読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

郷愁の海‐南方定点

郷愁の海‐南方定点
電子書籍版
価格 324円(税込)
ポイント還元 3ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2014/11/28
ファイル形式 epub

北緯二九度〇〇分・東経一三五度〇〇分。島国日本の気象観測網の不備を補い、気象予報の的確性のため設定された島影一つ漂わぬ洋上の一孤点、潮岬の南方五百キロ、鳥島と屋久島とのほぼ中間にあたる広大な太平洋上の南方定点。海と空と水平線が視界のすべてである洋上での厳しい気象観測の業務を克明に描く。

近藤精一郎関連作品

  • 虚像の軍師真田幸村 1296円
    作家 近藤精一郎
    出版社 創芸出版
    販売開始日 2014/11/28

    柔和な人柄とはうらはらに、戦場では目ざましい戦いぶりを見せた真田幸村。大阪夏の陣で家康を窮地に追い詰めた幸村の軍略と想像し難い不可解な人物像を独自の筆致で描く。

  • 北方定点 324円
    作家 近藤精一郎
    出版社 創芸出版
    販売開始日 2014/09/26

    気象技術者として激動の時代を生き定年退官した主人公が、余生を探ろうと思い立った三陸海岸への旅で、戦前・戦中・戦後にかけての時勢の推移を振り返る。

  • 織田信長の思考法 1404円
    作家 近藤精一郎
    出版社 創芸出版
    販売開始日 2014/07/18

    織田信長は、実は辛抱強い人物であり、猪突猛進型のように見えて、極めて緻密な計画性の持ち主であったという知られざる信長像を描く。

  • 南大東島 324円
    作家 近藤精一郎
    出版社 創芸出版
    販売開始日 2014/05/30

    南大東島の開拓から甘蔗栽培と製糖を主産業とした砂糖一色の島の歴史を登場人物の一人一人を語り部としてまとめた秀作。

  • マーカス島 324円
    作家 近藤精一郎
    出版社 創芸出版
    販売開始日 2014/04/18

    敗戦によって米軍のローラン基地となった「マーカス島(南鳥島)」の沿革と戦後の推移を辿りながら、一組の男女のはかない愛の軌跡と非情な運命をドキュメントタッチで描く。

  • 海の痣 324円
    作家 近藤精一郎
    出版社 創芸出版
    販売開始日 2014/02/14

    伊豆諸島南方の孤島、鳥島。無人の島に生息する天然記念物アホウドリの子育てや、ヤマネコに襲われた雌鳥を庇い、渡りを見送って寄り添う雄鳥の情を生き生きと描く。

創芸出版関連作品

  • アリエル 540円
    作家 近藤茂寛
    出版社 創芸出版
    販売開始日 2017/04/14

    怒りの日シリーズ完結編。関東平野からすべての生命が失われた。その時、惠摩は上空から何もない闇を見下ろしていた。

  • 学校は校長で変わる 864円
    作家 江口宗茂
    出版社 創芸出版
    販売開始日 2017/04/14

    学習塾の先生が私学の校長を任された。そのマネジメントで、学校は大きく変わった。

  • コボルト 540円
    作家 近藤茂寛
    出版社 創芸出版
    販売開始日 2014/11/28

    日常に疲れ切った中年の主婦、摩耶に忍び寄る黒い誘惑。陰湿な悪と出会った摩耶に、再び神秘の力を発揮する機会が訪れる。善悪を超越したヒロインの活躍を描く連作サスペンス第三弾。

  • 長崎喧嘩録 1296円
    作家 江口功一郎
    出版社 創芸出版
    販売開始日 2014/11/28

    赤穂浪士の吉良邸討入に先立つ元禄十三年十二月十九日、深堀義士が長崎の高木彦右衛門邸へ討ち入った「深堀騒動」。その顛末と「義のこころ」をあざやかに描く。

  • 昭和かわら版 864円
    作家 宮田達夫
    出版社 創芸出版
    販売開始日 2014/09/26

    MBS元放送記者が、現役時代に取材を通じて目撃した事件・事故・世相・風物・芸能など、さまざまな事実を検証・考察し、バブル全盛期の昭和の時代を歯に衣着せぬ独自の筆致であざやかに描くノンフィクション。

  • サラマンダー 540円
    作家 近藤茂寛
    出版社 創芸出版
    販売開始日 2014/09/26

    中堅商社に勤める萩原摩耶は、同僚の失踪から社内で行われている不正行為を知り、その悪辣な陰謀に戦いを挑む。秘められた能力を持つ善悪を超越したヒロインの活躍を描く連作サスペンス第二弾。

「日本」カテゴリ

  • 新着!
    猫神社のみかがみ様 626円
    作家 かいとーこ いずみ椎乃
    出版社 一迅社
    レーベル メゾン文庫
    販売開始日 2018/11/10

    両親を亡くし、就職するはずの会社は倒産。妹を養うため、割のいい仕事を求めていた鈴原朱巳は、とある神社のアルバイトの面接を受けることに。得意な家事と神社の手伝いをするだけならと朱巳が向かうと、そこ...

  • 新着!
    酒処あやめ 626円
    作家 酒処のん平 海島千本
    出版社 一迅社
    レーベル メゾン文庫
    販売開始日 2018/11/10

    千葉の小江戸・佐原のあやめ祭りに訪れた大学生の静。自分探しの小旅行のはずが、彼が迷い込んだのは“来ちゃいけない場所”――現代では消えてしまった神様や化け物たちが共存するおかしな過去の世界だった。...

  • 新着!
    京都はんなりカフェ巡り 626円
    作家 柏てん くっか
    出版社 一迅社
    レーベル メゾン文庫
    販売開始日 2018/11/10

    幼い頃から病弱で内気だったまきは、ネット上で意気投合した『kento』に会うため、一大決心をして彼の住む京都に向かう。家族に内緒で向かったはじめての京都。顔も知らない相手の手がかりは、彼の趣味が...

  • ふなふな船橋 551円
    作家 吉本ばなな
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/11/09

    父親は借金を作って失踪、母親は恋人と再婚。15歳で独りぼっちになった立石花は、船橋で暮らす決断をした。それから12年、恋人との結婚を考えながら暮らす花に、再び悲しい予感が......。ふなっしー...

  • キミはヒマラヤ下着の凄すぎる実力を知っているか 648円
    作家 北尾トロ
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/11/09

    氷点下7度の雪山で下着一枚になる、カナヅチなのに沖のブイまで一人で泳ぐ、不動産担当者の思惑を読みながら自宅を売却する......。50歳を超えても、やるときはやるのだ! ネットで募った人生相談「...

  • 緊急重役会 711円
    作家 城山三郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/11/09

    戦前から続く紡績会社。次期社長の呼び声が高い専務・恩地は検査入院中に社長らが仕組んだ緊急重役会によって平取締役に降格される。社長の椅子へ執念を燃やす恩地がはまった、さらなる組織の罠とは――(表題...

  • 裁判長!死刑に決めてもいいすか 594円
    作家 北尾トロ
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/11/09

    あなたは裁判員として、被告人に死刑の結論を出せるか。「裁判員席に座るだけでビビりそう」と尻込みする傍聴オタクの著者が、元韓国エステ嬢殺害事件と杉並親子強殺事件を「裁判員になったつもり」で傍聴。果...

  • P+D BOOKS 水の都 648円
    作家 庄野潤三
    出版社 小学館
    レーベル P+D BOOKS
    販売開始日 2018/11/09

    大阪商人の“市井文化と歴史”を描いた秀作。

  • P+D BOOKS 岸辺のアルバム 702円
    作家 山田太一
    出版社 小学館
    レーベル P+D BOOKS
    販売開始日 2018/11/09

    昭和ホームドラマの金字塔、その原作小説。

  • 中野さぼてん学生寮 1296円
    作家 北尾トロ
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2018/11/09

    伊藤は大学入学を目前に控え、突然、父親を亡くしてしまう。ひょんなことから独身寮に入寮した彼は、そこでの生活を楽しみながらも、自らの生き方に疑問を抱き、何かにつけ、仲の悪かった父親を思い出して.....

  • 犬身 (1~2巻) 616円626円
    作家 松浦理英子
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/11/09

    「犬になりたい」と夢想する房江は、思いをよせる女性の飼い犬となるため、謎のバーテンダーと魂の契約を交わす。しかし飼い主の家庭は決定的に壊れていた。オスの仔犬となったフサは、実母と実兄のDVから彼...

  • ファザーファッカー 741円
    作家 内田春菊
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/11/09

    私は、よく娼婦の顔をしていると言われる。 今までに、ホステスを含めた何種類かの職業を経験したという話をすると、「もしかしてあれも?」と売春をほのめかした聞き方をよくされるのだ。十六歳で家出して、...