読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

Voice 平成26年10月号

Voice 平成26年10月号
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 713円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2014/10/17

今月号の総力特集は、『朝日新聞』の8月5日と6日の慰安婦問題の検証記事について、弊誌としても検証し、日韓関係について考えてみた。池田信夫氏は自身がNHK勤務時にこの問題を取材した経験から、詳細に経緯をまとめている。「身売りを強制連行と書いたのは捏造か、控えめに表現してもねじ曲げであり、過失ではありえない」と結論付けている。また、水間政憲氏は1982年の吉田清治氏の「奴隷狩り」記事を裏付ける内容だった、1984年11月2日の『朝日新聞』の記事を紹介。でっち上げで世界を騙した吉田氏もひどいが、裏付けもせず記事を垂れ流した記者の責任も今後問われるべきだろう。今月号はほかに特集が2本。特集1はバブル崩壊も囁かれる中国問題である。現在、ベストセラーに名を連ねる『中国の大問題』の著者であり、前駐中国大使の丹羽宇一郎氏に話をうかがった。日本企業が制裁金を課された独占禁止法の問題は、日中間の「貿易戦争」の始まりを意味すると指摘。ほかに、岡崎久彦氏、増田悦佐氏、李登輝氏がそれぞれ中国問題について論じた。特集2では新しく誕生した「安倍改造内閣への提言」として、主に経済政策の方向性について考えた。冨山和彦氏や竹中平蔵氏が、「ローカル版・成長戦略」「ネオ・アベノミクス」などのキーワードで次の課題を明確にしている。また、巻頭では、東京電力会長に福島復興と経営の立て直しをテーマにインタビューした。川崎製鉄、JFEホールディングスでの経営者トップとしての経験が、どれほど東京電力の改革に生かされていくのか。「さすが!」と思わせ、一読の価値がある。

シリーズ作品

  • Voice 平成26年9月号 Voice編集部/編 713円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/09/12

    総力特集では、「断末魔の朝鮮半島」と題し、北朝鮮問題と慰安婦問題を中心に議論を展開。

    試し読み 試し読み
  • Voice 平成26年11月号 Voice編集部/編 713円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/11/14

    今月号の総力特集は、「さよなら朝日、ストップ増税」。渡部昇一氏と養老孟司氏の対談。巻頭インタビューは門田隆将氏。

    試し読み 試し読み
  • Voice 平成26年12月号 Voice編集部/編 713円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/12/26

    今月号の総力特集は「中国の大失敗」と題し、香港のデモやチャイナ・リスクについて考えた。『産経新聞』の前ソウル支局長の在宅起訴の問題ほか。

    試し読み 試し読み
  • Voice 平成27年1月号 Voice編集部/編 713円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2015/01/23

    新年1月号の総力特集は、「2015年を読む世界の大停滞、日本の正念場」。巻頭エッセイは、東京大学名誉教授で解剖学者の養老孟司氏。

    試し読み 試し読み
  • Voice 平成27年2月号 Voice編集部/編 713円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2015/02/20

    2月号総力特集は「戦後70年日本の言い分」。第二特集は、経済、財政、安全保障、政局というテーマから「新安倍政権に問う」。

    試し読み 試し読み
  • Voice 平成27年3月号 Voice編集部/編 713円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2015/03/13

    3月号の総力特集は、いつまでも交わることのない日韓「歴史戦争」。第二特集は、「ピケティと格差社会」。

    試し読み 試し読み

PHP研究所関連作品

「経済・社会小説」カテゴリ