読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

山手線 ウグイス色の電車今昔50年

山手線 ウグイス色の電車今昔50年
電子書籍版
価格 1324円(税込)
ポイント還元 13ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2015/05/29

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

山手線にウグイス色の電車が登場してからちょうど50年。これを機に首都圏や関西圏の通勤電車の路線別のカラ―が決まっていった。本書では毎日350万人が利用するといわれる山手線の歴史、駅、車両、乗り入れ車両、周辺私鉄などを総合的に紹介し詳しく解説を試みている。また特に駅、駅前情景では、懐かしい時代の写真をふんだんに掲載し、現在とはまったく違った光景を紹介している。「あの頃」を懐かしむ世代にも好適の1冊。
※この電子書籍は2013年10月にJTBパブリッシングから発行された図書を画像化したものです。電子書籍化にあたり、一部誌面内容を変更している場合があります

杉崎行恭関連作品

  • 異形のステーション 1650円
    作家 杉崎行恭
    出版社 交通新聞社
    レーベル DJ鉄ぶらブックス
    販売開始日 2018/09/28

    なんでこうなったのだろう? 鉄道で旅するうちに出会ってしまった不思議な駅をとりあげています。ほとんど跨線橋だけの駅や、ひとつの出入口だけ異様に遠い駅など、本来鉄道とは便利な装置であるはずが、何故...

  • 廃線駅舎を歩く 1650円
    作家 杉崎行恭
    出版社 交通新聞社
    レーベル DJ鉄ぶらブックス
    販売開始日 2018/09/28

    あの日降り立った駅、いまはどうなったのだろう? モータリゼーションの波に飲み込まれる以前は、皆鉄道で旅立ちました。ふと思い立って列車に乗り、見知らぬ駅で一夜を明かし、旅の英気を養った記憶。ふるさ...

  • 線路まわりの雑学宝箱 770円
    作家 杉崎行恭
    出版社 交通新聞社
    レーベル 交通新聞社新書
    販売開始日 2016/09/23

    この道の先はどこに行くのか、この轍の先には何があるのか......。誰にでも「その先」が気になって、プチ冒険した子供時代があったのではなかろうか。その渇望を持ち続けたまま大人となり、日本中世界中...

キャンブックス関連作品

「産業・地域・観光・交通」カテゴリ