読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

二度寝で番茶

二度寝で番茶
電子書籍版
価格 540円(税込)
ポイント還元 5ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2014/05/09
紙書籍版 取り扱い中

向田邦子賞を受賞した「すいか」をはじめ、「野ブタ。をプロデュース」「Q10」などの伝説的ドラマを生みだした夫婦脚本家・木皿泉。二人が家族、愛、自由、幸せ、孤独、個性、笑い、お金、創作、生きること死ぬこと...などについて縦横無尽に語りあう。思わず胸を衝かれる言葉が随所にちりばめられた、珠玉のエッセイ集。

木皿泉関連作品

  • Q10 1・2合本版 1620円
    作家 木皿泉
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2019/03/22

    「僕が恋した転校生はロボットだった。」平凡な高校3年生・深井平太は、ある日、女の子の形をしたロボット・Q10(キュート)と出会う。転校生としてやってきた彼女が人間ではないことを秘密にしたまま、平...

  • Q10 (1~2巻) 864円
    作家 木皿泉
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2019/03/22

    平凡な高校3年生・深井平太はある日、女の子のロボット・Q10と出会う。彼女の正体を秘密にしたまま二人の学校生活が始まるが......人間とロボットとの恋は叶うのか?

  • 木皿食堂 : 3 お布団はタイムマシーン 1210円
    作家 木皿泉
    出版社 双葉社
    販売開始日 2018/09/04

    シリーズ三作目は、エッセイを大ボリュームでお届けします! 著者の地元紙・神戸新聞や、日経新聞で好評を博した連載を中心に、絶品エッセイを余すことなく収録。お互いにファンであることから実現した芥川賞...

  • さざなみのよる 1512円
    作家 木皿泉
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2018/04/20

    小国ナスミ、享年43歳。息をひきとった瞬間から、その死は湖に落ちた雫の波紋のように、家族や友人、知人へと広がっていく。命のまばゆいきらめきを描く著者5年ぶりの感動と祝福の物語!

  • さざなみのよる 特別ためし読み版 0円
    作家 木皿泉
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2018/04/20

    『昨夜のカレー、明日のパン』から5年、木皿泉、小説第2作! 命のまばゆいきらめきを描いた、感動と祝福の物語。 山崎ナオコーラさん「書評」収録。 「おためし版」では、第5話をお楽しみいただけます。

  • ON THE WAY COMEDY 道草 (1~4巻) 713円
    作家 木皿泉
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2016/07/01

    恋人、夫婦、友達、婿姑......様々な男女が繰り広げるちょっとおかしな愛(?)と奇跡の物語!木皿泉が書き下ろしたTOKYO FM系列の伝説のラジオドラマ、初の書籍化。オマケの前口上&あとがきも。

双葉文庫関連作品

  • ノベライズ ReLIFE (1~2巻) 670円
    作家 夜宵草 蒔田陽平
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/08/08

    27歳、無職の海崎新太は、ある夜、夜明了と名乗る男性から「リライフ研究所」の実験に協力を依頼される。その実験とは、ニートの社会復帰プログラム検証のため、1年間、高校生になって高校に通うというもの...

  • 蘭方医・宇津木新吾 (1~9巻) 551円562円
    作家 小杉健治
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/08/02

    長崎帰りの見習い蘭方医・宇津木新吾は、町医者の幻宗の治療にかける真摯な姿勢と見事な腕前に傾倒していく。しかし、新吾の養父・順庵は、新吾を自分の出世の道具にしようと、表御番医・上島漠泉のひとり娘・...

  • おいらん若君 徳川竜之進 (1~4巻) 518円529円
    作家 鳴神響一
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/08/02

    春爛漫の吉原仲の町に世にも美しい花魁が道中してくる。その名も篝火――滅多に姿を拝めぬばかりか、決して客と同衾しない伝説の花魁を我が物にせんと、今日もお大尽の虚しい挑戦が続いていた。だが、篝火花魁...

  • 残り者 594円
    作家 朝井まかて
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/08/02

    時は幕末、徳川家に江戸城の明け渡しが命じられる。官軍の襲来を恐れ、女中たちが我先にと脱出を試みるなか、大奥にとどまった「残り者」がいた。彼女らはなにを目論んでいるのか。それぞれ胸のうちを明かした...

  • あおなり道場始末 551円
    作家 葉室麟
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/08/02

    九州、豊後、坪内藩の城下町にある青鳴道場。先代の死から早一年、道場は存亡の危機にあった。跡を継いだ長男の青鳴権平はまだ二十歳と若く、その昼行燈ぶりから、ついには門人が一人もいなくなってしまったの...

  • タカラモノ 540円
    作家 和田裕美
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/08/02

    何歳になっても短いスカートが似合うママは、今日も娘をそっちのけで、恋に仕事に忙しい。「幸せになりたいんやったら、誰かのせいにしたらあかん」。自由奔放なママに翻弄されるわたしは、反発しながら、それ...

「エッセイ・雑学」カテゴリ