読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

クラシックCD異稿・編曲のよろこび

クラシックCD異稿・編曲のよろこび
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1760円(税込)
ポイント還元 17ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 244
販売開始日 2014/07/25
紙書籍版 取り扱い中

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

9人の作曲家の異稿・編曲を丁寧に紹介する、共著ならではの執筆者の競演と饗宴の余韻がいつまでも心に残る1冊。『クラシックCD異稿・編曲のたのしみ』に続く第2弾。

近藤健児関連作品

  • 絶版文庫四重奏 2200円
    作家 田村道美 近藤健児 瀬戸洋一
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/07/11

    シェイクスピア、スタインベック、バルザック、蘇曼殊、野上弥生子、大江健三郎...。絶版文庫の無限の魅力にとりつかれた四人が、門外不出の珍品・名作を持ちよって絶妙のハーモニーを奏でるー。

  • 絶版文庫嬉遊曲 1760円
    作家 田村道美 近藤健児 中野光夫
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/07/11

    嬉遊曲=自由な形式の器楽合奏の組曲に倣って、絶版文庫を愛してやまない4人が知られざる名作から、フランス革命やベートーヴェンをテーマにした作品の数々、なつかしの児童文学まで、その魅力を語る逸品。

  • クラシックCD異稿・編曲のたのしみ 1760円
    作家 近藤健児
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/07/04

    作曲者が自分の作品を改訂して複数の異稿ができたり、本人や他人によってオーケストラ曲などがピアノ曲に編曲されることは珍しくない。モーツァルト、ベートーヴェンなど9人の異稿・編曲のCDを発掘し、なじ...

  • 辺境・周縁のクラシック音楽 (1~2巻) 2200円
    作家 近藤健児
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/04/04

    ポルトガル、スペイン、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク。クラシック盟主国ではなくてもその国らしいすばらしい作品を残している。辺境、周縁の隠れた名盤を発掘して紹介する渾身の第一弾。

  • 絶版文庫交響楽 1760円
    作家 近藤健児
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    愛する絶版文庫を20年間に1万冊も収集している著者が、世界文学を中心にして作家別に各文庫の絶版・品切れを網羅して紹介し、読む楽しみを語る。絶版文庫にまつわる悲喜こもごもの裏話、意外な情報や貴重な...

他関連作品

「クラシック」カテゴリ

  • NEW COMPOSER 1100円
    作家 日本現代音楽協会
    出版社 音楽之友社
    レーベル 日本現代音楽協会
    販売開始日 2020/01/31

    1930年創立、90年の歴史を誇る作曲家団体「日本現代音楽協会(現音)」による機関誌。作曲家ジェルジ・リゲティ没後10年に寄せて、作曲家・松平頼曉と音楽評論家・鈴木淳史によるリゲティを語る対談を...

  • クラシック音楽を10倍楽しむ 魔境のオーケストラ入門 1980円
    作家 齋藤真知亜
    出版社 ベストセラーズ
    販売開始日 2020/01/10

    “N響”の愛称で知られる、NHK交響楽団。1986年に入団し、今日までヴァイオリニストとして活躍してきた著者による、初めてのオーケストラ本です。どうしても堅苦しく、格式が高いイメージで捉えられが...

  • ホロヴィッツと巨匠たち 968円
    作家 吉田秀和
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2019/10/25

    圧倒的な技巧派・ホロヴィッツの晩年公演を「ひびの入った骨董品」と称し名声を高めた吉田秀和。他、著者が愛した名ピアニスト3人――ルービンシュタイン、リヒテル、ミケランジェリに関する一冊。

  • クラシック名曲全史 1584円
    作家 松田亜有子
    出版社 ダイヤモンド社
    販売開始日 2019/10/24

    名曲から、社会経済の歴史が見える!

  • 決定版 マーラー 924円
    作家 吉田秀和
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2019/10/11

    2011年オリジナル文庫の増補新装版。新たに「マーラー、ブルックナー」「マーラーの新しい演奏」「五番 他 シノーポリ」「菩提樹の花の香り」など五本を追加。

  • マネへの招待 1320円
    作家 朝日新聞出版
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2019/09/10

    「印象派の父」と呼ばれたマネは、いったいどのような画家だったのか。梅毒で51歳で亡くなった人生や、今もなおオークションで高額で落札されるマネの作品を解説。名画を原寸大に拡大したり、他の絵画と比較...

  • カラヤン 880円
    作家 吉田秀和
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2019/08/02

    今こそカラヤンとは何だったか、冷静に語る時。適任はこの人をおいていない。カラヤンの、ベートーヴェン、モーツァルト、ワーグナー、オペラ、ブルックナー、ドビュッシー、新ウィーン学派......。

  • クラシック名曲案内ベスト151 715円
    作家 柴田南雄
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    作曲家としての活動経験と深い学識を基礎に、作曲の動機や曲の構成、時代背景を詳述。名盤CDガイド付き。

  • クラシックの魔法 スピリチュアル名曲論 1100円
    作家 西村朗
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/13

    非日常的な感情を喚起させるクラシック音楽。その本質は「スピリチュアル」。名曲に見え隠れする作曲家の「創造の秘密」を暴き出す!

  • グレン・グールド 880円
    作家 吉田秀和
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2019/06/28

    評価の低かったグールドの意義と魅力を定め広めた貢献者の、グールド論集。『ゴルトベルク』に始まるバッハの他、モーツァルト、ベートーヴェンなど、多角的に論じる。

  • バッハ 880円
    作家 吉田秀和
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2019/04/26

    バッハについて書かれたさまざまな文章を一冊に集める。マタイ受難曲、ロ短調ミサ曲、管弦楽組曲、平均律クラヴィーア、ゴルトベルク、無伴奏チェロ......。リヒターからグールドまで。

  • ドビュッシー最後の一年 1760円
    作家 青柳いづみこ
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2019/02/28

    35歳で死の床で『レクイエム』を作曲していたモーツァルト、十番目の交響曲に着手するものの未完のまま56年の生涯を終えたベートーヴェン......。大作曲家の最後の一年はさまざまだが、ドビュッシー...