読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

寄り道して考える

寄り道して考える
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。 ダウンロードはこちら
価格 540円(税込)
ポイント還元 5ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 272
販売開始日 2014/09/05
ファイル形式 XMDF

人に教えたくない店は、表通りより、路地を入ったところにある、などとよく言われる。それは会話についても言えるのではないだろうか。一つのテーマに沿って延々と続く議論を聞き続けるのは苦痛なことだ。路地裏のいい店の喩えではないが、ときに話が本題から反れる。その話のほうが面白いということはよくあることだ。本書で御両人が語り合っているテーマそのものは日本文化論に通じるものあり、精神史に通じるものありで、その意味では正攻法の対論である。しかし、自分の幼児期の体験、青春時代の思い出などを織り交ぜた会話は、知的な漫才のような面白ささえ感じる。まさに、裏路地の会話、である。その会話には、示唆にとんだ一言あり、正鵠をついた社会批判ありで、読む者を飽きさせることがない。こういう会話を知的な会話というのだろう。ご両人と寄り道しながら、日本人とは何か、信仰とは何かなど、重いテーマを軽く楽しんで見てはいかがだろう。

養老孟司関連作品

森毅関連作品

  • 数学という文化 佐保利流数学文化論 864円
    作家 森毅
    出版社 太郎次郎社エディタス
    販売開始日 2014/11/07

    いまや数学は現代につきささっている。コンピュータをはじめ、社会の数学化は著しい。数学だって、その時代の文化と離れては存在しない。演劇や音楽とおなじレベルで、それぞれの時代の文脈のなかで、数学を文...

  • グッバイ、管理主義 佐保利流学校心得 864円
    作家 森毅
    出版社 太郎次郎社エディタス
    販売開始日 2014/11/07

    管理がすすむということは、それだけ抜け穴が栄えるということだ。管理社会というのも裸の王様のようなものだ。だれもが圧倒的だと思っているあいだだけ管理主義は生きのびる。しかし、強固に見える壁にだって...

  • 学校ファシズムを蹴っとばせ 864円
    作家 森毅
    出版社 太郎次郎社エディタス
    販売開始日 2014/11/07

    テストの点数で序列づけられ、髪の毛から服装まで管理される、学校に束ねられた人たちをその呪縛から解き放って、自分流のやり方で学校とうまくつきあう方法を展開する。樋口恵子氏評......はみ出すこと...

  • 教育舞芸帳 学校を笑え 864円
    作家 森毅
    出版社 太郎次郎社エディタス
    販売開始日 2014/11/07

    舞芸の極意は笑いにある。学校の原理も笑いにある。はみだしを許さない序列と管理、この硬直した時代に、いまこそ笑いの復権を! アソビ心をすすめ、自分主義を唱える[芸人としての教師+演技としての授業+...

  • 悩んだとき、どうする? Q&A 授業・子ども・学力 864円
    作家 森毅
    出版社 太郎次郎社エディタス
    販売開始日 2014/11/07

    教育という仕事、授業という仕事について、悩んだり迷ったりしている先生へ、気軽な相談相手として、実践の具体例をあげて、悩みを解決する糸口を示す。参考文献や『ひと』誌が14年間に積みあげてきた授業や...

  • ゆかいな参考書 842円
    作家 森毅 論楽社
    出版社 径書房
    販売開始日 2014/04/11

    世に参考書と呼ばれるものは数多くあるが、これは生きるための参考書。森毅先生と若き論客六人による人生万般の対話。

PHP文庫関連作品