読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

日本列島SOS 太陽黒点消滅が招く異常気象(小学館新書)

日本列島SOS 太陽黒点消滅が招く異常気象(小学館新書)
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 814円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 192
販売開始日 2015/06/19
紙書籍版 取り扱い中

氷河期再来? あなたの知らない地球の現実。

地球はまったく温暖化などしていない!? この驚くべき説が宇宙物理学者の間で支持されているといいます。じつはこの10年、地球の平均気温はほとんど上昇しておらず、オゾンホールも消滅し、CO2(二酸化炭素)による温暖化の根拠が崩れているのです。NASAの主任研究員を経て、神奈川大学の学長も務めた宇宙物理学の権威が、長年にわたる研究の末、太陽の黒点活動が弱まり、地球が寒冷化していると主張。17世紀に夏のロンドンで川が凍ったなど異常現象が記録に残されており、江戸時代には浅間山が大噴火して飢饉も起こりました。このままでは再度同様の厳しい環境となり、小氷河期に突入するというのです。最近、日本も冬は豪雪に見舞われ、次々と日本列島を襲う夏の台風やゲリラ豪雨、度重なる地震活動と火山噴火で、日常に不安を感じる人が多いことでしょう。これから生きていくために知っておきたい、太陽と地球の現実を解説します。

桜井邦朋関連作品

小学館新書関連作品

「環境・地球科学」カテゴリ