わった。

  • 長崎喧嘩録 1296円
    作家 江口功一郎
    出版社 創芸出版
    販売開始日 2014/11/28

    赤穂浪士の吉良邸討入に先立つ元禄十三年十二月十九日、深堀義士が長崎の高木彦右衛門邸へ討ち入った「深堀騒動」。その顛末と「義のこころ」をあざやかに描く。

  • コボルト 540円
    作家 近藤茂寛
    出版社 創芸出版
    販売開始日 2014/11/28

    日常に疲れ切った中年の主婦、摩耶に忍び寄る黒い誘惑。陰湿な悪と出会った摩耶に、再び神秘の力を発揮する機会が訪れる。善悪を超越したヒロインの活躍を描く連作サスペンス第三弾。

  • 郷愁の海‐南方定点 324円
    作家 近藤精一郎
    出版社 創芸出版
    販売開始日 2014/11/28

    島国日本の気象観測網の不備を補い、気象予報の的確性のため設定された一孤点、南方定点。海と空と水平線が視界のすべてである洋上での厳しい気象観測の業務を克明に描く。

  • 虚像の軍師真田幸村 1296円
    作家 近藤精一郎
    出版社 創芸出版
    販売開始日 2014/11/28

    柔和な人柄とはうらはらに、戦場では目ざましい戦いぶりを見せた真田幸村。大阪夏の陣で家康を窮地に追い詰めた幸村の軍略と想像し難い不可解な人物像を独自の筆致で描く。

「エッセイ・雑学」カテゴリ

  • 新着!
    余話として 500円
    作家 司馬遼太郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2017/07/26

    アメリカの剣客、策士と暗号、武士と言葉、幻術、ある会津人のこと、太平記とその影響、日本的権力についてなど、歴史小説の大家・司馬遼太郎ががおりにふれて披露した興味深い、歴史こぼれ話を収録。「無駄ば...

  • 新着!
    以下、無用のことながら 800円
    作家 司馬遼太郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2017/07/26

    「新春漫語」「綿菓子」「古本の街のいまむかし」「学生時代の私の読書」といった身辺雑記から「自作発見『竜馬がゆく』」「『翔ぶが如く』について」自作について、「文化と文明について」「日韓断想」「バス...

  • 新着!
    歴史と風土 600円
    作家 司馬遼太郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2017/07/26

    司馬遼太郎という作家の大いなる魅力のひとつに、その話術の妙がある。歴史に対する深い造詣から紡ぎ出される数々の興趣つきない逸話は人の心を捉えて離さない。全集第一期の月報のために語り下ろしたものと、...

  • 新着!
    お母ちゃんとの約束 907円
    作家 望月泉
    出版社 ペンコム(インプレス)
    販売開始日 2017/07/25

    「八十歳のいっちゃんが、今、ようやく重い口を開きこどもたちに語る七十年前の壮絶な戦争・引き揚げ体験」敗戦とともに、満州で日本人が体験した壮絶な辛苦。ようやく引き揚げが始まった引き揚げ者の中に、1...

  • 新着!
    EARTH GYPSY(あーす・じぷしー)-はじまりの物語- 1382円
    作家 あーす・じぷしーNaho&Maho
    出版社 TOブックス
    販売開始日 2017/07/25

    ワクワクして生きていいっていったらどうする? ★口コミで絶賛・7刷の大人気エッセイが、加筆されてパワーアップ!!

  • 百寺巡礼 第十巻 四国・九州 607円
    作家 五木寛之
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/07/21

    大和奈良から始まり、そして百寺を訪ねる旅は、いま、四国九州で完結する。お遍路の寺を巡り、未知の仏像の魅力を満喫する旅。ここにはたくさんの人の思い、願い、希望がある。百の寺々の姿が、脳裏に浮かんで...

  • 百寺巡礼 第九巻 京都2 607円
    作家 五木寛之
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/07/21

    伝統の中に新しい時代を、賑いの中に信仰を、観光客の群れ集う片隅に静寂を――再び訪ねた京洛で、歴史絵巻を見るような感動にひたる。大原の三千院、念仏の故郷・知恩院、専修念仏の修行道場・法然院。紅葉鮮...

  • 百寺巡礼 第五巻 関東・信州 607円
    作家 五木寛之
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/07/21

    喧噪の巷から一歩入った境内には、大きな空が広がる。江戸の賑わいをいまに伝える浅草寺。漁師の篤い信仰が支えた築地本願寺。寅さんへの憧憬を込めて眺める柴又帝釈天。鎌倉武士たちの孤独を癒した建長寺や円...

  • 百寺巡礼 第六巻 関西 607円
    作家 五木寛之
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/07/21

    俗世を離れた山中の寺、人とともに生きる市井の寺。すべてが融け込む西国の旅へ。ここには聖なる高野山があり、「黄泉の国」と呼ばれる熊野がある。1400年の時を超え、庶民に愛される四天王寺がある――。...

  • 百寺巡礼 第一巻 奈良 607円
    作家 五木寛之
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/07/21

    古寺、名刹のある場所には、不思議なエネルギーがある。それを体で感じ、新しい命を悠久の歴史に思う。第1巻は古の都、奈良。小雪の舞う室生寺、聖徳太子の強く深い想いが込められた法隆寺、優しさをいまに伝...

  • 百寺巡礼 第八巻 山陰・山陽 607円
    作家 五木寛之
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/07/21

    日本海と瀬戸内海に囲まれたこの地は、多くの文化を受け入れてきた。中国の黄檗宗の面影を感じる東光寺。天下随一の奇観、三佛寺投入堂。『暗夜行路』の舞台・大山寺と森鴎外の眠る永明寺。凛然と聳える瑠璃光...

  • 百寺巡礼 第四巻 滋賀・東海 607円
    作家 五木寛之
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/07/21

    豊かな水をたたえる琵琶湖に抱かれた近江国へ。三井寺の霊験あらたかな泉や、永保寺を囲む奇岩巨石。名刹、延暦寺を深い霧で包み込む深山幽谷。 石山寺では蓮如と母の哀切な物語に出会い、百済寺では亡き故郷...