読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

田母神「自衛隊問答」 国防の「壁」を打ち破る!

田母神「自衛隊問答」 国防の「壁」を打ち破る!
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1300円(税込)
ポイント還元 13ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 220
販売開始日 2015/02/20
紙書籍版 取り扱い中

集団的自衛権は、国連憲章でも加盟国全てに、「当然の権利」として認められているものだ。この行使を容認すると「日本が戦争に巻き込まれる」などといわれるが、そんな感情論がどれほど誤っているかは、集団的自衛権を普通に行使している日本以外のすべての国が「戦争に巻き込まれている」かどうかを考えればすぐにわかる。なのに日本では、なかなかそういう冷静な議論が成立しない。なぜ戦後日本では、「かくも不思議な言論」が大手を振って通用してきたのか。それを考えていくと、自衛隊が長らく、世界標準とはかけ離れた法体系の下に置かれてきたことの弊害が見えてくる。さらに、「平和憲法の鬼子」と称されてきた歴史の負の側面もわかる。たとえば、なぜ海上保安庁の船が撃たれても、近くにいる自衛隊が反撃できないのか?どう考えてもおかしな話ではないか。自衛隊が、これから真に日本を守る力となるために、何が必要なのか。本書は、「いま目の前の壁(法体系の壁)」と「歴史の壁」という、二つの壁を打ち破るべく、自衛隊の歴史や田母神氏の体験エピソードもふんだんに盛り込んで、大胆に提言する。

田母神俊雄関連作品

  • 日本の敵 1232円
    作家 田母神俊雄
    出版社 ベストセラーズ
    レーベル ワニの本
    販売開始日 2017/10/20

    判決後、初の著作で「日本派保守」のために田母神はすべてを書き綴った 田母神俊雄は、自分の信念を曲げずに自衛隊をクビになった男である。 つまり、初めから賢くなど生きられなかったバカな男なのだ。 ...

  • 国家の本音 1337円
    作家 田母神俊雄
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2017/07/21

    保守の論客、田母神氏が満を持して復活。トランプの腹黒い思惑から東京地検特捜部の捜査手法まで「国家の本音」を炙り出す痛快作

  • 田母神新党 770円
    作家 田母神俊雄
    出版社 ワニブックス
    レーベル ワニブックス【PLUS】新書
    販売開始日 2015/11/13

    田母神俊雄、待望の新党「太陽の党」結成! どのような日本を目指すのか、自身の考えを語りつくした1冊。 さらに既存の党や政治家について鋭く切り込みながら、 自身の今後の政治活動の指針を明らかに...

  • 安倍晋三論 1100円
    作家 田母神俊雄
    出版社 ワニブックス
    販売開始日 2015/11/13

    自民党政権ではなく、“安倍政権”でなければダメなのだ! 国防軍についてはもちろん、憲法改正やTPP、中国問題など、今後の日本を大きく左右するイシューをテーマに、田母神俊雄が「安倍晋三論」を語る...

  • 大東亜戦争を知らない日本人へ 1100円
    作家 田母神俊雄
    出版社 ワニブックス
    販売開始日 2015/11/13

    終戦70年の節目の年。元・航空幕僚長の田母神俊雄が、 日本人の大多数が知らない「大東亜戦争」の真実を初めて語る。 「魂まで失わないために日本は勝つ気で戦った!」 ■大東亜戦争の知られざる真実 ...

  • だから日本は舐められる 704円
    作家 田母神俊雄
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉新書
    販売開始日 2015/07/14

    「日本はペリー来航以来、今日に渡ってアメリカの“属国”状態が続いている」。元・航空自衛隊幕僚長の田母神俊雄が、アメリカに蹂躙・支配されてきた日本の歴史観と政治を叩き斬る。「外交とは他国と仲良くす...

拳骨拓史関連作品

「軍事・防衛」カテゴリ