読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「平成独楽吟」 みんなで楽しむ橘曙覧

「平成独楽吟」 みんなで楽しむ橘曙覧
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。 ダウンロードはこちら
価格 108円(税込)
ポイント還元 1ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2015/03/06
ファイル形式 epub

福井に生きた幕末の歌人、橘曙覧が「たのしみは~とき」の形で詠んだ「独楽吟」。福井市では、貧しさの中にあっても心豊かに生きていた橘曙覧の世界に学び、生活の中で感じた身近な楽しみを詠んだ歌を「平成独楽吟」として募集しています。初めて公開審査を行った第五回(平成十一年度)の橘曙覧賞「楽しみは 時々校舎で すれちがう あなたにそっと あいさつするとき」など入賞作品を収録。公開審査会での講評、講演「橘曙覧とはこんな人」採録も掲載した書籍(平成十二年発行)を電子書籍として復刻したものです。

福井市関連作品

  • 第二十二回平成独楽吟 108円
    作家 福井市
    出版社 福井新聞社
    販売開始日 2017/09/01

    福井に生きた幕末の歌人、橘曙覧が「たのしみは~とき」の形で詠んだ「独楽吟」。この作品集は、福井市が実施した平成28年度平成独楽吟の入賞作品と、審査員長による評を掲載。入賞者の日常に訪れた「たのし...

  • 第十一回平成独楽吟 108円
    作家 福井市
    出版社 福井新聞社
    販売開始日 2016/08/31

    福井に生きた幕末の歌人、橘曙覧が「たのしみは~とき」の形で詠んだ「独楽吟」。この作品集は、福井市が実施した平成17年度平成独楽吟の入賞作品と、審査員長による評を掲載。入賞者の日常に訪れた「たのし...

  • 第二十一回平成独楽吟 108円
    作家 福井市
    出版社 福井新聞社
    販売開始日 2016/08/31

    福井に生きた幕末の歌人、橘曙覧が「たのしみは~とき」の形で詠んだ「独楽吟」。この作品集は、福井市が実施した平成27年度平成独楽吟の入賞作品と、審査員長による評を掲載。入賞者の日常に訪れた「たのし...

  • 第十ニ回平成独楽吟 108円
    作家 福井市
    出版社 福井新聞社
    販売開始日 2016/08/31

    福井に生きた幕末の歌人、橘曙覧が「たのしみは~とき」の形で詠んだ「独楽吟」。この作品集は、福井市が実施した平成18年度平成独楽吟の入賞作品と、審査員長による評を掲載。入賞者の日常に訪れた「たのし...

  • 第十回平成独楽吟 108円
    作家 福井市
    出版社 福井新聞社
    販売開始日 2015/10/26

    福井に生きた幕末の歌人、橘曙覧が「たのしみは~とき」の形で詠んだ「独楽吟」。この作品集は、福井市が実施した平成16年度平成独楽吟の入賞作品と審査員長による総評などを掲載。入賞者の日常に訪れた「た...

  • 第二十回平成独楽吟 108円
    作家 福井市
    出版社 福井新聞社
    販売開始日 2015/10/26

    福井に生きた幕末の歌人、橘曙覧が「たのしみは~とき」の形で詠んだ「独楽吟」。この作品集は、福井市が実施した平成26年度平成独楽吟の入賞作品と、審査員長による評を掲載。入賞者の日常に訪れた「たのし...

福井新聞社関連作品

  • 辞令!コウノトリ支局員を命ず 1080円
    作家 福井新聞社
    出版社 福井新聞社
    販売開始日 2015/12/16

    「辞令!コウノトリ支局員を命ず 里山に暮らした新聞記者の挑戦」は福井県越前市で実現したコウノトリ放鳥をめぐるノンフィクション。絶滅したコウノトリを福井に呼び戻そうと、2009年に始まり、14年に...

  • 第七回平成独楽吟 108円
    作家 福井市
    出版社 福井新聞社
    販売開始日 2015/10/26

    福井に生きた幕末の歌人、橘曙覧が「たのしみは~とき」の形で詠んだ「独楽吟」。この作品集は、福井市が実施した平成13年度平成独楽吟の入賞作品と選考公開審査の様子などを掲載。入賞者の日常に訪れた「た...

  • 第六回平成独楽吟 108円
    作家 福井市
    出版社 福井新聞社
    販売開始日 2015/10/26

    福井に生きた幕末の歌人、橘曙覧が「たのしみは~とき」の形で詠んだ「独楽吟」。この作品集は、福井市が実施した平成12年度平成独楽吟の入賞作品と選考公開審査の様子などを掲載。入賞者の日常に訪れた「た...

  • 第八回平成独楽吟 108円
    作家 福井市
    出版社 福井新聞社
    販売開始日 2015/10/26

    福井に生きた幕末の歌人、橘曙覧が「たのしみは~とき」の形で詠んだ「独楽吟」。この作品集は、福井市が実施した平成14年度平成独楽吟の入賞作品と審査委員長による総評などを掲載。入賞者の日常に訪れた「...

  • 第九回平成独楽吟 108円
    作家 福井市
    出版社 福井新聞社
    販売開始日 2015/10/26

    福井に生きた幕末の歌人、橘曙覧が「たのしみは~とき」の形で詠んだ「独楽吟」。この作品集は、福井市が実施した平成15年度平成独楽吟の入賞作品と審査委員長による総評などを掲載。入賞者の日常に訪れた「...

  • 敦賀気比 伝説始まる 648円
    作家 福井新聞社
    出版社 福井新聞社
    販売開始日 2015/06/29

    2015年春の第87回選抜高校野球で北陸勢初の優勝を成し遂げた敦賀気比高校(福井県敦賀市)。ナインが優勝を決めた喜びの瞬間、初戦から決勝までのハイライトシーンをはじめ、アルプススタンドの歓喜の様...

「詩・短歌・俳句」カテゴリ

  • 詩集ミラクルム(奇跡) 648円
    作家 ちいさな星のヨハネス
    出版社 ブイツーソリューション
    販売開始日 2019/03/15

    みずからの内に神さまを見つけた人間だけが、 万人のハートに潜在している神さまを見つけられる。 お互いの神性どうしが見つめ合い共振すること、 それこそが真実の愛の意味だ。 すべての奇跡は、そこから...

  • 祈りの天 2592円
    作家 日下野由季
    出版社 ふらんす堂
    販売開始日 2019/03/15

    ◆ 精鋭俳句叢書serie de la fleur 序文・高橋悦男 栞・片山由美子 はくれんの祈りの天にとどきけり ことばはあくまで易しく、しかし、発想は独自で鋭く繊細である。しかも、言...

  • ことばの玉手箱 (1~2巻) 540円
    作家 藤本昌晃
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2019/03/15

    <詞集> 大切な人への想いをつめこんだ、ことばの玉手箱。

  • ママ、きっと会いにいくよ。 1200円
    作家 いんやくのりこ
    出版社 PHP研究所
    販売開始日 2019/03/01

    あなたがいて、世界は美しい。これから生まれる赤ちゃんと、生まれなかった赤ちゃんと、かつて赤ちゃんだったすべての人に贈る詩集!

  • 「古今和歌集」の創造力 1382円
    作家 鈴木宏子
    出版社 NHK出版
    販売開始日 2019/02/22

    なぜ梅にはウグイスなのか。なぜ秋は悲しいのか‐‐。あらゆる詩歌や文学的感受性の〈型〉を創りあげた『古今和歌集』。第一線の古典和歌研究者が、レトリックと配列の緻密な分析から、天才編集者・紀貫之の企...

  • 夢の、感触 2700円
    作家 SalmiSalco.
    出版社 ふらんす堂
    販売開始日 2019/02/08

    ◆新詩集 西の彼方、 太陽が昨日に還る頃、 南天高く、夜は爪を伸ばす。 月の雫は、星座を作り その秩序に守られ、 私は、呼吸する。 一瞬、失うチャンスは、 流れ行き交う、星々。 眠りに落ち...

  • ふわふわ うさぎ川柳 1080円
    作家 うさぎの時間編集部
    出版社 誠文堂新光社
    販売開始日 2019/02/01

    かわいいうさぎの写真と飼い主の思いがぎゅっとつまったおもしろ川柳が1冊に。 うさぎならではの仕草や部位、ツンデレ具合に萌える!

  • 田中裕明賞 (1~9巻) 216円864円
    作家 田中裕明賞事務局
    出版社 ふらんす堂
    販売開始日 2019/02/01

    ◆第一回田中裕明賞選考結果報告 候補作品/選考経過報告/選考会/受賞記念句会/授賞式/発表 2004年に45歳で夭折した田中裕明を顕彰するとともに、これからの俳句の未来をになう若い俳人を育て...

  • もふもふ インコ川柳 1080円
    作家 コンパニオンバード編集部
    出版社 誠文堂新光社
    販売開始日 2019/02/01

    もふっとかわいいインコたちの写真と、インコ愛にまみれた川柳が合体! 激カワあり、親バカありの、クスっと笑える一冊です。

  • 背骨のフルート 2285円
    作家 マヤコフスキー 小笠原豊樹
    出版社 土曜社
    販売開始日 2019/01/18

    《声の力で世界を完膚なきまでに破壊して、ぼくは進む、美男子で二十二歳》と言い放ったその年に詩人は奇妙な夫妻と知る。のちに秘密警察 OGPU の工作員として働くことになるオシップとリーリャのブリー...

  • 詩集 風の音 324円
    作家 池尾邦子
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2019/01/18

    さまざまな思い出が蘇ってくるような、懐かしさと寂しさと温かさとが入り混じった気持ちを想起させる。

  • 別冊NHK100分de名著 読書の学校 若松英輔 特別... 756円
    作家 若松英輔
    出版社 NHK出版
    販売開始日 2019/01/11

    なぜ人には詩が必要なのか? 国民的詩人・茨木のり子が遺した素朴な詩は、なぜ日本人の心に響くのか? 「詩」を感じることができれば、言葉は人生を支える糧となる。詩と出会う大切さを知ることで、自分を励...