読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

研究炉は今 人材育成の現場から

研究炉は今 人材育成の現場から
電子書籍版
価格 550円(税込)
ポイント還元 5ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2015/04/24

政府が2014年4月に閣議決定したエネルギー基本計画は、廃炉や新規原子力導入国の安全向上に貢献するためにも、高いレベルの技術や人材を維持、発展することが必要としている。しかし、その本丸となる大学や大学院での原子力教育の現場は、縮小への危機感が募っている。新規制基準適合性審査への対応から停止が長引き、研究炉の維持が危機に直面している。その現場を追った。(2014年9月30日~10月9日の電気新聞記事をもとに制作)

<目次>
1.学びの場が縮小する
2.揺らぐ「先進国」の地位
3.カリキュラムの穴がもたらす危機
4.問われる国の本気度
5.大阪大学大学院教授 山口彰氏インタビュー

電気新聞関連作品

電気新聞e新書関連作品

「社会問題」カテゴリ